【木造と鉄筋】音の響きの違い!鉄筋の物件に引っ越して驚いた差とは?

体験談

木造鉄筋コンクリート造の、音の伝わり方についてですが!

実際にどちらも住んでみると、「結構差がある」というのが正直な感想です。


ちなみに私は、

木造アパート(約4年)→鉄筋コンクリート造マンション(約2年)→木造アパート(約1年半)

という経緯を経て、現在は鉄筋コンクリート造マンションに住んでおります。


木造から鉄筋コンクリート造(賃貸)に引っ越し、『音の伝わり方や感じ方の違い』がお伝えできると思い、記事にしました。

ぜひ、参考にされてください!

スポンサーリンク

【体験談】木造と鉄筋コンクリート造の音の違いとは?

木造と鉄筋コンクリート造の違い①

木造鉄筋コンクリート造で、音の響きはどのように違うのか?

この答えを、簡単に言うのであれば、

「ビクッ」とするかどうか

といえます。

ビクッとする感覚

各世帯、壁や床・天井で仕切られているのに、まるで境界がないかのごとく、音がストレートに伝わってくる感じ。不快度が高め。

独自の表現で、少し理解しにくいかもしれませんが…。


この感覚が木造の物件は著しく、鉄筋コンクリート造ではあまり感じないのです

要するに、日常の生活音で木造アパートではビクッとする機会が多く、鉄筋コンクリート造マンションではほとんどありません。

【詳細内容】木造と鉄筋コンクリート造の違い②

では先ほどの内容をもう少し具体的に、「木造と鉄筋コンクリート造の違い」を語ってみます。


木造は、音の伝わり方がストレート(なイメージ)だと、先ほど説明しました。

しかし、鉄筋コンクリート造の視点から言えば、

  • 音の発生源が分かりにくい
  • 遠くから聞こえてくるような音

このように表現できます。

KAO
KAO

鉄筋の場合は大きめの音を立てない限り、ビクッと感じるまではないです。

実際に音の伝わり方の違いを経験しないと、イメージするのは非常に難しいですよね…!


伝わってきた音の感じ方」を分かりやすく絵に書くと、こんな感じです↓

・・・。この感覚、伝わりますでしょうか?


木造では、天井や壁がないかの如くドカーンとはっきり耳に届きます。

木造の音
  • 音がとにかく大きい
  • (音の種類によっては)リアルに聞こえる
  • 睡眠を邪魔されるほどの威力であることも

しかし一方で、鉄筋コンクリート造の方はと言いますと!

なんか上(隣)らへんから音がする

というように、こもったような音がぼやーんと耳に届いてくるような感覚になります

鉄筋コンクリート造の音
  • 音はそんなに鋭くはない
  • ぼやんと響いてくる感覚
  • 「あぁなんか聞こえる」くらいの音

言葉で伝えるのが非常に難しいので、このような表現で申し訳ないのですが…。

まぁだいたい、こんな感じになります。

スポンサーリンク

木造アパートではこんな音が聞こえていた

木造の物件は、ベニヤ板のみで各世帯を仕切っているかのように響くのです。


・・・そう。

ほぼ、筒抜け状態!

KAO
KAO

プライベート感がないけど…!?

小さい子供がいたり、大人でもうるさめの人が周囲にいたら、「終わった…」と感じるほどです。

スポンサーリンク

【現在】鉄筋コンクリート造での音の響き

鉄筋コンクリート造では、木造の物件で感じていた生活音を10としたら、3といったところです。

KAO
KAO

鉄筋でも、それなりに聞こえます。

ですが、木造で感じていた、

  • ビクッとする
  • 「うるさい」と怒りの感情が湧く

というほどではありません。


思いっきりドアを閉めたり、何か大きい物を落としたような音はそれなりに聞こえます。


ですがそういう生活音って、1日を通してみると発生頻度は少ないです。

ちょっとやそっとの生活音は聞こえないので、木造に比べればだいぶ防音性は高めだと感じます

スポンサーリンク

鉄筋の物件に引っ越して驚いたこと

そして、私が木造から鉄筋コンクリート造のマンションに引っ越して驚いたことがあります。


それは、

住人の生活行動が分かりにくい

ということです。


こんなことを言うと、危ない人に思われそうですが…。

そうではありません!!!(笑)


…というのは。

木造は天井や壁などを通して「住人が何をしているのか」までも、だいたい分かってしまうのです。

  • どこからどこまで歩いた
  • 料理をしている
  • トイレに行っている
  • お風呂に入っている
  • 掃除機をかけている 
  • 会話している など

それが、鉄筋コンクリート造マンションに住んでからは、ほとんど分からなくなりました


「木造と鉄筋コンクリート造とでは、防音性がだいぶ違うんだなぁ~」と、実感しています。

KAO
KAO

防音性は確実に鉄筋コンクリート造の方が高く、快適度も高いです。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

この記事では、木造と鉄筋コンクリート造の音の違いを、私の体験談から言えるありのままの内容をお伝えしました。


しかし、鉄筋コンクリート造でも、

  • 築年数
  • 建物の構造
  • 間取り
  • 周辺環境
  • 住人の質

などによっても結構左右されます。


よって、一概には言えない部分もあります。

あくまで今回紹介した内容は、「平均的に考えて」で想像していただけたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました