濡れた傘にはやっぱり珪藻土!傘立ては時代遅れ?おすすめアイテムの紹介

Amazon

濡れた傘の置き場所」、非常に困りますよね~。

そんなときは、”珪藻土”がおすすめです

「水分の吸収=珪藻土」

というイメージですが、よく見かけるのは、”バスマット”や”キッチン”での使用ですよね~。


しかし!!!
』にも使用できてしまうのです!

KAO
KAO

玄関にも珪藻土の活躍の機会が…!

「従来の傘立ては、もう時代遅れ?」

そう感じさせられる、『傘用のおすすめ珪藻土』を紹介していきます!

スポンサーリンク

濡れた傘には珪藻土がおすすめ

おすすめ商品について

形で想像できるかと思いますが、玄関の””に置いて使用します。

*こんな感じ↓

内部を拡大してみると段差があり、傘の先の滑り止め防止に配慮された設計になっています

濡れた傘を一時的に置くだけでなく、そのまま置いていてもOK!

こんな人に特に向いている

「買わなければよかった…」と後悔してほしくはないので、以下にまとめてみました。

  • 傘の置き場所はあまりとりたくない
  • 傘置き自体の掃除をしたくない
  • 玄関で圧迫感を感じたくない
  • 玄関が水浸しになるのを防ぎたい
  • 今どきの”傘立て”を利用してみたい

”傘の置き場所”に関して、このような考えを抱いているなら、珪藻土が向いていると言えるでしょう。

KAO
KAO

どれか”1つ”でも当てはまれば、珪藻土でいいかも!?

【ここがすごい】傘用珪藻土の魅力

ポイント①:掃除の必要がない

従来のボックス型の傘立ては、

・放置すればクモの巣が張る
・ほこりなどゴミが溜まりがち

という、メンテナンスの面で劣ります。


玄関を掃除することはあっても、傘立て自体を掃除することってあまりないですよね~。

しかし、この珪藻土なら掃除などの面倒な手入れが不要なので大変便利です

KAO
KAO

ほこりやゴミがあれば、本体をさっと傾けて払うだけ!

・防カビ
・吸水性
・速乾性

という特徴をもつため、お手入れに関して基本何の心配もいりません。

ポイント②:玄関がびちゃびちゃにならない

濡れた傘を玄関に置くときの悩みとして、

傘自体や、傘を置いた周辺がびちゃびちゃになる

という点があげられますよね。

しかし、珪藻土があれば、玄関の傘置き場周辺がひどくびちゃびちゃになることはありません。

傘を折りたたんでそのまま立てかけておけば、あとは放置でOK!

傘についてる水滴をしっかり吸収してくれるので、雨の日の玄関のジメジメとした雰囲気も軽減されます。

ポイント③:玄関の圧迫感を解消

非常にコンパクトで、軽量サイズの珪藻土

  • 持ち運びがラクラク
  • 玄関掃除の際も簡単に動かせる
  • 床と一体化するので圧迫感がない

とにかく”軽い”というだけで、いいことだらけです。

KAO
KAO

普通の傘立てにはもう戻れない?

ポイント④:処分のときも燃えるゴミで出せる

そして、いつかは寿命がくる傘立て。

珪藻土だと処分する時がきたら、燃えるゴミで出せるのもありがたいですよね!

箱型の傘立てだとおそらく、大型ごみになる可能性があるので、後々のことも考えるとコンパクトな珪藻土が魅力なのです。

スポンサーリンク

まとめ

濡れた傘をそのまま置いて、何も手を加えずとも、しばらくすれば水滴をしっかり吸い取ってくれます。

手軽・コンパクト・お手入れいらず』といった、今の時代にぴったりの珪藻土アイテム!

ちょっとでも気になったら、ぜひ使用してみてください!

タイトルとURLをコピーしました