結婚式の費用を値切るコツ!ぜひ試して欲しい交渉術【実話含め解説】

結婚式

結婚式の費用は、値切らなければ損します!

今回、「楽して節約できる値切り交渉」について記事にしてみました。


私は、特に節約のプロとか値切りの達人とかそういった者ではありません。

しかし社会人になって値切るという行動を、日常で意識するようになりました。

特に若い女性だと「値切りは恥ずかしい…」と考えがちですが、そんな考えは一切捨てましょう!

…ということで今回、値切るのが初めての方や女性向けに「やんわりめの交渉術」を紹介していきたいと思うので、ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

結婚式の費用を値切るコツ

はじめに:これだけは理解して

結婚式の費用って値切れるの?

って思う方、多いと思います。

結論から申しますと…

確実に値切れます

どの結婚式場でも値切れる可能性はほぼ100%ですし、値切らないとします。

だからといって、”めでたいお祝いの場”なので、よくある家電購入時の値切りみたくあまりしつこくはしない方がいいかと思います。

しかし、何も交渉しないのとでは確実に大きな差が出るのです

提案された割引のみで契約してはNG

まず、式場見学に行ったらいきなり契約するのではなく、見積もりをとってもらうのが一般的かと思います。

とにかく、式場側は契約してもらうために一生懸命なのです
とても丁寧な口調で説明しつつ、お得感をアピールしながら契約に向けてうまく誘導します。

よって、こちらから交渉するに「只今キャンペーン中です」やら「今契約するとお値引きできます」など、契約してもらえるよう説明します。

それはそれで、割引が適用されるのでいいのですが…。

ここで、半分以上の人は「そんなお得なら契約しよう!」なぁ~んて、自分たちの値切り交渉なしに契約を考えてしまいます。

KAO
KAO

正直もったいないです。というか、相手の思うつぼです

よって、値引きを式場側から提案されても、そこで契約するのはいったん待ちましょう。

自分はしっかり者だと思わせる

式場側は、ふわっとした人値切りをしなさそうな人だと判断すると、うまく言いくるめてきます

相手は営業のプロです!!!
本当は、見積書通りの金額で契約してもらいたいはず。

実際結婚式の打ち合わせを進めていくとわかるのですが、あとから見積書に記載がない費用も、ちょこちょこ出てくるのです。
そのため、結局+αで何かとお金がかかってきます

…となると、ますます式場側の思い通りになってしまうのです。


一方でしっかりと見積書に目を通し、質問しまくったり、値下げしないと契約しないぞオーラを出してくる人だとどうでしょう??

式場側は慎重になり、「ごまかせない相手かも…」と思うようになります。

まずは、そういった印象をもたれることが前提です。

スポンサーリンク

他の周辺の式場の話を持ち掛ける

結婚式場って、他のライバル式場の話をすると嫌がります。

それを、ふんわり利用しましょう!

あえて話を持ち掛けます

そもそも、なぜ嫌がるのか?

答えは単純で「他の式場に契約されたくないから」です。

当たり前のことですが、自分たちの式場に契約してもらいたいのです


例えばですが、

  • ○○式場と迷っている
  • ○○式場の方は値引きをしている

など言われると、普通は焦りますよね?

それなら少し値下げ交渉をされてでも、自分達の式場に契約してもらった方が…と考えます。

よって、他の式場と比較した後で交渉すると、値切りの成功率が高くなります

何か一つの項目に絞って交渉してみる

あれもこれも交渉‥ってなると、うまくいかないことが多いです。

そこで、ポイントです!

一つの項目に目を付けて交渉してみる

実際私が交渉したのは、ウエディングケーキでした。

値切るというより思い切って、サービス(無料)にしてもらうよう交渉


見積書で、一番シンプルなウエディングケーキで40,000円だったので、思いっきりました。

KAO
KAO

ストレートに、「サービス可能ですか?していただけたら契約の方向で考える」と。

そして、さらにもう一押ししました!

「ウエディングケーキは、シンプルなデザインでかまいません」

少し悩んでいる様子でしたが、それでも粘った結果…なんと、OKいただけました!

「恥ずかしい」「図々しい」という気持ちを捨て、勇気を出して言ってみるもんです!

KAO
KAO

だって、たった数分の交渉で「4万円」が浮いたのですから♪

やはり、式場側も多少無理してでも契約してほしいものなのだと、実感した瞬間でした。

それを、うまく利用したもの勝ちですね♪

とにかく本命の式場をほめまくる

他の式場のいいところを言いつつ、本命の式場をほめまくります

なんでもいいです!

例えば、

  • ココは料理が美味しいから魅力的で、招待客も喜ぶかも など

実際、私が料理をほめ過ぎたせいか、気づけば会話の途中で料理代を全て10%オフしてもらえました♪

KAO
KAO

料理をほめたからではなく、たまたまかもしれませんが…

担当者によると思うので、”絶対効果的”とは言えませんが、余裕があるならば試してみる価値はありますね!

スポンサーリンク

この記事のまとめ

いかがでしたか?

値切るコツは、なんとなくつかめたでしょうか?

うまくできれば限度はあるでしょうが、必ずなにかしらの割引を適用してもらえます

緊張したり恥ずかしい気持ちはあるかと思いますが…。
私のように「意外と値切り交渉してる人いるんだ」と思えば、頑張ってみようと思えるはず!

結婚式は、想像以上に多くの出費があります。

しっかりと自分ができる交渉は実行し、経済面で納得のいく結婚式にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました