近隣の生活音を気にしない方法!コレを実践できれば今日から楽になる

アパート騒音

集合住宅において、近隣の生活音にお悩みの方!!!

自身でできる対策を、何かしているでしょうか?

  • すでに相手に苦情を伝えている人
  • 言いたくても言えずに我慢している人

など、状況はそれぞれだと思います。


生活音がうるさい相手を憎んだり、音が気になっている間は、なんとなく時間がもったいないですよね~?

したがって、

近隣の生活音を極力気にしない方法

があれば、喜んで実践したいはずです。


そこで今回、騒音の被害にあっていた私が、実際に試して、それなりに気にせず過ごせている方法をご紹介します

ぜひ、同じ悩みをもっている方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

【はじめに】生活音が気になる人に共通すること

近隣の生活音が目立つと、「イライラ」という感情が沸き立つかと思います。

KAO
KAO

あまりに日々の生活音がひどいと、以下ような症状に見舞われます。

  • 心臓がドキドキしてきて脈が早くなる
  • 普通の呼吸がしずらくなる(苦しい)
  • なんとなく体調が優れない

こういった症状の経験があるかないかは、人によると思います。

私も経験しましたが、あまりにうるさくて長期間にわたると、結構体に負担がきてしまいます。


そして、こういったことも共感していただけるかと思います。

  • 本来許されるはずの小さな音まで気になりだす
  • 聞きたくないはずなのに自然と耳を傾けてしまう

ここまでくるとやはり、「音を気にしない方法」をうまく、実践する必要があるかと思います。

スポンサーリンク

近隣の生活音を気にしない方法

自分自身の音に対する「考え方」を変える

集合住宅だからと多少は割り切る

ある程度の生活音は、自分の中でうまく割り切ることが必要です。

「ちょっとうるさくない?」と認識しても、

・”短い時間なら”
・”たまになら仕方ない”

と、自分に言い聞かせてみたり。


…といっても、実際気になってしまうんですよね~。

そのような時に以下のように考えると、少し気が楽になります。

★ もし違う住人だったら、もっとひどい可能性もあったかも…!?
★ 集合住宅は、価値観や生活スタイルが違う人ばかりの集合体
★ 自分が静かにしている時に気になるって…自分の都合では?

このような考えをもち、自身を落ち着かせることも大事です。

相手を見極め必要に応じて心の中で見下す

・早朝・深夜帯で生活音を頻発
・苦情を言ってもおさまらない

といったような、かなりやっかいな場合…。

自分のイライラをうまく抑え、以下のような考えにシフトさせましょう

・大人にもなって、マナー・常識すら知らないかわいそうな人
・まともに取り合ってたら、自分の時間がもったいない

どんなに言っても改善しない人間って、意外といるみたいですね~。

自分が悪いくせに、逆上したり…。

KAO
KAO

世の中、いろんな人がいますからね~。

そういった極端な場合、いわゆる「普通じゃない・おかしい人」なのです。

よって、以下のような対策をとりましょう!

  • 必要に応じて「自ら引っ越し」
  • 全く相手にしない
  • 飽きれて心の中で見下しとく

引っ越しってお金も労力も必要だし、そう簡単には決断できないのは十分承知です。

ですが、そういったいわゆる”ヤバイ人”が近隣に住んでいると、何もいいことがありません。


ある程度自分なりに期間を設け、それでも周囲の騒音がやまない、気になるのであれば、引っ越しを視野に入れると楽になります。

自分の過去を思い出してみる

近隣の生活音が気になると、こんな気持ちになりませんか?

・自分は迷惑をかけられ、ひどいめに合っている 
・ふつう集合住宅なら、もう少し周囲に気を遣うよね?

しかし、自分も生きてきた中で、無意識の間にいろんな面で他人に迷惑をかけてきたはずなのです

  • 子供の頃、うるさくて周囲に迷惑をかけていた
  • 悪気はなかったのに、人にとっては傷つく言葉を言ってしまった
  • 自分の起こした行動で、相手をケガさせてしまった など

上記は例です。

しかし、このように自分の今までの行いを思い返すと、なんとなく少し楽になりませんか?


