【部屋干しにおすすめの物干し竿】賃貸でもOK!壁や床を一切傷つけない

洗濯物

洗濯物を部屋干しするなら、室内干し用のグッズを揃えなければなりません。

そこで、気になる点がいくつかあります。

  • 賃貸でも手軽に干せるか
  • 壁などが傷つかないか
  • 生活の邪魔にならないか

などなど。

特に賃貸住まいの方は、室内で本格的に物干しを設置してしまえば、退去時の請求や持ち運びに困ってしまいます。


そこで今回、賃貸住まいでも安心

ちょっとしたスペースがあれば、”どんな賃貸でもOKなおすすめ物干し竿”を紹介します。

スポンサーリンク

【賃貸OK】部屋干しにおすすめの物干し竿

【ここが凄い】3連物干しのメリット

コンパクトに折りたためて場所を取らない

室内に物干し竿を設置する際、「生活の邪魔になってほしくない」と思いませんか??

特にお部屋が狭い場合は、洗濯物を干すスペースをあまり確保できません。


…となれば、折りたためたりとコンパクトにしまえたら、使い勝手がよくなります。

おすすめの物干し竿は”3連タイプ”になっているため、使わない時は折り畳んで部屋の隅に片付けられます↓。

洗濯物を干している間も間隔を(好きな角度で)調整できるので、「オンでもオフでもコンパクト」というわけです。

軽量タイプでもあるので、女性でもラクラク持ち運びが可能です♪

壁や床を傷つける心配なし

室内ならではの気になりどころである「壁や床などへの影響」。


しかし、そんな心配は無用!!!

開けば自立してくれるので、あとは洗濯物を干すだけ!

どこも傷つけることなく、部屋干しが完了するのです。

KAO
KAO

見た目頼りなさそうに見えるけど、ちゃんと自立します。

衣類乾燥機がまんべんなくあたる

衣類乾燥機等を使用して乾かす場合、まんべんに風が当たるのも3連物干しのいいところ!

横に開くタイプなので、首振り機能のある衣類乾燥機であれば効率よく乾かすことができるのです。

下の方には、タオル類を数枚掛けられる仕様になっているので、かさばりません。

【デメリット】こんな人には向かない?

そんな便利な3連物干しですが、デメリットもあります。

”大量の洗濯物干し”
には
向かない

写真で見て分かる通り、1回で干す量が限られます。

  • 1人暮らしの1~2日分の洗濯物
  • 2人分の1日の洗濯物

効率よく乾かすには、このくらいの量が限度といえます。

したがって、3~4人以上の洗濯物干しには向かないので、分けて洗濯するなどの工夫が必要です。


ちなみに私は、”通常のバスタオル”を干すと1枚でも場所をとるので、速乾性のコンパクトなバスタオルにシフトさせました。

吸水力抜群の速乾性バスタオルを見る

乾きが早いうえにコンパクトなので、この「3連物干し」でも問題なく干せてとてもおすすめです!

スポンサーリンク

この記事のまとめ

「大量の洗濯物干しはできない」というデメリットはありますが、こまめに洗濯するのであれば、十分可能です。


衣類だけでなくその他、

  • タオルケット
  • シーツ
  • 敷パッド

などの軽量の寝具類でしたら、3連物干し竿で干すことができます。

コンパクトで、なんといっても「賃貸でもストレスなく室内干し」が実現できるので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました