【体験談】風邪引きやすいのはなぜかが判明!ただの虚弱体質ではなかった

ライフ

風邪引きやすくて悩んでいる人に、ぜひ隅々まで読んでほしい内容です。

私もかつては、月1回のペースで風邪を引いていました。

もちろん、なぜこんなに風邪を引くのか原因不明…。

KAO
KAO

明らかに、他の人より風邪を引いてばかりでした。

同じような方!!
虚弱体質だろうとあきらめていませんか?

真剣に原因を考えてみた結果…。

自分の生活習慣に隠れている」…という確信に変わりました。

現在は、年に1~2回くらいしか風邪を引かなくなるまで改善できたので、そのいくつかの原因と解決方法をお教えしたいと思います。

スポンサーリンク

風邪引きやすいのはなぜか?その原因と改善法

はじめに

私の風邪自覚から完治までの症状の変化は、毎回お決まりコースでした。

参考程度に載せておきます。

①のどの違和感から始まり、次第に痛みに変わる
②熱が出る(微熱だったり高熱だったり)
③鼻水が出始める
④咳が出始める
*このような流れで5~7日で完治

たかが風邪といい、なかなかしぶとい症状が続きます。

KAO
KAO

夏風邪だと治りにくく、完治まで10日ほどかかることも…。

思い当たる原因とその対処法

野菜が嫌いで食べなかった

当時、私は生野菜が嫌いで、食卓に出されてもほぼ手を付けずに残していました。

KAO
KAO

風邪にはビタミン」と言われますが、全く栄養が摂れていなかった模様…。

この”野菜嫌い”が、風邪を引く直接の原因になっている確証はありません。

しかし一因ではあるだろうと思い、栄養面からアプローチをかけようと、とにかく積極的にビタミン摂取を心がけました

対策法

●ドレッシングを多めにかけて生野菜を無理やり摂取 
●野菜ジュースでビタミンを効率よく補充

朝風呂の生活が続いた

私の風邪の症状は、大学や社会人になってしばらくの数年間が特に酷かったのです。


そしてちょうどその頃と言えば…。

疲れて帰宅してリビングで寝てしまい、朝風呂の生活が毎日のように続いていました

朝風呂自体が悪いというより、その後の自身の行動が良くなかったのだと反省…

朝風呂後の行動
  • 髪の毛が半乾きの状態でしばらく過ごす
  • クーラーでキンキンに冷えた車で出勤

よって、この悪い生活習慣を断とうと決めました。

対策法

朝風呂をやめ、無理やりその日のうちにお風呂に入る

スポンサーリンク

雨に濡れる

よく考えてみたら風邪を引く1~2日前に、雨に濡れることが多かった気がします。

  • 小雨だからと傘を差さずに歩く
  • 濡れてそのままクーラーの部屋に入る 

元々風邪を引きやすい体質なのに、体が冷える状況を自ら作っていたのだと反省…。

体が濡れた後の体温調節って、とても大切なのだと実感しました。

対策法

小雨でも傘を差すことを心がける 
●濡れたら髪・洋服などを拭き、体を冷やさない

「汗かくのが大嫌い」が災いした

夏場は、誰だって汗をたくさんかきますよね!

自分なりの変なこだわりですが…。

運動して出る汗なら許せる。
しかし暑さで出る自然な汗が嫌で、できれば汗をかきたくない。

このようなちょっと変わった考えを持っていました。


そのためか、涼しい部屋でも薄着で過ごすということに慣れてしまったのです。

KAO
KAO

少し寒いくらいが汗は出ないので、これが快適だったのでしょう。

しかし、この習慣化した行動も、おそらく風邪を引く原因になっていました。

証拠として、「夏なのに頻繁に風邪を引いてしまう」という現象が起きていました。

対策法

●肌が冷たくなるくらい薄着にならない
●クーラーの部屋ではカーディガンを必ず持参

【重要】一番の原因は○○○!

そして…頻繁な風邪の絶対的な原因がコチラ↓

寝てるときに
口を開けている

これが、風邪を引きやすくしていた一番の原因だと思います。

いつも風邪を引くときは、朝起きたらのどが乾燥しているのです

寝ている時って、自分がどうなっているか分からないからどうしようもないですが…。

何か対策を取らねばと、以下の2つの方法を試しました。

対策法

マスクをして寝る 
●口にテープを貼って寝る

この対策を行えば、どちらも喉の乾燥を守れます。

しかし口にテープを貼るという対策の方が、毎日の習慣としては継続しやすかったです。

マスクだと、ある日突然つけるのが面倒になります。
しかも耳が痛くなったり、朝には外れている日が多々ありました。

口呼吸は、風邪を引くよう促しているようなもの…。

寝ている間は自然に鼻呼吸になるよう、口閉じテープは必須のアイテムになりました。

スポンサーリンク

風邪くらいで病院はなるべく行かない方がいい

まずは市販薬で様子を見ること

体調管理をしっかり行っていても、風邪を引くことはあります。

当時私は「風邪引いたら病院に行けばいい」という考えで、頻繁に風邪を引くことにあまり関知していませんでした。

ですが風邪なら適切に対処すれば、市販薬でもちゃんと治るということを学びました。

以下が、私が使用している「ペラックT錠」です。

早期の喉の痛みに絶大な効果があります。

風邪を引く頻度が減ったうえ、”引いても病院に極力行かない”というスタンスで過ごすようになり、風邪とはほぼ無縁の生活になりつつあります。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

今回紹介した「5つの原因と対処法」で、体質改善されたかのごとく風邪をほぼ引かなくなりました


あれだけ頻繁に風邪を引いていた自分が、嘘のようです。

生活の質が上がり、病院代もほとんどかからなくなったので一石二鳥の効果!


みなさんも、どれか1つでも思い当たる原因があったらすぐに対策をとり、風邪に強い体を目指してください。

タイトルとURLをコピーしました