そうです!!

自分も他の場面で、気づかないところで他人を悲しませたり、迷惑をかけている可能性は十分にあるのです

KAO
KAO

誰かに指摘されないと、気づかないことってたくさんあるはずです。

それがたまたま今回、逆に自分が生活音の件で迷惑をかけられているだけの話!

そう考えると、生活音に対して少し許容範囲が広がります。

スポンサーリンク

【具体対策】周囲の生活音から気をそらす

リラックス系BGMを流す

音楽は、紛らわすのには手っ取り早い方法です。

Youtubeなどで検索すれば、リラックス系BGMがたくさんヒットします。

KAO
KAO

音の軽減」「リラックスできる」という、2つの面で効果があります。

生活音うるさい隣人がいても、24時間絶えず音を出し続ける人ってまずいません。

なので、特に周囲の生活音が気になる時に、音楽やBGMを取り入れると効果があります。

在宅の時間を少しでも短くする

音を気にしない一番の特攻薬は、これに尽きます!

 音から少しでも離れること

これが上手にできれば、これ以上絶大な方法はありません。


「在宅中、あるいは、在宅時間が長いから音が気になる」ということですからね!

生活音が気になる時間がだいたい決まっていれば、可能な限り、その時間帯の外出を試みましょう。

もちろん、近所を散歩したり、ちょっと買い物に行ったりなどでもOK!

不在の時間が長いほど、頭がリセットされやすいのです

より効果がある外出
  • 宿をとって、旅してみる
  • 実家や親戚の家、友人の家などにお邪魔する

家から離れている時間が長いほど効果が高いので、「丸一日、あるいは数日家を離れてみる」というのも良いですね。

【グッズ対策①】耳栓をする

耳栓は遮音性が高いものを使用すれば、それなりの効果を発揮します。

KAO
KAO

安い耳栓だと、あまり効果は得られません。

最近では、ある程度の生活音はカットできてしまう、優れた耳栓がたくさんあります


ちょっとここで少し私の話になりますが、耳栓でこんな音も遮断できています。

  • 深夜の子供の走り回る音
  • 大きなものを落としたような衝撃音

正直なところ、全く聞こえなくなるわけではありません。

ですが、

「ドスドス」といった足音
「ドーン」という衝撃音

などが、ソフトに聞こえるようになります。


そのため、手軽に利用できる方法としては、最適と言えます。

以下の耳栓は私が実際利用していますが、怖いくらい周囲の音をかき消せます。

KAO
KAO

まるで、「音のない世界」に迷い込んだみたい。

【グッズ対策②】ホワイトノイズ

今、一部の人の中では有名な、ホワイトノイズ

海外では、近隣の騒音対策に普通に使用されているようですが、日本ではまだ浸透していないようです。

音(雑音)をこのホワイトノイズが、丸め込んでくれます

実際に使用すると、この言ってる意味が分かると思います。

気になる音をホワイトノイズがうまく巻き込み、自身の耳に届く音が、雑音に混じって聞こえるようになります

KAO
KAO

音をマスキングしているので、かなり軽減されます。

「ドーン」という大きな音でも、置く場所や音量を調整すれば、ビクビクしなくていいくらいになるのです。

私が実際に購入し、レビュー記事として詳しく書いています

スポンサーリンク

この記事のまとめ

以上が、「近隣の生活音を気にしない方法でした。

大きく分けて、

音に対する考え方を変えること
音対策グッズを使用してみる

の2通りで紹介しましたが、できれば全てを取り入れることで、早速今日から気が楽になります。

実際に、少し神経質気味の私ですら、それなりに気が紛れている方法です。

ぜひ、近隣の生活音対策に試してみて下さいね!

タイトルとURLをコピーしました