Googleアドセンスの審査に落ちた話!これまでの経緯と行った対策

ブログ

Googleアドセンスの審査、一昔前と違いかなり厳しくなっているようです。

特に最近は「新型コロナ」の影響で、通常の審査ができていない状況のようですが、詳細は公表していないようです。

そして私は、6月下旬から数回申請をしていますが、審査に落ち続けている状況になります

コロナの影響とはいえ、同じ時期に合格をもらっている人もたくさんいるようで「何がダメなのぉ~?」と、叫びたくなる日々…。


そこで今回、もう一度自分のブログを見直し、改善した部分なんとなく感じたことを列記していきます。

ぜひ、参考にされてください!

スポンサーリンク

Googleアドセンスの審査に落ちた話

はじめに:私のこれまでの経緯の詳細

人によって経緯が違うと思うので、比較や参考になるよう私の状況を述べておきます。

20204月に「雑記ブログ」として開設
・6月下旬に初のGoogleアドセンス申請 ⇒ 不合格
・3日~2週間ほど空けてさらに6回申請 ⇒ 不合格

(8月に入って少し諦めモード…)

KAO
KAO

心が病みました(泣)

必死になってアドセンス合格者のブログを何十と拝見したり、自分なりに改善点を見出してきたつもりですが…。

7回不合格
という状態

KAO
KAO

何か基本的なことができていないのか…
もしかして、Googleに嫌われている!?

考えられることは、全て試しました。

  • 間隔をできるだけ空けずに新規記事を更新
  • 1記事最低でも1,000文字以上
  • 画像は自前の写真orフリー素材のみ
  • NGワードは使用しないよう慎重に記事作成
  • パンくずリストをつけてみる
  • ポイントサイト等の誘導記事は削除
  • アフィリエイトリンクは控えめに

これらの項目は、どのサイトを見ても気をつけるべき点だと取り上げられている内容です。

しかし、徹底的に改善しても不合格でした

「本当に、なんなの一体~!?」って感じです。

KAO
KAO

「雑記ブログ」自体がダメなのかしら…?

スポンサーリンク

Googleアドセンスに落ちて:さらに改善してみたこと

プロフィールの文章変更をしてみる

執念で、もう一度気を取り直して考えました!!

そして思えば、プロフィールの文章が抽象的だったので、具体的な紹介文になるように変更してみました


最初は、

「雑記ブログです。よろしくお願いします。」

のように簡素な文章(30文字程度)だったので、経歴主な記事更新分野などを付け加えてみました。

そして現在は改善し、プロフィール文章が120文字前後になっています。

文字数を平均2,000文字前後にしてみる

よく、ブログの文字数って話題になりますよね!?

「1,000文字あればOK」という意見が多かったですが、成功しているブロガーや検索上位の記事は2,000文字以上の記事を書いている気がします。

そのため私も、全記事の文字数を最低1,500文字以上にしてみることにしました。


また、文中に「いろんな~」とか「様々な~」といったあいまいな表現が多く、抽象的な内容が多かったことも反省し改善しました。

したがって、列記したい内容は分かりやすく箇条書きにしたりと、具体的に述べるように変更してみました。

スポンサーリンク

Googleアドセンスに落ちて:感じたこと

人ではなく機械で振り分けてる?

Googleアドセンスの審査に申請して数日後には、公開しているすべての記事のPVが+1になります。

*「Googleクローラー」というロボット?が、サイト(ブログ)を巡回しにきています

そしてその翌日には、必ず不合格の通知がメールでくるので、やはり私のブログが何かの基準を満たしていない気がするのです

その基準を満たしてはじめて、ようやく人の目で審査をするのでしょう

KAO
KAO

にしても、その基準が分からないので、あたふた状態…

SNS未連携が原因か!?

思えば私、TwitterなどのSNS連携をしていなかったことに気づきました。

Googleの広告からしたら、人の出入りが活発でないブログより、盛んなブログに広告を貼っておきたいですもんね!!

したがって、次アドセンスに申請する際は、バッチリSNS連携してから望みたいと思います。

「これでも不合格だったら・・・」と思うと、もうどん底ですけどね~。

スポンサーリンク

アドセンスに申請するまでの反省点

審査の申請時期は早めが良いのか?

アドセンスの審査に落ち続けて思ったのが、「申請時期が遅すぎたのではないか」ということです。

4月中旬にブログを開設し、初のGoogleアドセンス申請が6月下旬

私はその間に、記事を30記事程度は更新していました。


Twitterで拝見すると、

・「ブログ開設2週間でアドセンス合格」
・「まだ5記事だけど合格できました~」

といったまだブログ歴が浅い人が、すんなりと合格しているイメージ。

その事実から言えることは、記事数が多いと逆に落ち度を発見しやすいのではないかということ!


ということで、私なりの反省点。

  • ブログ開設して数週間以内
    あるいは、
  • 更新記事数4~5記事くらい

のタイミングで、ダメもとでもいので1度申請してみると良かったのかもしれません。

≫その後、Googleアドセンスに合格した話

Googleアドセンスにこだわり過ぎた

私は一時期、”Googleアドセンス合格”のためだけにこだわりすぎて記事更新を怠ったり、アフィリエイトを導入しなかったりと、今思えば「時間の無駄だった」と感じます。

だって、

代わりになる収益方法はいくつもあるのですから

その代表的なものは「nend」と呼ばれるASP。

≫ クリック課金型広告【nend】


「1クリックあたりの単価が、Googleアドセンスの約半分」と言われていますが、何もないよりは確実に収益になります。

Googleアドセンスでも、月に数千円~数万円稼ぐのは至難の業なのです

KAO
KAO

ブログ収益全体でみると、おまけ程度ですからね

たっぷり儲けたいのならアフィリエイトに力を入れるべきですし、そういう思考にシフトしたら私は少し気が楽になりました。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

私は8月に入ってから「Googleアドセンス合格」に執着するのは、しばらくやめることにしました。

ですが完全に諦めたわけではありません

それよりも、審査不要の「アフィリエイト」に力を入れたり、質の高い記事更新に全力を尽くした方が、今後のためだと感じたからです。


考え方は人それぞれですが、少しでも今回の記事で役に立てたのなら嬉しいです。

思い当たる内容があったのなら、ぜひ参考にされて下さい!


*追伸:その後見事Googleアドセンスに合格できたので、以下の記事もご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました