【紙袋の収納法】どこにしまえば正解?見た目スッキリのおすすめベスト3

プチ得

様々なシチュエーションで手に入れ、気づけば家の中にあふれてしまっている「紙袋」。

…となると、一番困るのは収納方法ですよね!?

私は何年にもわたって、納得のいく紙袋の収納方法が見出せませんでした。

しかし、今から紹介する3つの方法は、実際に試すとしっくりくるのです。

早速ですが、『おすすめの紙袋収納法ベスト3』を順に紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

はじめに:紙袋の収納あるある

もったいなくてなかなか捨てれない

紙袋って丈夫でなんかに使えそうで、デザインも好みだとなかなか捨てきれませんよね~。

  • 商品を購入して入れてもらえる紙袋
  • お土産でもらった紙袋
  • 結婚式でもらった引き出物袋 など

このような経験、誰しもあるのではないかと思います。

”とりあえずとっておこう”が積み重なり、部屋に紙袋が溢れかえる状態…

収納の仕方がイマイチ分からない

特にキレイな紙袋は捨てるまでもないけれど、残したら残したで収納に困るものです。

  • 大きい紙袋は場所をとるしかさばる
  • 収納してもヒモが絡まって見栄えが悪い
  • 様々なサイズの紙袋をうまく収納したい

このような悩みを極力解決できるよう、見栄えもスッキリするおすすめの紙袋収納法があれば知りたいですよね…?

スポンサーリンク

【おすすめ順】紙袋の収納方法

私も紙袋を捨てきれず残しておくタイプなので、一応今までにいろんな収納方法を試してきました。

しかし、キレイに整理整頓してもビジュアル的な問題が気になって仕方がありませんでした。

KAO
KAO

それぞれサイズが違うので、あまり綺麗にまとまりません。

そして試行錯誤のうえ、ようやく今から紹介する3つの方法がベストだと思ったので、順にみていきましょう!

おすすめ①:専用の収納グッズ

私が現在実際に使っている、「1番オススメの紙袋用収納グッズ」です。

KAO
KAO

Amazonで見つけました。
見た目が華やかですし、キレイに収納されます。

この収納ボックス、思ったよりも結構大きいのです。

紙袋の厚みや大きさなどによりますが、工夫しながらうまく入れると100枚以上でも収納可能です。

【中身の様子】
【閉めた状態】

ちなみにこの商品に出会うまで、ヒモなどのはみ出た部分のごちゃごちゃが非常に嫌でした(↓)

コンパクトな収納でいいかも」という人には、以下のような収納ケースもオススメです。

おすすめ②:衣装ケースに収納

衣装ケースは「透明の蓋つきボックス」や「スライド式の衣装ケース」がよく見かけるタイプですね。

好みはそれぞれだと思うので、自分に合った衣装ケースでOK!

  • 持っている紙袋の大きさや量を考えたうえで、それに合った衣装ケースを使用する

紙袋を衣装ケースに収納し、クローゼットなどの見えない場所に保管しておくと見た目スッキリです!

KAO
KAO

衣装ケースは転勤族や引っ越しがある方は、持ち運びにとても便利です!

おすすめ③:大きいBOXに収納

「大きいBOX」と書きましたが、何でもOKです。

  • 自宅にある段ボール
  • 収納ボックス

そのままダンボールに入れて収納してもOK!

しかしせっかく収納するのであれば、オシャレなインテリアになればテンション上がりますよね?

そんな時は、100円ショップにも売っている「リメイクシール」の出番!

ダンボール箱の側面に貼れば、あっという間に自分好みのBOXに仕上がります。


ちなみに、私のリメイクダンボールです(↓)

そして下のようにフィットするよう並べていけば、見栄えがスッキリします。

…とはいっても、実際は大小様々な紙袋があるかと思います。

よって、コツとしては一番大きい紙袋に合わせたダンボールやボックスを用意します。

そして「ブックスタンド」を使い順番に並べていくと、キレイに整理されます。

ダンボールって案外しっかりしているし、大きめダンボールを利用して収納できれば、コスト削減にもなり無駄のない収納が実現できます。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

今回紹介した収納グッズは、自分の所持している紙袋のサイズに合わせるとよりスッキリ・キレイに収納できます。

私のおすすめ順にご紹介しましたが、一番は自分に合った収納法で整理した方がしっくりくるでしょう。


今まで、なんとなくしまっていたであろう「紙袋の収納」。

気になる収納方法があったのなら、ぜひ試してみてください!

タイトルとURLをコピーしました