既卒の公務員試験の面接で聞かれたこと全て!ポイントは「前職について」

体験談

数年前に、既卒で縁も所縁もない役場(C日程)の面接を受けたことがあります。

結果は、残念ながら”不合格”でした。

元々面接が得意でもないのに、ぶっつけ本番で挑んだ自分がばかでした…。

いっちょ前に緊張はしたものの、面接で質問された内容をハッキリと覚えています。

その内容を体験談として紹介しますので、公務員試験受験予定の既卒の方は参考にされて下さい!

スポンサーリンク

既卒の公務員試験面接で聞かれたこと全て

自己PRをお願いします

まずは、定番の質問!

面接の練習はしていなかったとはいえ、さすがに「①志望動機②自己PR」はあらかじめ用意していました。

自己PRは想定内だったので、しっかりと発言したつもりでしたが…問題は、その次の質問で戸惑うことになるのです。

あなたの長所を教えてください

面接開始してすぐの質問が「自己PR」だったのですが…

なんと!その直後に聞かれた内容が、

あなたの長所を教えてください

だったのです。

KAO
KAO

さすがに動揺してうまく答えられませんでした。

・なぜなら、さっきの自己PRに長所を思いっきり盛り込んだから

そのため「長所を教えてください」と言われ、モヤモヤした気持ちでいました。

動揺しながらもその場で思いついたことを話し、途中で「先ほど(自己PR)の内容とかぶりますが」と言いつつ、なんとか自身の長所を伝えました。

前職から公務員になろうと思ったきっかけ

KAO
KAO

ちなみに、私の前職は”病院勤務”でした。

『なぜ、医療職から公務員に興味を持ったのか』を聞かれました。

既卒の場合「(前職から)なぜ公務員になろうと思ったのか?」という質問は、必ずといっていいほど聞かれる内容です。

前職と公務員の仕事の共通点

先ほどの質問に引き続き、「前職(医療職)に関する質問」でした。

前職と公務員の共通点は何だと思いますか

KAO
KAO

…そうきたかぁ。

共通点と言われても・・・正直戸惑い、この質問にはうまく答えられませんでした。

面接官はこちらの心情を察したのか、すぐ次の質問に移りました。

なぜうちの役場志望なのか

なぜうちの役場志望なのか

聞かれた時は「(地元ではないようだけれど)なぜ??」と言われている気がして、少し押されました。

しかし、”志望動機と同様に答えれば大丈夫だろう…”と自分に言い聞かせ、用意していた内容をそのまま話しました。

ひとりごと

主語(役場名)を変えれば、他の役場でも当てはまるような内容だったなぁ…(笑)
しくじった…。

実際に働いてみたい部署

嘘偽りなく自分が興味のある部署をつげ、その理由も簡潔に述べて終えました。

最後の質問だからなのか、面接官全員が顔を上げて頷いているように見えました。

スポンサーリンク

【面接を終えて】手ごたえは?

正直、面接直後手ごたえはないと感じました。

…というより、苦し紛れに答えた質問や答えられない内容がいくつかあったので、その時点で「無理だ」とほとんど諦めていました。

やはり、面接はよほど自信がない限り、ある程度は質問を予想し、練習は必須なのだと感じました

スポンサーリンク

【後で気づいた】あれは圧迫面接!

今回の公務員試験で、圧迫面接といものを初めて経験しました。

あまり言い訳にしたくないのですが…。

私は元々”医療人”でして、大学を出てしばらくは病院勤務でした。

*病院の面接:圧迫面接を受ける機会が少ない

今回、面接を受けている間は気づきませんでしたが、終えた後になんとなく不快感がありました。

それが”圧迫面接”だということに、あとになって気づいたのです

圧迫面接だと感じた事
  • 自己PRを問われた直後に「長所を教えてください」の発言
  • 終始質問をせず、ずっと下を向いていた一人の面接官の存在
  • 次から次へと質問される

できる範囲で答えたつもりですが、客観的にどう思われたのかは分かりません。

スポンサーリンク

まとめ(反省点)

以上6つの質問を聞かれ、12分間の面接を終えました。

既卒だからこそ聞かれる「前職関連の質問」は、何聞かれてもいいように万全の対策を行う必要があったのだと痛感しました

仕事関連以外の質問に関しては、現役生とさほど変わらない内容のはずです。

残念な結果に終わりましたが、今となっては30歳を目の前にし、いい経験になったと思っています。

これから公務員試験の面接を控えている、既卒のみなさん!

ぜひ、参考にされて自身の面接に生かしてください。

タイトルとURLをコピーしました