【体験談】厄年のお祓いに行ってきた!祈願の流れとその後の変化は

未分類

厄年の方は必見!!!

  • 厄払いってした方がいいの?
  • 具体的にどんなことするの?
  • お祓い後の変化が気になる

このような方に、ぜひ読んでほしい内容です。

厄払いはした方がいいの?」と思った時点で、お祓いをする方向で考えておいた方がよいでしょう!

理由は、災難が起きる起きないの問題ではなく、迷いがあるのに厄年が終わるまで過ごす方が不安が募り、負のスパイラルにはまる可能性があるからです


では早速、私の「厄払い体験談」をご紹介します。

スポンサーリンク

【体験談】厄年のお祓いに行こうと思ってからの行動

嫌なことが続き、ついに重い腰を上げる

私は2021年度、「本厄」に突入しました。

前厄(2020年)から「厄払いに行かなければっ!」とは思っていたのですが、なかなか腰が重く…。

半年以上も経て、ついに神社に行ってお祓いしてもらおうと決意しました!


そう思い立ったのには、いくつかの気になる出来事があったのです。

  • 身内の不幸が例年より多い年だった
  • 自身の何とも言えない体の不調
  • 悪夢にうなされることが増えた

たまたまかもしれません。

しかし、例年とは違う嫌な出来事や体の不調があり、「厄年」という言葉が頭によぎったからです。

ネットで近所の神社情報を調べる

「初詣でいつもお世話になっている、近所の神社で!」と思い、ホームページを見ると、、

あれっ!
厄払いは受け付けていない…!?

ブラウザ検索で見つけた、「自分が住んでいる県の”厄払いができる神社リスト”」みたいなのにも載っておらず(泣)

でも、どうしてもいつもの神社にお願いしたく、ダメもとで問い合わせてみました。

すると、

厄払い可能です。予約なしで大丈夫です」

とのこと!

KAO
KAO

念のため問い合わせてみてよかった~~!!!

できれば、自分が「ここだ!」と思った神社でお祓いするのがいいですからね♪

・まず行く神社を決める
・ホームページに記載がなくても、問い合わせたら厄払いを受け付けていることもあるので、事前に確認してから訪れましょう!

神社に行くまでに準備したもの

神社によると思いますが、私の場合、

初穂料:3,000円

を持参し、神社に出向きました。

KAO
KAO

5,000円か迷いましたが…。”お気持ち”ということで、3,000円にしました。

スポンサーリンク

神社での厄払いの流れ

受付を済ませる

まず到着したら、「祈願受付」みたいな場所を見つけて、目的を伝えました。

厄払いをお願いしたいのですが…」

すると”生年月日”を聞かれ、厄年に該当するかをチェックしていました。


そして間違いなく「本厄」ということで、渡された紙にいくつか記入しました。

  • 生年月日
  • 住所 
  • 氏名
  • 初穂料の金額

このような項目だったと思います。

住所は省略したりせず、極力正確に書くこと。
そうすることで、神様に「住居(居場所)」を認識してもらうのだそう。

祈願中の様子

私が訪れた神社では、他の祈願(厄払い以外)と一緒に何組か集まり、御昇殿参拝しました。

私以外はほとんど初宮参りで、何人かの赤ちゃんに囲まれながらの祈願でした。

私1人だけ厄払い…(笑)

時間にして20分ほどでした(祈願する組数にもよると思います)。


とにかく特別なことをせず、静かに座っておけばOKです。

おそらく、順番で自分の名前住所が読まれますが、そのまま聞いておきましょう。

そして無事祈願が終わり、最後に「厄除けのお守り」をいただけました。

KAO
KAO

厄払いのあと「厄除けお守り買わなきゃ」と思っていましたが。
良く考えてみれば、”初穂料”に含まれているのですね!

スポンサーリンク

お祓い後の変化とは?

厄払いを済ませて、約1か月ー。


「お祓い後に何か変わったこと」と言われたら、

”特に変わらない”

というのが正直なところ。


ただ思ったのが、何も変化がない平凡な生活が一番だということ

急に大病を患ったり事故や災難に遭うことなく、普段通りの生活が送れているだけで厄除けの効果を発揮しているのだと感じています

「厄払いした方がいいのかな!?」…の不安も解消されたし、神様に見守られているかと思うと、日々の生活がそれなりに安心して過ごせています。

そのような気持ちに変われたこともあって、「厄払いに行ってよかった!」と思っています。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

ずっと行けなかった厄払いを終えて安心感とともに、「自身の努力でも体に気を付けよう」と思うようになりました。

「日ごろからの気の持ちよう」とも関係すると思うので、あまり厄年に恐れず、日々の生活を楽しんでいこうと思います。

厄年なのにまだ済ませていない方は、ぜひ、神社に出向いてお祓いを受けてみてください!

タイトルとURLをコピーしました