賃貸退去の際床や壁の傷はどこまでOK?請求されないためのアドバイスも

体験談

賃貸物件の退去が迫ってきたら、不安になること…。

そう、「退去費用の請求」。

などにつけてしまった傷は、果たしてどこまでOKなのか??

事前に部屋の状態を専門的な人に見てもらい、費用発生の目安などを判断してくれたら退去までびくびくせずに済むのになぁ~なんて考えます…。


私は今までに何度か賃貸の退去を経験しており、分かってきたことがあります。

この記事では、以下の3点に分けて紹介していきます。

①傷のボーダーラインって?
②私の実例
③請求を防ぐためのアドバイス

スポンサーリンク

床や壁などの傷のボーダーラインって?

みなさん気になるのは、「どのくらいの傷からアウトなのか」ということだと思います。

実際のところ、”判断は難しい”と言えます。


なぜなら状況が人によって違うからです。

  • 退去後に部屋をチェックした担当者
  • 築年数の経過具合
  • 経年劣化や通常消耗かどうか など

誰が見ても「これは…」と思うようなひどい傷以外は、意外と部屋をチェックしに来た担当者の判断に左右される気がします。

汚れの種類や程度って実に様々だから、判断が難しい。
結局は「」のような気がします。

そして、もう一つ言えることがあります。

第三者目線で見たときに傷や汚れを不快に思うか、あるいは簡単に直せない傷であるか」という点で、大きく分かれます。

スポンサーリンク

【実例】私が入居してつけた傷と請求費用

ケース①:床にやや深めの傷

”キッチンバサミ”をうっかり床に落としてしまい、深い傷が2か所…(泣)

見た目でハッキリわかるし、手で触れてみると傷の深さが分かり、結構でこぼこしています。


しかし気になる請求金額は…

でした(^^)


この傷が一番心配だったのですが、意外とこんなもんでしょうか?

KAO
KAO

ふぅ~…一安心

ケース②:壁にあけた穴

分かりますでしょうか?

少し遠くから見た写真もどうぞ!

1~1.5cmの陥没した穴

虫退治の際に、うっかりあけてしまった穴…。

ホワイトカラーのクロスなのでなかなか目立ちますが。

気になる請求金額は…

でした。

その他:細かい汚れや傷

生活してると、どうしても傷や汚れは多少できてしまいます。

KAO
KAO

全面隙間なくマットを敷かない限り、無傷は無理!
生活をしてきた空間である以上、ある程度は多めにみられます

そういった傷や汚れは通常消耗とみなされ、「範囲が広い」「部屋のどこそこにある」というような場合でない限り、基本請求はきません。

もし請求が来たとしても「通常消耗の範囲では?」と、自分が納得するまで話してみるといいかもしれません。

(私の)請求費用まとめ

2件の過失+多少の床の汚れや傷など:請求金額「0円

スポンサーリンク

費用を少しでも0に近づけるためのアドバイス

自分で直せるものは直しておく

傷や汚れの種類や程度によりますが、念には念を入れたい場合、自分で直せるものは自分で修復しておきましょう

誰でもやりがちな”画鋲の跡”や”クロスの汚れ”などは、市販の修復関連グッズで簡単に直せることがほとんどです。

KAO
KAO

というか少しであれば、そのままにしていても請求されないかも?

自分で直す場合、お店で数百円で買えるものばかりです。

退去後に請求される修繕費用よりは、格段に安く済みます。

部屋の掃除はある程度しておく

退去後に担当者がお部屋をチェックする際、ある程度キレイに清掃されていると、請求費用が低くなる可能性が高くなります。

理由は、以下からです。

  • 傷でなくても、汚れが著しい場合は費用を請求されることがある
  • 部屋がキレイだと、細々こまごまとした傷や汚れがたいしたことなく感じる

後者はとても重要!!!
どういう意味でしょう?


修繕費用の有無を判断するのは、基本的にはその物件の管理会社の社員です。

そこで、”部屋中どこそこ汚い、そのうえ傷や汚れも目立つ”…となると、何かにつけて修繕費用を請求したくなるものです。

しかし、ある程度清掃されたお部屋でちょっとの傷や汚れを見つけても、退去後の清掃範囲内でおさまることが多く、請求までされずに済むということです。

KAO
KAO

管理会社側の心理で、大目に見てくれる可能性が高くなるということです。

次の入居者の立場になってみる

”次の入居者の立場になってみる”

単純ですが、これも結構大事な考え方です。


自分が住み慣れた空間って、汚れや傷があっても見慣れてきます。

しかし、自分が入居してきた当初を思い出してみると…。

部屋の小さな傷汚れも目についたはず

したがって第三者目線で今一度部屋中を見渡し、「ちょっとこれは…」と感じるような傷は、請求される可能性が高くなるかもと捉えましょう。

管理会社も、次の入居者にはできるだけきれいなお部屋を提供したいところ!
よって、たいしたことのない汚れや傷程度なら、直さなくても次の入居者は気にならないだろうと考え、退去時の請求がこなくなります。

その場合自分で直せるものは直し、汚れであれば”磨いてみる”などの努力で、請求を逃れる可能性が高まります。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

私の実際のケースも含め、紹介させていただきました。

少しでも請求費用を下げるためのアドバイスも加えてみましたが、参考になったでしょうか?

普段の生活で、床や壁そしてドアなどを丁寧に扱えるよう意識できればいいのですが、「うっかりやってしまった…」ということも多々あります。

その際には今回の内容を思い出していただき、請求が極力0になるよう適切に対処していただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました