【我が家の実例】赤ちゃんのリビングでの居場所!寝返りはじめてもOK

育児

赤ちゃんのリビングでの居場所って、悩みますよね~!

  • そもそもベビーベッドがない!
  • 布団を2つ買わないといけない?
  • バウンサーは首が据わってからだし…
  • 寝室から布団を持ち運びするの?

1人目の子育てだと、このように、リビングでの赤ちゃんの過ごし方に悩んだりすると思います。


成長は想像以上に早いので…!

少しでも長く、同じレイアウトで赤ちゃんの居場所を確保できたら、ママも楽できます。


なんてったって、

育児しながらの模様替えは、大変です。


そこで、新生児から寝返り以降もOKのリビングレイアウトを、我が家の実例で紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃん用のリビングにする必要がある理由

今までどおりでは赤ちゃんには向かない

実際に子育てが始まると、想定外のことがたくさん起きます。

  • 母乳やミルクをよく吐く
  • あっという間に寝返りがはじまる
  • ママの視界に入る位置でないと危ない
  • 直接冷暖房の風にあたってはダメ

…となれば、お部屋のレイアウトは、ある程度固定しておきたいもの!

特に、ママの視界に入る位置の決定は、とても大事です。

一般的なマットは現実的でない

赤ちゃんは、母乳やミルクをよく吐きます。

生後半年ほどたってもたまにあることですし、よだれも垂らしはじめます。

KAO
KAO

そのため、寝具やマットを頻繁に交換してると大変です!

ですので、一般的な

  • フロアマット
  • ラグマット

などは、おすすめできません。

よく目にする、「ジョイントマット」も実はあまりよくありません。

理由は、

  • 端っこの部分をはぐ、遊ぶ
  • つなぎ目からゴミなどが下に溜まる
  • 防音対策にならない

といったことからです。

そのため、床に敷くものはよく吟味し、赤ちゃんに適したものを用意すると良いのです。

成長があっという間だから

産まれた赤ちゃんの居場所だけを頭に入れていると、あっという間にリビングを改造しなければならなくなります。

KAO
KAO

早くて生後3~4か月には寝返りが始まり、動き始めます。

そうなると、子育てや家事そして睡眠不足で大変な時に、レイアウトを考えなければいけません。

そのため、できればハイハイくらいまでを想定したリビングを作ってあげると、のちに慌てなくて済みます。

スポンサーリンク

【実例】赤ちゃんのリビングでの居場所

リビング全体の様子

では早速、我が家の実例を紹介します。


ベビー用のリビングです。

このように、ひとつ広くて分厚いマットをドーンと引いて、そのエリア内で遊ばせています

KAO
KAO

リビング全体が、赤ちゃんの居場所です。

*写真内のベビー用品類は、楽天ルームに載せています♡

マットについて少し紹介すると、

  • 厚さ4cm
  • シームレス(つなぎ目なし)
  • 折り畳み可
  • 防水

と、「赤ちゃんのためのマット仕様」になります。

寝返りができるようになり、ハイハイを始めても全然使えますね!


このプレイマットは、専用のベビーゲートもあるみたいです

ハイハイ、もしくは歩き始めてから設置すると、より安全に利用できそうです(^^)

そして、赤ちゃんのお世話がしやすいように、近くにオムツストッカーなどを置いておくと便利です。

ちなみに中身は、

  • オムツ
  • おしりふきシート
  • 赤ちゃん用手口拭き
  • 小さいオモチャ

などを収納しています。


そして、我が家のベビーが、壁際(配線がたくさんある)に近寄るようになった頃…。

壁に近づかないように、ベビー関連の荷物を置くがてら、マットを囲むように配置していました。

KAO
KAO

出産するまでは、モノトーンなリビングだったのに…!このように、一気に子供用リビングに変身させました。

成長別の赤ちゃんの居場所

新生児~寝返り前

赤ちゃんが寝返りを始めるまでは、写真のように、簡易的な居場所を作ってあげればOK!

「赤ちゃんには、できるだけ硬い布団が良い」

このようによく言われますが、このプレイマットは硬めなので全く問題なしです。


そして我が家では、赤ちゃんの居場所に、このようなラック(?)を購入しました。

KAO
KAO

寝返りが始まるまで、リビングで大活躍でした。

真ん中から頭にかけて傾斜がついており、吐き戻し対策になっているのはとても助かりました

KAO
KAO

うちのベビー、ミルクを頻繁に吐いていましたからね…。


そして、このように畳んで持ち運びもできるので、移動や外出にも活躍しています。

寝返り以降

そして、寝返りが始まれば、そのままプレイマットの上で思う存分遊ばせています。

リビングをのびのび使えて、かつ、自分の空間だという意識があるのでしょうか!?


なんか、めちゃくちゃ楽しそう♪


厚みは4cmもあるので、

  • 防音
  • ケガ
  • ミルク、よだれ対策

と、いろんな面で心配いらないので、このマットにいるときは安心しきっています。

スポンサーリンク

おわりに

赤ちゃんとの暮らしにおいて、リビングでのレイアウトは非常に悩むもの…。

しかし、私は長い間今のリビングで不便なく、親子共々楽しく過ごせています。


ハイハイや、歩き始めても大丈夫なレイアウトだと思うので、しばらくこのまま過ごせそうです♪

ぜひ、赤ちゃんのリビングの居場所づくりに、参考にして下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました