「アパートの騒音」の件で弁護士無料相談を利用してみた感想

アパート騒音

私は現在「アパートの騒音被害」に遭い、管理会社に何度も相談している段階です。

管理会社の対応どまりで「裁判」までは考えていないものの、なんとなくプロのアドバイスが欲しく、弁護士無料相談を利用してみました。

始めは緊張して、何を発言したかあまり覚えていませんが、後半は慣れてきて勉強になったことがあります。

その会話の内容や、アドバイスいただいた点を今回記事にしてみました。

同じような境遇の方はぜひ参考にされてください。

スポンサーリンク

「アパートの騒音」の件で弁護士無料相談を利用してみた

はじめに

まずは現在の「アパートの騒音状況」を理解していただくため、軽く情報を載せておきます。

  • 木造アパート1階に住む夫婦世帯
  • 真上の子供の騒音(1歳半)に遭っている
  • 管理会社からは何度も注意してもらっている

管理会社から注意をしていただき、しばらくはよくなるものの、毎回1週間から2週間で元通りになります。

わざとではなさそうだし、悪化してるわけではないけれど…。
「配慮」が持続しないし、時には管理会社の注意前より騒がしいこともしばしば。

弁護士無料相談を利用しようと思ったきっかけ

私が、弁護士無料相談に行こうと思ったきっかけが以下です。

①「子供の騒音」について話を聞きたかった
②法に触れない程度に効果のある解決法を知りたかった
③管理会社にどこまで対応を求めて良いのか知りたかった

決して、管理会社の対応が悪かったわけではありません。

むしろよく言われる「管理会社は何もしない・役に立たない」といったイメージではなく、それなりに対応してもらえている方だと感じました。

KAO
KAO

これは「管理会社または担当者の技量」によるのでしょうね…。

しかし、騒音の原因が子供とはいえ、やや管理会社の対応に疑問を持っていました。

  • やたら22時まではと時間にこだわる(昼間なら騒音出してもいいの…?
  • 「木造なので仕方ない」という発言
  • 「音が気になるならマンションや戸建ての方がいいですよ」と言われる

こういったちょっとした発言に、私自身納得がいきませんでした。

そこで、一度でいいからプロの意見やアドバイスが欲しく、まずは弁護士無料相談という形で利用することにしたのです。

弁護士に相談したかった内容

相談の趣旨

今回の相談の一番の趣旨をあげるとしたら、

法に触れないよう
管理会社とうまくやりとりしたい

ということです。

騒音主と直接対決…となるとよけいにややこしくなるし、まずは管理会社に頼ってなんとかしてもらいたかったというのが根底にあります。

具体的な相談内容

相談は限られた時間内にいくつかしましたが、具体的には大きく分けて3つの内容を相談してみました。

  • 家賃の値下げ交渉はしていいか?(今の生活は快適とは言えないため)
  • 騒音が原因で退去したい場合、管理会社は引っ越し費用を出してくれるのか?
  • 子供の生活音の範囲について
スポンサーリンク

弁護士無料相談を利用してみて

はじめに:基本情報の記入

まずは、基本情報の記入からはじまりました。

名前や住所などの基本情報はもちろんのこと、「どういった相談内容か」を書く欄がしっかり設けてありました。

記入を終えた頃に弁護士さんが部屋に入室され、「いざ相談開始」といった流れでした。

弁護士より相談内容の答え

家賃の値下げ交渉は可能か?

管理会社に騒音の件で相談し、相手に注意してくれるものの数週間ですぐに元通りに…。

KAO
KAO

子供とはいえ木造アパートだし、対策は徹底してほしい…。

・・・ということで、子供だから多少は仕方ないにしても、明らかに快適とは言えない我が住居。

そこで今の家賃では納得がいかないため、きもち下げてくれたら少しは我慢できるかと思い、家賃の値下げ交渉を、管理会社に要求してみていいのかと相談!!

すると、

家賃の値下げ交渉OKとのこと

これには少し、テンションが上がりました。

たとえ交渉が失敗しても、それだけ快適ではないことをアピールできるし、「家賃下げられないなら、騒音主への注意喚起を強化してください!」…と、少し強めに出れるかもというたくらみがありました。

しかし、弁護士さんから注意点が。

交渉という形であれば、何回か粘ってみてもOK。
しかし、絶対に恐喝にはならないように十分注意して下さい。

と、教えていただきました。

なるほど!
言葉に気をつければ交渉OKなのですね♪

スポンサーリンク

騒音が原因で退去の場合費用は出してくれる?

「騒音被害がなければまだ住みたいのに、改善されないので退去したい場合、費用は出してもらえるのか?」という話ですが。

その退去費用を出す出さないの基準は、こういったことだそうです。

管理会社が、退去費用を出すに値する行動をした場合のみ考慮される。
(今回の件でいえば、騒音の注意喚起を管理会社がやることはやったかどうか)

KAO
KAO

…ってことは、残念ながら今の私の状況では、退去費用を出してくれる可能性は限りなくゼロのようです。

・・・そんなもんでしょうね~非常に悔しいですが。

しかし私はこれを逆手に取り、騒音が改善しなければ苦情を言い続け、相応の仕事はしてもらおうと強く思った瞬間でした。

子供の騒音について

弁護士さん曰く、子供の騒音についての見解です。

  • 原則的には「子供の騒音はある程度許容すべき
KAO
KAO

ガーン‥。あんなうるさいのに。
木造なのに考慮されないの?

騒音って感じ方が人それぞれだし、「コレ」というはっきりとした基準がない以上は難しいようです。


しかし、絶望したのも束の間!
こんなアドバイスをいただけました♪

  • 木造など建築構造によっても変わってくる
  • 管理会社に不手際があれば、そこはしっかり対応していただきたいと伝え、柔軟に対応してもらうこと
  • 子供でも走り回ったりなど騒音が著しければ、十分生活騒音になり得るということ

こういった内容を教えていただき、やはり相談してよかったと感じました。

スポンサーリンク

相談をおえた感想

以上が、弁護士無料相談の概要でした。


無料相談というと、

・聞いていい内容が限られる
・たいして相談を聞いてくれない

と、あまり期待できないイメージでしたが、決してそんなことはありませんでした。

担当してくださった弁護士さんの得意分野や性格にもよるかもしれませんが、なにより勉強になりました。

今後、管理会社とのやり取りには恐喝にならない程度に強めに出て、「できる注意喚起はどんどんしてもらう」という方向でお願いしようと思いました。

近隣住民の騒音で悩んでいる皆さん!!!

一度、無料弁護士相談に行かれてみてはいかがですか?

タイトルとURLをコピーしました