【田舎暮らしの現実】賃貸物件をお探しの方は周辺環境に慎重になるべし

住まい探し

田舎暮らしに憧れをもつことは、誰でも1度はあるかと思います。

しかし、慎重にならないと、理想と現実のギャップを感じることになるでしょう


賃貸物件を田舎でお探しの方!

「本当に田舎に住んで後悔しませんか?」

そこで今回、私が実際に田舎に住んで「これが現実かぁ…」と感じた数々を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

私が田舎の賃貸物件を選んだ理由

元々、田舎暮らしに強い憧れがあったわけではありません。

結婚して新居を探す際、以下の理由から田舎暮らしを選択しました。

  • 子供ができるまでは少しでも安い家賃で
  • 田舎だと子供の手当関係が手厚い
  • のんびりとした生活が送りたかった

そして、実際に住み始めても確かなものでした。

しかし、その他の面ではメリットよりデメリットの方が多いと感じるようになり、田舎も考えものだと痛感したのです。

スポンサーリンク

田舎暮らしの現実が待っていた

車がないと生活できない

当然ながら、田舎だと”電車やバス”などの公共交通機関が充実していません

日常の買い物でさえも車がないと厳しい場所にある

物件を探した当初は、「田舎だと家賃が安いっ!」と喜んでいました。


しかし、家計簿をつけていると以下のことに気づきました。

お店が遠い

ガソリン代がかかる

どこ行くにしても基本はになるため、生活費全般で考えると、家賃は安くてもガソリン代が高くついてしまっていたのです。

田舎の虫は多くて大きい

やはり、田舎と言えば「」も心配事の一つですよね。

虫がそこまで苦手じゃない人にとっては、関係のないことですが…。


とにかく田舎は虫の出没率が高く、そして大きいので非常に困りました。

・夏(5月~10月)はいろんな虫が出没
・得体の知れない虫もたびたび遭遇する
・玄関のドア・網戸などに虫が張り付いている

「虫が苦手なのになぜ田舎に住んだの?」と言われたらそれまでですが・・・。


とにかく、夏が来るたび恐怖でしかないのです。

余談

しかし!こんな発見も…。
クワガタがアパートの敷地内に!!
一瞬びっくりしましたが、のちに感動にかわりました。

スポンサーリンク

早朝から町内放送がうるさい

実際に、田舎に住んで気づいたこと。

不定期に放送される
7時の
町内放送がうるさい

KAO
KAO

せめて8時では…!?

町内放送って、田舎ならではですよね!

働き盛りの世代にとって休日の朝7時の放送なんて、迷惑以外のなにものでもありません。

*町内放送でしゃべっているのは、年配の男性の太い声…。早起きする年代か…。

したがって、「朝はゆっくり寝ておきたい」という方は、田舎暮らしは慎重に選びましょう!

道路の使い方が自由すぎる

都会の車道でもマナーがなっていなかったり、速度違反車などを見かけることは多々あります。

しかし!!!
田舎はというと、道路の使い方が自由過ぎるのに困り果てました

  • 1車線なのに時速20~30㎞で走る車がいる
  • ハザードランプをつけずに路上駐車している
  • 駐車が雑過ぎて枠線から大きくはみ出している

田舎なので、年配の方が多いのは承知ですが…あまりに自由すぎるという現実

しかし、それで田舎の地域全体が成り立っているのでしょう。

よって「私がただ単に田舎住まいが合わない」というだけの話かもしれません。

近隣の住人のマナーが気になる

田舎の賃貸アパートに住んで、他の住人のマナーに驚くことがたまにありました。

  • 建物の共用部分を自分の庭かのごとく扱う(傘など私物の放置 など
  • 封書等を、ごみ袋にそのまま捨てている(個人情報が駄々洩れ)
KAO
KAO

これらは、”田舎あるある”なのでしょうか??

賃貸アパート自体、今まで私は様々な地域で住んだ経験があります。

しかし、このような自由気ままな過ごし方をする人が多いのは、田舎の賃貸アパートだけでした。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

田舎に住めば、”のどかでゆったりとした生活が送れる”と期待していました。

しかし現実は様々な疑問や問題にぶつかり、居心地の悪ささえ感じることもありました


もちろん、田舎を否定するわけではありません。

「自分が育ってきた環境が基準」になるため、単に合わなかったというだけの話です。

結局は、生まれ育ってきた環境に似た地域に住んだ方が、ストレスがかからないのです

その方が、自分の中で描いている生活環境のギャップを感じませんしね!


とりあえず私は、「次引っ越すときは田舎は脱出しよう」と感じた出来事でした。

タイトルとURLをコピーしました