引っ越しはいつがいいのか?誰も教えてくれない隠れ重要ポイントとは

体験談

希望の日に引っ越しを指定できる場合(私情での引っ越し等)、どのように日にちを決めてますか?

  • 次の日仕事が休みの日?
  • 縁起の良い日?
  • 区切りのいい日にち?

こういった事情を考慮し、引っ越し日を決定するのがメジャーな決め方でしょう。


しかし私が何度も引っ越しを経験し、思ったことがあります。

それは、

「この日にすれば…」と、何度も経験したからこそ気づく隠れ重要ポイントがある

ということです。

では、早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

結局、引っ越しはいつがいいのか

引っ越し日の決定は自分次第?

疑問

引っ越しはいつがいいのか?


その答えは、「自分が譲れない点は何か」ということです。


例えば、仕事が忙しくてなかなか休みが取れない場合、引っ越し日が限られてくるかと思います。

しかしそれ以外では、優先順位をつけて選ぶと満足のいく引っ越しができます。


ここで、私が実際引っ越しを何度か経験したからこそ言える、

『誰も教えてくれない引っ越し決定日のポイント

をぜひ参考にしてみてください。

引っ越し日決定の隠れ重要ポイント①

閑散期に引っ越し

引っ越しって「3月~4月」というイメージを持つ方が多いと思います。

がしかし、その時期以外のいわゆる閑散期は非常におすすめなのです。

  • 引っ越し料金が安い
  • フリーレント物件が多い
  • 事がスムーズに進む

”フリーレント物件(*賃貸物件)”とは、最初の家賃1~3か月分ほどが無料というサービスです。

そして閑散期は、不動産会社やライフライン・役所などの手続き関連も待たされず、スムーズに引っ越しができるのです

KAO
KAO

ただでさえ大変な引っ越し…。ストレスなく終えたいですよね~。

晴れが多い時期を選ぶ

いきなりですが、”晴れの日が多い時期”ってご存知でしたか?

晴れの日が多い月

「1位:1月」
「2位:12月」
「3位:8月」

過去数十年の統計では、日本全国の平均で1月がいちばん晴れの日が多いという意外なデータがあるのです!(*地域により多少誤差あり

なぜ、晴れの日に注目するのかはもうお気づきでしょう。


そうです!

引っ越しの前後は、晴れが多い方が都合が良い

という理由からです。


・・・と言いつつ「寒い12月や1月に引っ越しかぁ…」って思っちゃいますよね~。

ですが実際は荷造りや持ち運びをしていれば、次第に体が温まってきますし、それよりも雨降られた方が確実に厄介なんです。

引っ越しの前後は何かと用事で外出したり、部屋での作業が増えます。

引っ越し前
・不動産会社へ何度が訪問
・荷造りや部屋の掃除
・役所での手続き

引っ越し後
・生活用品類の購入
・役所へ転入手続き
・住所変更(免許書など

このような忙しい時に、雨が続くと引っ越し作業も全然スムーズに進みません

したがって、「引っ越し前後に晴れの日が多いとストレスなく動ける」ということなのです。

引っ越し日決定の隠れ重要ポイント②

平日引っ越しはいいことだらけ

引っ越し費用が安い

休日・祝日に比べ、平日は引っ越し費用が安いことで知られています。

*ただし、平日でも”金曜日”は高い可能性があります

特に忙しい3~4月などの繁忙期では、休日と平日の料金の差が大きく違うこともあります

よって、可能であれば平日に済ませた方が、引っ越し費用が断然安く済むのです。

スポンサーリンク
部屋の出入りがしやすい

平日引っ越しのメリット2つ目です。

特に、集合住宅にお住まいの方に当てはまりますが、休日より平日の方が荷物の運び出しなどがしやすいのです。

どういうことか…?

平日は住人の出入りが少ないから

つまり平日であれば、周囲の住人が仕事で出払っている世帯が多いから動きやすいということです。

動きにくくなるポイント
  • 駐車場
  • エントランス
  • 階段やエレベーター

玄関のドアを開けっぱなしで荷物を運び出したりすることを考えると、周囲の動きが少ない平日の方がスムーズなのです。

これは、引っ越し先の新居でも同じことが言えます。

お店の混雑を避けることができる

引っ越しは、前後1日ほどは冷蔵庫が使えなくなります

KAO
KAO

となると、ご飯はテイクアウトや外食になるかと思います。

土日だとお店のどこに行っても人が多く、待たされたりしてどんどん時間を使ってしまいます。

忙しい引っ越しの合間に毎度毎度時間がとられると、スムーズに事が進まない状態に…。

これは食料に限ったことではなく、新たな生活用品の購入でもいえることです。

  • 家具家電のお店
  • 日用品売り場
  • 100円ショップ など

燃えるゴミの日に合わせる

そして、最後に忘れてはいけない「ゴミ」の問題。

引っ越し当日に必ず出てしまうもの・・・そう!

燃えるゴミ!!!

その問題を解決する方法として、

引っ越し翌日(当日)に燃えるゴミの日であれば、そのまま現住居に捨てて行ける

ということです。

燃えるゴミは少なからず必ず出ます。

したがって、現住居の燃えるゴミ当日、あるいは翌日に引っ越し日を設定してみてもいいかもしれません!

スポンサーリンク

この記事のまとめ

引っ越し前後はとにかくやることが多く、できればストレスなくスムーズに終わらせたいもの…。

そのためには、引っ越し日の設定は慎重になるべきです。


少しでも効率のよい引っ越しができるよう、ぜひ、今回の記事を参考にされて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました