沖縄での台風直撃はすごかった!猛烈な暴風雨を体験し学んだ教訓とは

体験談

数年前に、沖縄で実際に体験した「猛烈台風」についての記事です。

私は元々九州住まいですが、沖縄に約2年間だけ住んでいた時期があります。

”台風は馬鹿にできない”と分かっていながらも、台風直撃の威力は想像以上に凄まじかったです。

今回その体験談とともに、そこから学んだ「教訓」も加えてお話していこうと思います。

スポンサーリンク

沖縄での台風直撃【台風接近まで】

当時の台風の勢力はと言うと、ざっとこんな感じでした↓

大きさ中心気圧(hPa)風速(m/s)
大型945~50

人生で「中心気圧945hPa直撃」を受けることになるとは…。

ちなみに、15年ほど前に九州で970hPaの直撃は受けたことがありました。

建物は基本頑丈だけれど…

沖縄って木造の建物はあまり見られず、鉄筋系でできた頑丈な建物が多いです。

それは台風対策のためなのですが、建物が頑丈だからといって絶対に安心とは限りません

突風などで何か物が飛んできて、”窓ガラスに衝突!”…ってこともあるからです。

猛烈な台風直撃する」とニュースで耳にしたので、慣れていない私はどうしていいか分からずにいました…(泣)

私が行った台風対策

台風対策と言えばおそらく、

・ 停電時に備え、懐中電灯・ろうそく等の準備
・ 保存できる水や食料の調達

などが浮かぶかと思います。

私もこれらの対策は事前にしていました。

その他には、ベランダの私物が突風で飛ぶ可能性があるのでしっかり固定したり、スリッパ等の備品は部屋の中に避難させたりしました。

そして、やらかしたのが「モバイルバッテリー」。当時所有していなかったので…。

今思えば、常備していなかったことを深く反省しています。

スマホがあればTVがつかなくても情報が得られるので、充電系の常備は台風対策には必須なのです。

スポンサーリンク

沖縄での台風直撃【台風接近】

とにかく「怖い」の一言

”嵐の前の静けさ”って本当にあるんですね~。

外が静かすぎて、「意外とそうでもないかな?」と思ってたら急に空が暗くなってきて、ビュービューなりはじめました。

家の中にいる以上は過度に心配する必要はないのですが、風の音があまりにうるさくて、それにビクビクしていました。

窓はガタガタなる
風はビュービューうるさい

部屋から見た外の様子

外を見ると樹木電柱が大きく揺れていたり、横殴りの雨風を目の当たりにしました。

駐車場に止まっている車も動いているように見えたり…。(怖)

そして、ちぎれた木の枝や看板、空き缶などが宙を舞っているのを見ると、冷汗が出ました。

車や部屋の窓に当たれば、とんだ損害ですからね~。

交通量も極端に減り、通行人はほとんど見られない状態でした。

怖くてなかなか眠れない

当時被害を受けた台風は速度が遅く、”沖縄本島でカーブして本州に近づく”という進路を辿っていたので、影響を受けている時間は長かったです。

そのため夜の間もずーっと「ガタガタ、ビュービュー」いってたので、恐怖で全く眠れませんでした。

時々おそってくる猛烈な突風も恐ろしかったです

停電が起こる

これだけ強い台風なら、絶対停電があると思っていました。

しかし、幸いにも私の家は停電していた時間が「わずか3時間」ですみました。

地域によっては「復旧まで3~4日」要したところもあったようです。

噂によると、近くに大型ショッピングモールがあったり、総合病院がある地域は民家の復旧も早いとか…!?

沖縄県民は慣れている?

普通の台風の直撃であれば、沖縄県民はそこまで恐れません。

しかし今回の猛烈な台風は、さすがの県民でも少し怖かったようです。

…にしても、県民は慣れています!

・冷蔵庫のものがダメになった~
・車が汚れたさぁ~

と身の危険より、あとからどうにでもなるようなことばかりを気にしている様子でした(笑)

スポンサーリンク

台風通過後の様子

通過後は何事もなかったかのように晴れました。

KAO
KAO

いわゆる「台風一過」です

暫くして外を出ると樹木や看板などが倒れていたり、「どこからきたの?」といったよく分からない空き缶やゴミなどが散乱していました。


それから沖縄でビックリした光景が、おのおののガソリンスタンドが長蛇の列!!

「何事だろう???」と見ていると、、どうやら「洗車」のよう。


そうです!!
沖縄は海に囲まれているため塩害があり、台風通過後は洗車に出向く人が多いのだそう。

それにしても、台風が去ってからたった数時間後に「ガソリンスタンド」が混むなんて…。

スポンサーリンク

猛烈台風を経験した教訓

人生初の猛烈な台風を経験して、いくつかの教訓がうまれました。

    台風前にすること

  • ■ ガソリンがギリギリなら給油をしておく
  • ■ 停電時のためのモバイルバッテリーの準備
  • ■ 懐中電灯や食料の調達
  • ■ ベランダ等の片付け
  • ■ 氷や保冷材をたくさん用意
  • 台風後にすること

  • ■ 車の洗車(塩害を防ぐため)
  • ■ 冷蔵庫の処理を早めに(停電した場合)

といったところでしょうか。

台風って、多くは夏から秋に発生します。

よって冷凍庫に「アイス」などが入っている家庭は多いと思います。真夏だと、停電したら数時間で溶けてしまいます。

そのため、猛烈な台風がくると分かっていたらたくさん買いすぎないことです。

冷蔵庫内の野菜や肉などは事前に氷や保冷材を用意しておき、電気が復帰するまで少しでも冷やしておくと無駄にならない可能性があります。

そして、停電の間は冷房や扇風機が使えません

KAO
KAO

部屋の中が地獄です。

そんな時に保冷剤うちわなどがあると、体を冷やすことができるので事前の準備が必要です。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

猛烈な台風を経験して思ったのが、「実際体験しないと分からない恐怖があり、それに伴い新たな教訓もうまれる」ということです。

地震のように前触れなくくる災害ももちろん恐ろしいですが、台風も去るまでに時間がかかるため、いろんな弊害をもたらします。


そして、今回の体験を通じてたくさん学ぶことがありました。

台風の被害に遭わないのが一番いいのですが…。

またいつか同じような体験をする場合、慌てることなく準備と対策ができれば少しは違うのかなぁ…と感じました。

台風の直撃に遭いそうなとき、ぜひ、この記事を参考にしていただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました