即実行すべきスーパーでの節約のコツ!これで食費10%は削減できる

ライフ

「スーパーでの節約のコツ」といえば、どういったものを浮かべますか?

日々のスーパーの買い物で節約を意識すれば、「必ず今の食費の10%は削減が可能」になります。

何も考えずただ欲しいものを購入しているだけでは、節約にはなりません。

そこで今回、明日からすぐに実践できるスーパーでの節約のコツを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

【スーパー】買い物する際の節約のコツ

はじめに:販売側の戦略を理解せよ

まずは販売側(スーパー)の戦略について、少し述べさせてください。


販売側は、とにかくお客さんに多くの商品を買ってもらおうと常に必死です。

KAO
KAO

店内のレイアウトを変えたり特売セールを実施し、購入を促す工夫をしています。

しかし、それにまんまと乗っかってしまっては、確実に思わぬ出費となります

*スーパーの戦略を理解し、それに動じないこと

節約のコツ①:マイバックは必ず持参

マイバックが必須の理由

突然ですが、マイバックの持参がなぜ節約になるか分かりますか?


『レジ袋が有料だから』という理由は、当然誰にでも理解できているはずです。

しかし、もう一つの理由を言える人って少ないのではないでしょうか?


…その2つ目の理由が、

 マイバックは
容量が決まっているから

KAO
KAO

どういうことでしょうか…??

マイバックの重要性

例をあげて、詳しく説明します。

商品を購入し、会計寸前のところで「あっ!あのお菓子も買いたい!」と思いかごに入れる。

ここでもし、マイバックであれば「たくさん買うと、マイバッグに入らなくなるかも…」となりませんか?

そうです。

マイバックがあると、自然と購入量にセーブがかかるのです。

なぜなら、

容量が決まっているから

もし、マイバックを持参せずレジ袋が必要な場合って、欲しい枚数をレジで伝えますよね?

よって、

お金を払えばレジ袋をもらえるから、購入量を気にしなくてよくなる

というわけです。

KAO
KAO

なるほど…!!

となると、あとはご想像の通り!


ついつい余分なものを買いすぎてしまう」という事態に陥ってしまいます。

よってこれらの2つの理由から、マイバックの利用は節約において必須事項になるのです

節約のコツ②:まとめ売りは要注意

いきなりですが、一つ例を出します。

・エノキ1個=50円
・エノキ3個=150円120円

のような感じで「まとめ買いは安い!~」みたいなポップ、ありますよね!?

確かにお得です

しかし、問題は料理の工程にあります。

購入後、腐らせずに毎回調理できていますか?無理して使おうとしていませんか?

確かに、まとめ買いも節約のコツの一つです

しかし実際は、「こんなに使うかなぁ…。けどお得だし買おう!」と、まとめて購入してしまうことが多いと思います。


それならさっきの例でいくと、忠実に「1個50円」で買った方が120円払うより断然安いのです。

したがって、お得につられて無理していないか、自分と相談してから購入する必要がありますね。

スポンサーリンク

節約のコツ③:値引き商品を狙う

値引き商品は見かけないときは全く見かけませんが、ふとしたときに”割引シール”が貼られているかと思います。

*値引商品は節約になるので、大いに利用しましょう

”値引き商品”って、普通は賞味・消費期限が迫っているから安くなります。

そのため、新鮮なものがいいからと躊躇する方も多いと思います。

しかし!!!
惣菜などの熱を通すものって、鮮度もなにも変わりません。

KAO
KAO

どっちにしろ購入して、家で再び温めますからね~。

刺身などの生ものであれば、新鮮な方が良いというのは分かりますが、加熱できる料理(惣菜など)は熱を通してしまえばさほど変わりません

よって、値引き商品を積極的に購入し、合計金額を抑えるよう努力しましょう

現金・電子マネーに交換できる♪ポイ活するなら《ポイぷる》

節約のコツ④:単位当たりの金額をチェック

商品につけられている値札って、金額以外も見てますでしょうか?

モノによりますが、値札の下の方を見ると『単位当たりの金額』が記載されていたりします。

例えば、

・味噌:100gあたり〇〇円

のように。


そこを見逃さなければ、同じ種類の商品で単位当たりの値段の比較ができるのです。

だいたいがその商品自体の値段にごまかされますが、ぜひ、『単位当たりの金額』で比較するクセをつけるようにして下さい。

節約のコツ➄:嗜好品コーナーに行く頻度を減らす

”お酒”だったり”お菓子”といった嗜好物が好きな方だと、販売コーナーに立ち寄ってしまいますよね~。

しかし、購入する回数は極力減らす努力をしましょう!

極力少なく」がコツです。

例えば、「月に8回スーパーに行くとしたら、そのうち2回しか寄らないようにする」など。

人は好物に関しては自分に甘く、たいていの場合は誘惑に負けてしまいます。

したがって、「行く頻度」というのをあらかじめ心に固く決め、極力買い物を減らすように努めましょう。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?

今の時点で実行できていること、そうでないことがあったと思います。

すぐには節約できたという実感は得られないと思います。

しかし、日々続けていけば確実に節約になりますし、家計簿をつけていれば月の食費の変化に気づくことでしょう。

スーパーに行く際は節約のための買い方を意識し、見えないところでコツコツ出費を浮かせていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました