【体験談】妊婦の糖負荷検査はこんなかんじでした!結果は正常

妊娠

糖負荷検査を、妊娠9カ月で受けてきました!

私が通っている産婦人科では、全員が実施するのではなく、

妊娠糖尿病の疑いがある人

にしか、検査は実施しないようです。

*産院によっては、全員に実施することもあるのだそう!?

結果は「正常」でしたが、検査の内容や受けたきっかけなど体験談として記載していきます。

スポンサーリンク

糖負荷検査を受けたきっかけ

冒頭にも記載した通り、積極的に妊娠糖尿病を疑われたわけではありません。

赤ちゃんが標準より大きい

こういった理由から妊娠糖尿病を除外するため、糖負荷検査を受けることになりました。


ちなみに、

  • 尿糖検査:マイナス
  • 体重増加:+4kg

と、その他の検査では、妊娠糖尿病の疑いは低めではありました。

KAO
KAO

念のための検査です。

スポンサーリンク

検査までの1週間の過ごし方

私の場合、糖負荷検査まで1週間あったので、食生活を見直したりしました。

  • 定期的なウォーキング
  • 炭水化物を摂りすぎない
  • スイーツはいつもより控えめに

・・・といっても、もともと甘いものは大好きで、スイーツを極端に制限するのはつらいので…。

糖質カットされたお菓子”を調べまくり、ネットでまとめ買いしていました♪

そして前日は、

  • 夜22時以降の飲食×
  • 早めに就寝する

という2点を守り、当日を迎えます。

スポンサーリンク

糖負荷検査当日の詳しい内容

検査当日の朝の様子

当日の朝は、

  • 朝食は抜き(水やお茶は○)
  • 朝一で来院すること

と、事前に産院で言われていた通り実行しました。

KAO
KAO

妊娠後期で食欲旺盛だったので、朝食抜きはつらい…。

糖負荷検査の内容

簡単に検査の流れを説明すると、

空腹時の採血トレーランG液75g(225ml)を飲む
(…1時間後)
2回目の採血
(…さらに1時間後)
3回目の採血

といった流れでした。

*イメージ画像

「トレーランG液75gの味は?」
⇒サイダーに似た味。炭酸感はそこまで強くなく、微炭酸の印象。
若干粘り気があるような…!?まぁまぁ美味しい!

最初の1時間待ちで、妊婦検診(体重・血圧・超音波検査など)を一通りしました。

余った時間は車で待機し、スマホで時間を潰しました。

KAO
KAO

待合室で待っても良かったのですが、コロナ対策で車で待つことに。

そして2回目の待ち時間は、産院周辺を30~40分かけて散歩して時間を潰しました。


そんなこんなで、計3回の採血

KAO
KAO

3回とも右腕で採血!注射が3つできました。

そして採血と採血の間の待ち時間は、水やお茶などの糖分が含まれていない飲み物ならOKということで、水分補給はしっかりと行いました。

数日後に結果が分かる

すぐに結果は出ないということで、数日後に産院に電話で聞くことになりました。


結果は「正常」でした(^^)


そこまで妊娠糖尿病の心配はしていなかったのですが、なんとなく結果を聞くまではやはり不安でした。

でも、妊娠糖尿病は否定されてよかったです。

*ということで、赤ちゃんが大きいのは、ただ単に大きいだけの可能性

KAO
KAO

遺伝?食べ過ぎ?動かなすぎ?…。

スポンサーリンク

糖負荷検査を終えて

朝一で産院に来院したので、丸々午前中がつぶれた形になりました。

その日の昼ご飯は、絶食時間が長かったせいかお腹が空きまくっていたので、がっつり食べられるマックに直行っ♪

KAO
KAO

検診を終えた日くらいは、糖分、塩分はあまり気にしたくない!

妊婦ってほんと気を遣うことばかりで、ストレスたまります…。

しかし、生まれてくるかわいい赤ちゃんのためですからね~。



「糖負荷検査」をこれから受ける方!!!

あくまで私が通っている産院での体験談なので、検査内容に若干の違いがあるかと思います。

参考程度に思っていてくださいね(^^)


以上、実施した「糖負荷検査の体験談」でした。

タイトルとURLをコピーしました