【実話】アパートの騒音体験談②~管理会社に連絡からチラシ配布~

アパート騒音

【実話】アパートの騒音体験談①~入居からうるさいと感じるまで~ の続きのお話になります。

スポンサーリンク

【実話】アパートの騒音体験談②

管理会社に連絡をする

とりあえず、この上階の騒音がなんとかならないものかと、ネットで調べまくりました。

すると、改善を求めるのであれば「管理会社に相談するのが1番」という意見が多数。

直接苦情を言いに行くことも考えましたが、大きなトラブルになっては取り返しがつかないだろうと思い、無難な選択をすることに…。

ということで早速、思い立った次の日に管理会社に連絡してみました。

”管理会社に連絡”といっても、寄せられる相談内容は騒音以外にも様々でして…。

内容ごとに振り分けるためなのか、とりあえず「アパート内の騒音の件です」と電話の相手に伝えました。

その日には何も連絡がなく、実際に連絡がきたのは数日経過してからでした。

担当者から連絡が来る

担当者から連絡がきたときは、何かから解放されたような感覚でした。

やっと聞いてもらえる!」みたいな。

騒音で悩んでいることを詳細に伝えると、一通り聞いてもらえました。

しかし、ただ一つ!

「2階はクッションフロアになっていますが、
それでも結構うるさいですか?」と…。

耳を塞ぎたいほどうるさいのに、いかにも「構造はそれなりにしっかりしていますよ」アピールをされ、ちょっと微妙な気持ちになりました。

全世帯にチラシ配布されることに

まずは「アパートの全世帯に注意喚起チラシ配布」を提案され、その方向で進めることになりました。

もちろん最初は、匿名通報という形で。

そして相談して3~4日後に、チラシがちゃんと投函されていました。


チラシの内容をザックリ言うと、

  • 騒音の苦情内容だという前置き文
  • 実際に私がお伝えした内容
  • 共同生活でのマナーを見直してもらうこと

といったことが、”A4の紙”に書かれていました。

封筒などに入れずに、そのまま2つ折りにしてポストに投函してありました。(自分たちのポストにも)

「なんとかチラシでおさまってくれ~!」

と、心の中で願っていました。

管理会社とのやり取りの一部
「チラシで改善された例ってあるのでしょうか?」と聞いてみると、「正直多くはないですが、以降相談が来なくなった例はあります」とのこと。

それを聞いて、また複雑な気持ちになりましたが…。

スポンサーリンク

チラシを配布した後の効果は?

チラシが配られてから、注意深く数日様子をみた結果・・・

正直…微妙

変わったことと言えば、相談できた安堵感からなのか、自分が音に対してほんの少しだけ気にならなくなったくらい。

またなんかあればいつでも相談できると思えば、自分自身の許容範囲が広くなったような感覚です。

しかし、冷静に考えると良くも悪くもなっていない…!?

つまりは「効果なし」でした。

チラシ配布後に思うこと

こういう場合、「自分たちのことかな?気を付けよう…」と思わないんでしょうか?

チラシに「」というワードを出していた時点で、2階に住んでいる世帯が原因と絞られるのに。

ちなみにうちのアパートは、2階建で数世帯しかありません。

私は「周りに迷惑をかけたくない」と思う性格なので、逆の立場なら自分たちの生活を見直し、とりあえず改善に努めると思います。

効果がさほどないことに、日に日にイライラしていました。


それにしてもどこまでが親(夫婦)が出す音で、どこからが子供が出しているのかは不明です。

続きはコチラ

タイトルとURLをコピーしました