実際に住んで感じた木造と鉄筋の音の違い!木造出身の私が驚いたこと

体験談

木造鉄筋コンクリート造
の音の違い

集合住宅に住む人にとっては、詳細に知りたい内容ですよね!


私の情報を簡単にお伝えしますと、

木造アパート

現在】鉄筋コンクリート造

このような経緯になります。

木造から鉄筋コンクリート造(賃貸)に引っ越し、『音の伝わり方や感じ方の違い』が語れると思い、記事にしました。

ぜひ、参考にされてください。

スポンサーリンク

【体験談】木造と鉄筋コンクリート造の音の違いとは?

木造と鉄筋コンクリート造の違い①

木造鉄筋コンクリート造で、音はどう違うのか?

簡潔に答えるのであれば、

ダイレクトに感じるかどうか

これが、「木造と鉄筋コンクリート造との違い」といえます。

”(私が思う)ダイレクトとは?”

各世帯、壁や床・天井で仕切られているのに、まるで境界がないかのごとく音が直球に伝わってくる感じ。

私の独自の表現で、少し理解しにくいかもしれませんが。

この、ダイレクト具合が木造の物件は著しく、鉄筋コンクリート造ではたいしたことがないのです。

木造と鉄筋コンクリート造の違い②【具体的に】

ではもう少し具体的に、「木造と鉄筋コンクリート造の違い」を語ってみます。


木造だと、音の伝わり方がダイレクトだと先ほど述べました。

しかし、鉄筋コンクリート造の場合、

・音の発生源が分かりにくい
・遠くから聞こえてきているような音

このように表現できます。(木造の場合は真逆)

KAO
KAO

よほど、深夜早朝に何人かで騒いだりしない限りは「めちゃくちゃうるさい」ということはないようです。

そして、分かりやすく絵に書くとこんな感じ↓

この感覚、
伝わりますでしょうか?

木造では、それなりの音を出されると天井もなにもないかの如くドカーーと耳に届いてきます。

睡眠を思いっきり邪魔されるほどの威力のこともしばしば…。


しかし一方で、鉄筋コンクリート造はというと。

「なんか上(隣)らへんから音がする」というように、こもったような音が、ぼやーんと耳に届いてくるような感覚になります。

【木造の場合】
・イライラするくらいの音が頻発

【鉄筋コンクリート造の場合】
・「生活音が聞こえる」くらいの、聞こえるけど不快と感じるまでもない音

スポンサーリンク

木造アパートではこんな音が聞こえていた

木造では、一つ屋根の下で”ベニヤ板のみ”で各世帯を仕切っているかのよう…。


そう。筒抜け!!!

KAO
KAO

プライベート感がゼロに近い感じ

小さい子供がいたり、大人でも乱暴(ガサツな人)が周囲にいたら、撃沈ですね~。

スポンサーリンク

【現在】鉄筋コンクリート造での音の響き

木造の物件で感じていた生活音が10としたら、鉄筋コンクリート造では3といったところです。

「聞こえるっちゃ聞こえる」というのが、正直な感想。

ですが、木造で感じていた音や住人に対するイライラ…すなわち、「うるさい!」と怒りの感情が出るほどではありません。

思いっきりドアを閉めたり、何か大きい物を落としたような音は、まぁそれなりには聞こえます。

しかしそういう生活音って、引っ越しとかでない限り頻度は少ないですし、他のちょっとした生活音はほぼ聞こえないので、木造に比べれば全然いい方です。

スポンサーリンク

鉄筋コンクリート造に引っ越して驚いたこと

そして、私が鉄筋コンクリート造に引っ越して驚いたこと。

周囲の住人の生活行動が分かりにくい

こんなことを言うと、危険人物に思われてしまいそうですが…そうではありません(笑)


…というのは!!

木造の物件って、聞きたくなくても天井や壁などを通して「住人が何をしているのか」までも、大半は分かってしまうのです。

  • どこからどこまで歩いた(足音)
  • 料理をしている
  • トイレに行っている
  • お風呂に入っている
  • 掃除機をかけている 
  • 会話している など

それが、鉄筋コンクリート造マンションに住んでからは、ほぼ分からなくなりました

「木造と鉄筋コンクリート造とでは、やはり防音性が違うんだなぁ~」と、実感しています。

KAO
KAO

プライベート感がそれなりにあり、防音性に関しては確実に鉄筋コンクリート造の方が高く、快適度も高めです。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

この記事では「木造鉄筋コンクリート造音の違い」を、私の体験談から言えるありのままの内容をお伝えしました。


しかし、鉄筋コンクリート造でも構造間取り、そして周辺環境、住人の質や在宅時間などにも左右されます。

よって、一概には言えない部分もあります。

あくまで「平均的に考えて」くらいで、想像していただけたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました