デスクワークの肩こりや腰痛を必ず防ぐ、徹底した対策を一挙紹介

ライフ

デスクワークを続けていると、必ずと言っていいほど出来わす悩み…。


…そう!

肩こり腰痛

何か対策をせねば、気づいたときには体の様々な症状を引き起こしてしまいます。

時には、仕事に支障が出るほどの不調に陥ることも…

そうなれば元の体に戻すのに時間を要するため、やはり事前の対策は必須と言えます。

そこで今回、重度の肩こりや腰痛に見舞われないための「必ず防げる対策」を紹介していきます。

スポンサーリンク

デスクワークの肩こりや腰痛を必ず防ぐ対策

まずは環境を整えることから始めよう

【意外に怠りやすい】体温の調節

デスクワークするにあたり、は特に自身の体温調節に気をつける必要があります。

はクーラーガンガンの部屋で、
は乾燥しまくるほど温まりすぎていませんか?

その都度室温に合わせ体温も調整し、必要に応じて着脱しやすい服装を心がけることが大切です

:カーディガンなど羽織ものを用意
:いつでも着脱できるよう重ね着しておく

机や椅子は自分に合った高さを選択

自分の体形に合った椅子で作業することも、体の不調を防ぐ一つの方法です。

しかし、自宅であれば自由に選べますが、オフィスだと机や椅子は選べませんよね?


せめて高さが調整できる椅子だといいのですが、そうでないことが多いでしょう。

アドバイス

机が高ければ座布団クッションなどを持参し、自分に合った高さに調整できれば理想的です。

もし自宅でデスクワークする場合、これを機に机や椅子選びを見直してみてもいいかもしれません

KAO
KAO

長時間パソコンをする方は、特に自分にフィットするものを選ぶ必要があります。

座椅子クッションの使用

機能性に優れた椅子でない限り何も敷かずに長時間座る状態が続けば、間違いなく体に負担がきてしまいます

KAO
KAO

普通の座布団だと、あまり意味はないでしょう。

したがって、デスクワークに適した座椅子クッションが必須なのです


*以下が私が所持している、デスクワークに必須の座椅子クッションです。

この座椅子クッション、ただの座布団ではありません。

メリット①:通気性が良い
メリット②:体圧分散効果がある
メリット③:長時間座っても疲れにくい

このような利点があるのです。

体圧分散効果のあるクッションを使用すると、肩こりや腰痛の軽減につながり、自身も座っているのが楽になります。

正しい姿勢でパソコンに向かう

背筋真っすぐを意識

パソコンを長時間使用していると体が丸まってきたり、顎が前に突出したような姿勢になります。

常に正しい姿勢を意識できればいいのですが、集中してくると姿勢は自然と崩れてきます。

そのような場合、姿勢矯正ベルト等を使用すると、真っすぐな姿勢を長時間保つことができます

長時間同じ体勢に注意

足を組んだり、頬杖つきながらパソコンしていませんか

ずっと同じ姿勢のままでのデスクワークだと、非常に良くありません。

体勢が崩れた状態(足を組むなど)でパソコンに向かうと全身の血流が悪くなり、コリの原因になってしまいます。

アドバイス

理想は両足を床につけて背筋を伸ばし、正しい姿勢で作業しましょう。

スポンサーリンク

作業の合間に適度な休憩を

座りっぱなしは絶対NG

肩こりや腰痛を引き起こす原因は、デスクワークそのものが悪いというより、「長時間座りっぱなし」が非常によくないのです。

豆知識

「座り続ける」ということは、将来的に心臓病のリスクをも高めます
よって肩こりの面だけでなく、”座りっぱなし”をできる限り避ける必要があります。

1時間に1回でいいので立ち上がったり、トイレ休憩をこまめにいれたりと、椅子から離れることを極力心がけましょう

目薬でドライアイを防ぐ

実は、目の休憩もとても大切なことなのです。

KAO
KAO

肩こりや腰痛と関係あるのかな?

腰痛には直接的には関係しないと思いますが、”目の疲れからくる肩こり”ってあるのです。

目の使いすぎで、頭痛などの不調が引き起こされるのは良く知られています

そこでですが!!

デスクワーク中「目をしばらく閉じる動作」をこまめに行ったり、ドライアイを防ぐために目薬を使うのも効果的です

自分が現在愛用している目薬でもかまいません。

KAO
KAO

とにかく目の休憩うるおい補充をしましょう。

ちなみに、私が使用しているソフトサンティアという目薬は、非常に目に優しいのでおすすめです。

ソフトサンティアの特徴

人口涙液使用 
防腐剤配合なし 
裸眼でもコンタクトでもOK 

簡単なストレッチを行う

デスクワークの合間に、

・首を回す
・両手を万歳して手を伸ばす

といった、体のポイントポイントで行う簡単なストレッチも非常に効果的です

もし環境的に可能であれば、全身のストレッチをすると体中の血流がよくなり、肩こりや腰痛の予防に確実につながります。

とにかく、デスクワーク特有の「同じ姿勢で」という状態を極力避けることができれば◎ですね。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

以上が、デスクワークによる肩こりや腰痛を防ぐ対策です。

体の不調は、起きてから対処するのではなく、起きる前に対処するのがベストです


確かに、パソコンしながらあれもこれも考えると集中が途切れ、仕事がはかどりません。

しかし、何も対策せずに不調が起きてしまえば、そちらの方が仕事の効率が下がるのです

したがって事前に防ぐ対策に力を入れ、快適な環境を整えてからデスクワークに向かうことを意識しましょう!

タイトルとURLをコピーしました