【騒音問題】管理会社に苦情を伝えたらこんな対応をしてくれる

アパート騒音

私は賃貸アパート住まいで、近隣の騒音被害に遭ったので管理会社に苦情相談しました。

直接騒音主に言うのを必死にこらえ、管理会社を通して苦情を言う選択をしました。

私と同じように苦情を言いたいけれど、「直接言うか…」「ここは管理会社を通した方がいいか…」など悩みますよね?

というかそもそも管理会社って、”どのような順序でどういう対応をしてもらえるのか”も気になりどころ。

それぞれ管理会社によって対応が多少違ってきますが、大まかな流れは共通しています。

そこで私が実際経験したことを踏まえ、「騒音の苦情を言った際の管理会社の対応」について、順にお話したいと思います。

一つの例として、参考にされてください。

スポンサーリンク

騒音問題における管理会社の対応

まずは管理会社による選別

苦情を伝えると、管理会社はその騒音内容を聞いて選別を行います。

KAO
KAO

”選別”って、どういうことでしょう?

生活音の範囲か否かの判断

苦情側が極端に神経質だったり、オーバーに苦情を言っていることも想定します。

そこで「騒音」と判断された場合、改善へ向けて動いてくれるのです。

その後の対応は、今から紹介する段取りで対応してもらえます。

その①:チラシ配りで様子を見る

まずは騒音主に直接伝えることはせず、「チラシ配りをして様子を見る」という対策をとります。

KAO
KAO

これは、基本分譲マンションでも同じみたいです。

では、どういう風にチラシが配られるのか?

匿名全世帯にポスト投函される ”というやり方がメジャーです

*建物内の掲示板にも同じ内容のチラシを貼り、住人が目に入るようにする場合もあるようです。

チラシの内容はというと、苦情内容が目立つように大きく太文字で書かれていました

その前後には、

  • 共同生活としてマナーを…
  • 快適な生活のためにご理解を…

のような決まり文句が書かれていました。

KAO
KAO

苦情内容部分だけを変えて、あとは定型文を使いまわしているようでした。

その②:匿名で管理会社が直接注意

直接注意の方法として、2つの方法があります。

・(匿名で)騒音主のみに宛てたチラシ配布
・(匿名で)管理会社から世帯主に電話で注意

電話で注意をすると、苦情内容が詳細かつ正確に伝えることができるので、チラシ配布よりもよく利用されていると思います。

初めての苦情だとまずは匿名にしておいた方が無難だと判断され、管理会社からは匿名での注意を勧められることがあります。

「匿名にするか名乗るか」については、基本的に自分たちが決定できます。

*”特定されるのが怖い”というのであれば、「匿名で直接注意してもらう」がいいでしょう。

その③:名乗って管理会社が直接注意

”名乗る”と言っても「下階から」「隣から」のように、場所でやんわり伝えてくれるはずです。

最初は勇気が必要ですが、匿名で注意するより効果が期待できます

【例】上階の騒音で困っている場合
  • 「下階からの苦情」と伝えると理解のある方なら、下階を意識して気をつけてくれるので、匿名より効果があります。

しかし、注意されたことで逆上したり、もっとうるさくなったり、嫌がらせをしてきたりする人も中にはいます。

そこは管理会社と相談しながら慎重にすすめる必要があります。

私の場合は、電話で言ってもらった方が手っ取り早いと思い、直接電話で「下階から」と注意してもらう選択をしました。

スポンサーリンク

訪問注意もあり得るのか?

実際は、あまり使われない方法です。

私が管理会社の担当者に聞いた際、「訪問して注意することは、基本行っていない」という説明を受けました。

例外があれば、訪問注意もあり得るのかもしれません。

初めての苦情の際、なかなか騒音主側と電話でコンタクトがとれない場合、最終手段で自宅訪問ということはありえるのかもしれません。

スポンサーリンク

騒音主へ注意してくれる範囲について

管理会社の対応の次に気になるのが、「注意してもらえる範囲」だと思います。

実際は、注意する内容が限られているのが現状です

細かく、あれもこれも注意してくれるわけではない

…というのは、管理会社は警察でも弁護士でもありません

管理会社で決められたマニュアルに沿って行動しているため、軽く注意喚起どまりになります。


以下が、私の例です。

「ある程度の生活音は我慢してください」と逆に言われたりします。(管理会社にとっては、たとえ騒音主でも同じお客様)
時間帯や音の種類によっては「それは注意できません」と言われることも。

KAO
KAO

基本は、中立的な立場で解決を図ろうとします。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

管理会社の対応の方法はこのようにいくつかありますが、段階を踏んで解決へと導いてくれます。

主観ですが、騒音が続いて何回か管理会社に相談する場合、今回お話したような順序で相手に注意してもらった方がいいと思います。

そうすれば、大きなトラブルになる可能性は低くなるのです


「これから苦情を伝えてみよう」と思っている方は、ぜひ参考にされてください。

タイトルとURLをコピーしました