【洗濯物を早く乾かす方法】室内で最短2時間?本当は教えたくない最強法

洗濯物

洗濯物は、室内だと乾きにくいイメージがありますが、ちょっと知識があれば早く乾かすことができます。

そして外干しよりも、メリットが多いのです

「洗濯物を早く乾かす方法」に加えコツもありますので、順にご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

【絶対条件】洗濯物を室内で早く乾かす方法

室内で早く乾かすポイントとして、以下の3点が絶対条件になります。

  • 浴室で干すこと
  • 浴室の換気扇をONにする
  • 衣類乾燥除湿機を使用する

最低限これらを守れば、室内干しでも驚くほど早く乾くのです。

KAO
KAO

工夫すれば、外干しより早いかも…!?

外干しするより電気代がかかりますが、

  • 時間優先
  • 効率重視

という方には、断然「浴室干し」をおすすめします。

順序①:浴室の換気扇をONにする

まずは、

浴室の換気扇をONにする

これが基本です。

・換気扇は、浴室内の湿気(水分)を外に出す効果がある

洗濯物が乾く過程で水分が蒸発する際、換気扇の力だけでも浴室から外に湿気を逃がすことができるのです。

よって、乾くまでの時間短縮の手助けになります。

現在は、ほとんどの家庭で”24時間換気システム”が備わっているかと思うので、そのまま稼働させておけば準備OKです!

順序②:衣類乾燥除湿機を使用する

そして2つ目のポイントは、

衣類乾燥除湿機を使用する

これも必須事項です。


機械が出す風が洗濯物にあたり、中に含まれる水分がどんどん蒸発し、結果早く乾くのです。

もちろん除湿機能も備わっているので、換気扇と併用すれば最強というわけです。

換気扇の機能にはない「」がポイント!

どのメーカーの衣類乾燥除湿機でもOK。


実際に私は以下の除湿機を使用し、平均約2時間で全ての洗濯物が乾きます。

KAO
KAO

他の衣類乾燥除湿機と比べてもコスパいい!

「短時間で乾く」ということは、嫌な臭いも残らないので結果いいことだらけなのです。

スポンサーリンク

【おまけ】さらに早く乾かすためのコツ

さらに洗濯物を早く乾かすには、他にもちょっとしたコツがあるのです。

それらを実践すれば、約2時間で全て仕上げることが可能です。


では、その「ポイント」を見ていきましょう!

干す間隔をできるだけあける

浴室に干すと、確保できるスペースが限られます。

そういった場合は強力な突っ張り棒を2個ほど活用し、洗濯物を干す間隔を極力あけると早く乾きやすくなります。

まんべんなく風がいきわたるように干し方を工夫すると、洗濯物の水分が蒸発しやすくなるので時短に繋がります。

浴室の湿気は事前に取り除く

入浴後にすぐ干すのは、全く意味がありません。

というか、湿気むんむんの状態で干しては臭いの原因にもなるし、早く乾くはずのものが逆に時間を要することになります。


…となれば「浴室内の湿気が少ないほど早く乾く」ということ!

よって、事前に浴室内の湿気はある程度取り除いておく必要があります

そうすれば実際に干す際、逃がす水分は洗濯物の水分だけでよくなるので、それだけ早く乾きやすいのです。

速乾性の洗濯物(素材)を利用する

そして忘れてはいけない「洗濯物の素材」の問題。

我が家は1日2人分の洗濯物で、約2時間あれば乾いています。

それには、ちょっとした秘密があるのです。

綿」の洗濯物を減らす

衣類やタオル類など、出来る限り「綿」の割合を減らしています

そうすることで、洗濯物全体の乾く時間の短縮に大きく違いが出てきます。

≫ 超おすすめ!速乾性バスタオル

乾いたものからドンドン取り込む

洗濯物を浴室に干してから数時間の間、在宅の場合有効な方法ですが。

薄い素材などの乾きやすい衣類は、1時間もあれば乾いてしまうものもあります。

よって可能な限りこまめに洗濯物の様子を見に行き、「乾いた洗濯物はすぐ取り込む」という癖をつけると◎です!

そのときに、残りの洗濯物同士の間隔をあけてきれいに並べなおすと、さらに早く乾きます。

スポンサーリンク

こんな場合は乾く時間が伸びるので注意

1回の洗濯物の量が多すぎる

そして洗濯物の量が多すぎるのも、乾くまでの時間を伸ばしてしまう原因になります。

どうしても1回の洗濯物が多い場合、時間が許す限り分けて洗濯をした方が、乾かし終えるまでの時間を考えると、結果効率がよかったりします。

とにかく、「1回の洗濯量を増やしすぎないこと」がポイントです。

厚手のものが増える冬の洗濯

冬の洗濯は、どうしても衣類が厚手のものになってしまいます。

そのため、空気が乾燥していても乾きにくい傾向にあります。


したがって、

  • あまり汚れていない洋服は頻繁に洗濯しない
  • 冬服でも比較的乾きやすい素材の洋服を増やす
  • 風がいきわたりやすいよう干し方を工夫する

といったことを心がければ、洗濯物を早く乾かすことは十分可能になります。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

このように室内でも、洗濯物を早く乾かすことができます。

そのためには準備などの手間が必要ですが、慣れたら洗濯物を早く乾かせる快感の方が勝るはずです。

”早く乾かすこと”はとにかくいいことばかりなので、ぜひ、今回紹介した方法で試してみてください!

タイトルとURLをコピーしました