プログラミング初心者に向き不向きはあるのか?学習して思う適性とは

プログラミング

私は30歳を目の前にして「プログラミング学習」を始めました。

KAO
KAO

当然、プログラミング初心者!

年齢的に遅いんじゃない?

このように思われるかもしれませんが・・・。


いえいえ!!!
自分はまだまだ大丈夫じゃないかと思っています

就職するしないは別と考えれば、学習するのに年齢なんて関係ありません。

そして私はまず独学から始め、その後は「3カ月間プログラミングスクール」に通いました。

学習を通して気づいた、プログラミングの向き不向きと適性について、記述していきたいと思います。

スポンサーリンク

プログラミングに向いてる人

明確な目標がある人

プログラミングを一番挫折しやすい原因。

それは、

なんとなくプログラミングを始めた人

です。

たまに、ふらっとプログラミングを始めてもセンスがあり、気づいたらバリバリやれている!…って人もいるでしょう。

しかし、稀です。独学ならなおさらです


ですがその一方で、目標があるとどうでしょう?

「就職」や「実際に作品を作る」など大きなことでなく、小さな目標でもOKです。

プログラミングの学習って終わりがないので、目標がないと自分が何がしたいのか分からなくなり、そのまま挫折しやすいのです

何から始めたらいいか分からないときは、プログラミングの言語から選択してもいいかもしれません。

1つの言語に腕を磨く

探求心がある人

正直、探求心がないとプログラミングの継続は厳しいと思います。

理由は2つあります。

  1. IT分野は成長が早いから
  2. 受け身では進まないから

一度学習したら終わりではなく、その知識を保持しつつ新しいことに目を向けなければ、数年後気づいたときには”時代遅れ”となっていることが多々あります。


「なぜ?」「どうしてこうなるの?」など疑問を持ち、新たに学ぼうとする意志があればプログラミング学習はドンドン進んでいきます。

したがって自ら疑問や問題点をピックアップし、常に探求心がある場合、プログラミングを続けられる可能性が非常に高いのです。

スポンサーリンク

プログラミングに不向きな人

パソコンが極端に苦手

  • パソコンを日常的にほとんど触らない
  • タイピングに全く自信がない

このように、極端にパソコンが苦手な人はいきなりプログラミングは厳しいといえます

「どうしても頑張ってみたい!」と思うのならば、基礎の基礎でいいので、パソコンの大まかな知識から簡単に勉強しましょう。

そして、文章をある程度の速さでタイピングできるようになってから、学習を試みるとよいですね。


プログラミングは、パソコンに関して何もかも知らなくても大丈夫!

学習しながら覚えていくことの方が多いのです(実践重視)。

したがって最低限、「パソコンに対する苦手意識」はある程度除いておく必要はあります。

普段から人に頼ってばかりの人

突然ですが、パソコンで作業していて分からないことがあったらどうしますか?

・最初から家族や友人に解決してもらう!?
・自分でとことん調べて解決を図る!?

自分は、どっちに当てはまるでしょうか…?

ちなみに前者の方が多い場合は、プログラミングを始めても相当苦労します


もちろん、たまには周りの意見を聞くのも学習の一つです。

しかし、1つ1つの問題にぶち当たるたびに人に頼り、ラクして解決しようとするのなら、プログラミング学習でも間違いなく同じように繰り返します。

それでは正直、プログラミング学習はほぼ身に付きません

その時はうまくしのげても、その後の苦労を考えると長くは続かないのです

したがって「人に頼ろう」という癖が普段からある人は、自身で努力をしない限りは、プログラミング学習には向かないと言えます。

スポンサーリンク

プログラミングに向いている可能性がある人

強い興味がある

プログラミングの適性がそこまでなかったとしても、人一倍の興味があるならば、熱をいれて学習できるでしょう。

興味がないものを無理やり続けていても、好んで長く続けられる人ってそうそういないはず…。

よって、興味があればあるほど視野を広く持って学習できるので、それだけプログラミングの面白さに向き合える可能性が高いと言えます。

やる気に満ち溢れている

何事も「やる気のもと」となるのは、人それぞれのはずです。

プログラミングに限って言えば、学習の最終到達点が「就職転職」だと自然とやる気が出ますし、最近ではお小遣い稼ぎにと、副業でプログラミングを始める方も多いでしょう。

その各々のやる気があればあるほど気合で突っ走れますし、勢いがあるとドンドン頭に吸収されるものです。

実際プログラミングはほぼ実践なので、パソコンを使って手を動かすことで体で覚えることがほとんどです。

「向いていないかも…」と落ち込んでいる方でも「やる気」という力を借りて、勢いでプログラミング学習を進めてみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

あまり細かく分けず、要点に絞って「プログラミングの向き不向き」を取り上げてみました。

最終的には、自分の力を信じるのみです


確かに、プログラミングに適性というのは存在しますが、後半に記述した興味やる気次第では、いくらでも打破できます!!

プログラミングは、本格的に学習すれば「長距離戦」です。

自分自身のだいたいの向き不向きは理解したうえで、取り組む必要があります。

頑張ってください!

タイトルとURLをコピーしました