ブログの人気記事の傾向が明白に!100記事突破して分かってきたこと

ブログ
KAO
KAO

『雑記ブログ』として開設し、ようやく半年が経過しました。

トータル記事数は、一つの関門である100記事を達成しましたが、記事によってアクセス数にかなりの差が出ています。

その違いを分析すると、人気記事の傾向というのが分かってきました。

「ヒットしてほしい」と願う記事に限ってそうでもなく、逆に「この記事が…?」と思っていたものに限ってアクセスが多かったりするのです。

読まれる記事になりたい」とお悩みの方、そして多くのアクセスを狙いたい方向けに、おすすめの記事内容をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

100記事突破して分かった!ブログの人気記事とは?

はじめに

冒頭でも触れましたが、私は「雑記ブログ」として運営しているため、様々なジャンルの記事を扱っています。

アクセス数は「記事によって、こんなにも差が出るものなのか…」と驚くほどです。


(本当は細かく書きたいのですが…)大きく分けて、以下のようなジャンルを執筆しています。

  • 体験談系(アパート騒音、抜歯‥
  • Amazon商品レビュー
  • ライフ系(化粧品、健康系…
  • ブロガー向け記事 
  • 沖縄に関すること など

他にもありますが、上記の内容が記事数が特に多いジャンルになります。

どれも文章を真剣に考えて記事にし、愛情を均等に注いできたつもりです…。

ところが…!!!

やはり、どうしてもアクセス数に大きな差が出てしまうのです

アクセスが多い記事ってどんな内容?

アクセスが多い記事(人気の記事)は?』…と言いますと、

 体験談

になります。

KAO
KAO

やっぱりかぁ…。
オリジナルは強い!

数々の自身の体験談の中でも、以下のような記事を書いています。

・アパート騒音
・住まい探し
・一人暮らし
・抜歯体験
・台風体験
・公務員試験

現時点では、6ジャンルの体験談を記事にしていますが、一番人気なのは、

(親知らず)抜歯ネタ 

になります。

KAO
KAO

少し特殊な経験だったので、他にはあまりない「貴重な体験談」になったようです。

アクセスが少ない(不人気?)記事

以下のジャンルに関しては、悲しくなるPV数です。

  • 節約・貯蓄系記事
  • 副業おすすめ系記事
  • 美容系記事(化粧品レビュー)
  • ブロガー向け記事

久しぶりに1件でもアクセスがあれば、大喜びしているほどの少なさです。

KAO
KAO

削除しようかなぁ…。

…というか不人気?というより、こういった理由なのでしょう。

  • 競合記事があまりに多い(上位になれない)
  • そもそも需要がない
スポンサーリンク

雑記ブログだからこそ分かったこと

自身の「体験談」は最強すぎる

商品レビューやノウハウ系は、ブログ(文章)ではなく「Youtubeなど動画での解説」が分かりやすかったりします。

KAO
KAO

自分はブログ派ですが。

ジャンルによっては、ユーザーがYoutubeに流れている…!?

しかし!!!

体験談となると話は別です。

動画でも体験談を語るのは可能です。

しかし『お悩み共感・解決』といったリアルな体験談に関しては、ブラウザの方に流れてきているような気がします。

KAO
KAO

あくまで自分の推測です。

・・・話が少しそれたので、戻します。


当たり前のことですが、自分と全く同じ経緯をたどった体験談を語れる人って、世の中に存在しないはずです

KAO
KAO

いたら、恐ろしいですね~。
双子ならあり得るかもですが。

よって、同じキーワードでも競合が少ない可能性があり、検索順位が上位に表示されやすいのでしょう。

独自の体験談は
最強

競合が多い内容はやはり厳しい?

競合が多い内容の記事は、今の自分では検索上位を狙うのはほど遠いなぁ~と感じます。

KAO
KAO

まだまだ初心者だと痛感。

そういった記事は、ユーザーの需要もそれなりに多いはずですが…。

やはり、上位に表示されないと意味がありません

時間が経ってもアクセスがほとんどない記事は、「人気がない」というより『競合が多い』という方が適切でしょう。

こういった背景があるのだと分かっていながらも、なぜか不人気の記事と決めつけてしまいますよね~。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

雑記ブログを運営していて分かった人気の記事ジャンルは、オリジナリティ満載の体験談です。

その体験談の中でも、さらに競合が少ない貴重な体験であれば、なお安定したアクセス数を確保できるのです

そのためにも、日々失敗を恐れずいろんなことにチャレンジし『体験談』として、1つでも多く記事にできると、自分のブログを成長させる大きなチャンスになるのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました