ベランダ派?それともサンルーム派?賃貸なら選択すべきは〇〇でしょ!

体験談

最近、サンルーム付きの賃貸物件をよく目にします。

しかし物件を選ぶ際、無難にベランダのお部屋を選択するのか、サンルーム付きのお部屋にするのか、迷いポイントですよね?

どちらも”メリット・デメリット”がありますが、総合的に見て「賃貸なら絶対こっちでしょ!」と自信もって言えます。

なぜそうなのか??
この記事の最後には理由が納得できるはずです!

では、早速みていきましょう♪

スポンサーリンク

【ベランダorサンルーム】選択すべきはどっち?

どちらが良い

ベランダ VS サンルーム

結論から言うと、『 サンルーム 』の方を断然おすすめします。

しかし賃貸のサンルーム付き物件って、1階に設置してあることがほとんど。

よって「住むなら絶対2階以上!」という方は、自動的にベランダの物件になってしまいます。



一昔前までは、洗濯物を干す場所と言えば「ベランダ一択」でしたが、最近では賃貸に限らず、戸建てでも徐々に広まりつつあります。

KAO
KAO

”サンルームのメリット”が多いから、普及しているのでしょう。

ではなぜ、”サンルーム”がそこまで魅力なのでしょうか?

スポンサーリンク

なぜ○○の方がおすすめなのか?

”賃貸なら”がキーワード

賃貸だからこそ、サンルームを選択すべき理由

サンルーム付き物件”の心地よさを
大いに実感できるチャンスだから

賃貸に住んでいるということは、いずれはお引っ越しをするときがきます。

そして将来的に「分譲マンションや一軒家を購入」となった場合、サンルームを検討する可能性が低くなるのです

  • 分譲マンション:付いていない物件がほとんど(後付けも厳しい)
  • 戸建て:土地の広さや経済的な理由で断念してしまう

しかし、”賃貸”だと手軽に利用できてしまうのです。

しかも家賃さえ払えばOKなので、「サンルームを経験してみる」という意味で賃貸では積極的に選択するべきなのです。

総合してメリットが多いから

そして、やはり気になるのが”サンルームを使用するメリット”ですよね?

以下にまとめてみました。

 ベランダ  サンルーム 
乾きやすさ
風通し
手入れのしやすさ×
外気温・天候の影響
多機能性
花粉対策×
ハトや虫の被害×
ポイント

「風通し(洗濯物の乾き)」以外はサンルームの方が優れている

ということが、一目でわかるかと思います。

コストの面でも、サンルーム付きだから家賃が高くなるということもありません。



そして、”お部屋の延長線上に存在する”という利点!

手入れ(掃除)のしやすさは抜群」といえます。

・そのまま掃除機が使える
・鳥や虫などが入りにくいので、キレイを保てる

KAO
KAO

「リビングに置くにはちょっと…」というような物置にもなって、大変実用性が高いのです。

スポンサーリンク

使用法は”洗濯物を干す”だけではない

そして、サンルームの活用法は「洗濯物干し」だけではありません。

サンルームは、『多機能ルーム』になるのです。

  • ストレッチ・筋トレなどの”トレーニングルーム”
  • ひなたぼっこ
  • プラネタリウム
  • ちょっとした物置に

洗濯物を干していない時間は、サンルームが有効活用できます。

①エクササイズルーム

男性なら筋トレ、女性ならヨガやストレッチなど、”トレーニングルーム”にもなります。

サンルームは広すぎず狭すぎずの空間であるため、室内でのちょっとしたマット系運動にはベストといえます。

②ひなたぼっこ

晴れの日はいい感じに太陽の光が差し込み、特に春や秋は気候が良く、いるだけで心地よさを味わうことができます。

お昼寝したりと、ちょっとしたくつろぎ空間にもなるのです。

③プラネタリウム

部屋の中でも、特別感を味わえる”サンルーム”。

夜は、癒しグッズを使えばプラネタリウムに変身します。

KAO
KAO

私は”プロジェクターライト”を使用して、癒し空間にしています。

④ちょっとした物置に

サンルームって案外広く、平均して”2畳分”あるのだそう。

角のスペースに観葉植物を置いたり、掃除機を置いたりとちょっとした物置にも最適なのです。

スポンサーリンク

まとめ

賃貸物件で、徐々に増え続ける「サンルーム」。

総合的に見ても”メリット”ばかりなので、非常に使い勝手の良い空間なのです。

ついつい従来の”ベランダ”と比較してしまいますが、現代風の様式ですし大変おすすめです。

ぜひサンルーム付きの物件を検討し、自分だけの特別な空間を作り上げてみてください。

タイトルとURLをコピーしました