公務員試験は年齢で不利ってことある?それは単なる世間のイメージかも

体験談

私は「地方公務員試験」を、28歳で受験した経験があります。

公務員試験を既卒が受験するにあたり、やはり気になるのが年齢制限ですよね?

国や県、市の試験だと年齢制限30歳前後の場合が多いですが、地方の役場試験となると20代半ば前後だったりします。

自治体にもよりますが、果たして、年齢で不利ってことはあるのでしょうか!?

私が実際に受験して思ったこと、そして周囲の受験者を見た感想などを記事にしていきたいと思います。

スポンサーリンク

公務員試験は年齢で不利なのか?

私の基本データ

まずはじめに、私の「公務員試験歴」を簡単に紹介します。

  • 28歳で地方上級行政職の受験
  • 参考書等で独学で勉強(約4か月間)
  • 一次試験で数点足りず不合格
  • 町役場の試験では一次試験合格
     ↳ 二次試験(面接)不合格

自分の年齢が制限に近かったので不安でしたが、自分で決めたことなので、とりあえず頑張ってみることにしました。

そもそも「年齢で不利」とよく言われる理由

よく、

・「既卒だと厳しい」
・「年齢が制限に近いほど可能性は低い」

なんて言われますが、決してそういったことはないと思います


そしたら年齢制限を設ける意味がないし、「一生懸命頑張っている受験生はなんなの?」って感じですからね~。

年齢が制限に近くなるほどハードルが上がるから』という理由で、「不利だ」と簡単に言われてしまうだけではないかと思います。

そして、大きく分けて2つの理由があります。

① 現役と戦う必要があるから

まず、一次・二次試験どちらにも共通しますが「現役と戦わなければならない」ということです。

月日が過ぎれば過ぎるほど、教養の問題なんて忘れていく一方です。

そして公務員試験の教養の出題範囲なんて、計り知れない広さです。


それを既卒が一から学習し直すって、いくら時間があっても効率が悪すぎます。

そこがまず、年齢が上がるほど厳しいと言われる要因の一つであります

しかし逆に言うと、教養に関してある程度の自信があるのなら、全く不利なんてことはないです。

スポンサーリンク

② 面接で聞かれる内容の違い

一次試験に見事合格すれば、次に控えるのが面接ですよね?

この、面接で聞かれる内容が現役と比べて濃くなるので、ここでハッキリとした分かれ道ができてしまうのです。

実際に、現役と既卒では面接内容も大きく変わってきます


・「公務員になりたい動機」
・「公務員になったらどんな仕事をしたいか」


という定番の質問は共通しますが、以下のような点で違いが出ます。

現役

・大学で一生懸命取り組んだこと
・サークル活動で学んだこと
・卒論についての内容  

既卒

・長所を公務員の仕事にどう生かせるか
・前職と公務員の仕事内容の違い
・前職でどんなことを学んだか 

現役は堅苦しい質問だけでなく、「大学生活に関する質問」もたびたびあります。

これに対し、既卒の面接内容は基本的にお堅い質問ばかりです

KAO
KAO

一度社会に出た人の面接って、
どうしてもそうなってしまうのでしょう。

既卒の場合はこういった踏み込んだ質問が多いため、面接自体が不利なのではなく単に「伝え上手かどうかに左右される」ということなんです。

≫【公務員試験】既卒の面接で実際に聞かれた内容

年齢ギリギリでも合格は可能

私の知り合いに、年齢ギリギリで合格をもらった人も普通にいらっしゃいます。

以下は、実際の合格者の話です。

  • 大学卒業後約3年間アパレルの仕事に就き、地方上級試験を受験→ 合格
  • 29歳で国家公務員試験を受験(予備校)→ 合格

そして少し話が反れますが、最近の若者はこんな人達が多い現状があります。

  • 仕事に就いても長続きしない
  • 上司に叱られるとすぐ「パワハラ」と騒ぐ
  • 仕事に対する情熱が感じられない

ですから、前職を捨ててでも公務員になろうと決意した既卒の方が信頼できたり、忍耐力の面で期待が持てたりします。

よって結果は自分の努力次第であり、”年齢が不利”ということは絶対ありえないのです。

私が公務員試験を受験して思うこと

学生のパワーがとにかくすごい

現役だと学校で面接の練習を徹底したり、ライバルと切磋琢磨したりと、既卒に比べて非常にエネルギッシュな人が多いです。

そのため、若さという計り知れないパワーがあるせいか、面接でも生き生きと輝いています。

それに比べ既卒は年齢が上がるほど落ち着いているため、「周りの現役に比べると控えめに見られてしまう」というのも一つの要因と言えます。

KAO
KAO

見方によっては「落ち着いている≒熱意に欠ける…?」みたいな。

年齢の有利不利は結局は自治体次第?

私が実際に受験した感触で言いますと。

受験規模が大きい試験(国や県・市など)は、それだけ募集人数(採用人数)も多いため、年齢の有利・不利はそれほど気にしなくていいと思います。

しかし、町役場など募集人数が比較的少数の公務員試験だと、年齢がやや不利になっているような…そんな気がしますね…。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

今までの内容をまとめると、「年齢が不利」ということは、まずないと思ってください

しかし、採用側からすると”社会に出ている人”という認識でいるため、自然と良否の判断基準を現役より高めに設定してしまうのだと思います


したがって既卒で受験する場合、

ハードルをあげられている」というプレッシャーに打ち勝つことができれば、年齢なんて全く関係ありません!

あくまで、自分次第になります。

既卒で公務員試験を受験予定のみなさん!
自分を信じ、最後まであきらめず頑張ってください!

タイトルとURLをコピーしました