沖縄の海水浴で慌てないために!持ち物リストや便利グッズを紹介

沖縄

沖縄での海水浴!!!

せっかくの観光なのに「忘れ物をしてしまった…!」と、海水浴を台無しにしてはもったいない話。

しかも沖縄は本州の海と違って透明度が高く、海の中のサンゴや魚などの生物を観賞できます。

よって「事前の持ち物チェック」はしっかり行っておくべきであり、必要に応じその他便利グッズがあれば、より沖縄の海水浴を満喫できるのです。

今回、海水浴に必須の持ち物リストをあげ、次に沖縄だからこそあると楽しめる便利グッズを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

【沖縄での海水浴】持ち物リスト

水着

水着は、海水浴するなら必需品中の必需品です。

KAO
KAO

これを忘れたら、ただの海の観賞しかできません!

大きい海水浴場だと、種類は少ないもののちょっとした水着が売ってあったりしますが、割高だったり好みのデザインは見込めません。

出かける直前の持ち物チェックをしっかり行っておきましょう!

タオル・バスタオルなど

タオルの主な使用用途は「体を拭くこと」ですが、他にも必要な場面があります。

  • 髪の毛を拭く
  • 休憩時に体を覆う
  • レジャーシートが汚れたときに拭く など

よって、自分が必要だと思う枚数をしっかり確認し、1枚ほど多めにあると役に立ちます。

ビーチサンダル

普通のサンダルでもOK!

しかし、水はけの良いサンダルがベストになります

*トイレやロッカーなどの往復路で必要です

真夏の日光ガンガン照りの海水浴は、コンクリートや砂浜の温度は想像以上の熱さになります

下手すれば足の裏がやけどするので、持参は必須になります。

スポンサーリンク

レジャーシート

砂浜に敷く用に必要
 ・場所確保の意味
 ・荷物の置き場
 ・休憩時に座る、寝転ぶ

意外と忘れやすいので、レジャーシートは要チェックです

海水浴を思いっきり楽しむと、海からあがって休憩のときに仰向けになりたくなります。

…となると、少し大きめのレジャーシートを用意しておくと◎です!

着替え類

行きで着てきた下着・洋服でいいという方は必要ありません。

しかし夏は汗をかくので、替えの下着類くらいは持って行った方が無難です。

ビニール袋

*大中小、様々なサイズのビニール袋を用意しておく

ビニール袋があると、こんな場面で役に立ちます。

  • ゴミ入れ
  • 使用済みの水着入れ
  • その他、濡れたものを入れる袋として

ビニール袋はかさばらないので、多めに持っていって損はないでしょう。

日焼け止め

女性だけでなく、できれば男性も日焼け止めは必須です。

沖縄の紫外線は半端なく強い

肌を焼きつくしている人なら慣れているからいいのですが…。

そうではない限り、ガチで肌がやけどします

真夏であれば多少曇っている日でも、必ず持参しましょう!

スポンサーリンク

海水浴に持参した方が役立つもの

飲み物

最低限300~500mlの飲み物は、事前に準備して持っていくと良いでしょう。

しかし衛生面を考えると、海水浴場の売店自販機などで直前に購入した方が良いかもしれません。

注意点として、たまに自販機すらない海水浴場もあるため、事前の確認は必要です

ラッシュガード

ラッシュガードがあると、肌が隠れている部分は日焼け止めいらずで乗り切れます。

KAO
KAO

特に女性は利用している人が多いです。

余談

毎年使う機会がない人は「しまむら」での購入がオススメ!
他の店よりも数千円安く手に入るのに、機能性も十分です。

帽子&サングラス

海水浴中以外はパラソルの下にいたとしても、場所時間帯によっては体のほとんどが日差しに当ってしまうこともあります

荷物が多くなりますが、日光をあまり浴びたくなければ持参しましょう!

スポンサーリンク

ティッシュ類

ティッシュウエットティッシュ両方あればなお◎!

ご飯の時や、砂などで手が汚れたときに重宝します。

ティッシュが多めにあれば、公衆トイレでトイレットペーパーが補充されていない時にも役に立ちます。

意外とたくさん使うので、多めに用意しておけば安心ですね♪

虫よけスプレー

海水浴場に草木がたくさんあるような場所では、がいることが多いです。

海水浴中は刺されることはほぼありませんが、休憩中などを考え万全を期したい人は持っていきましょう。

ドライヤー

海水浴場の脱衣所に、コンセントがあるかどうかは場所次第です。

KAO
KAO

温泉施設ではないため、ドライヤー自体が置いてあることはほぼありません。

髪を濡らしたまま帰宅するのが抵抗がある人は、念のため持参すると安心ですね。

ただし、コンセントの事前確認はしておきましょう。

その他:遊び道具類

浮き輪ボールがあると、さらに海水浴が楽しめます。

お子さんがいる家庭は、必要に応じてゴーグルヘルパーなどがあると充実します。

その際は「エアーポンプ」が必要になりますが、無料で貸し出してくれる海水浴場が多いです

エアーポンプの有無を、事前にチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

レンタル品について

パラソル

海水浴場によって違いますが、基本的にパラソルは有料のことが多いです

値段はレンタルで1日1000円だったり、高くて3000円超…と様々です。

海水浴を短時間しか利用しないのであれば必要ありませんが、あった方が日差し除けになります

その他遊び道具類

沖縄では、シュノーケリンググッズなどもレンタル品として揃えてあったりします。

一般的には、

  • ビーチボール
  • 浮き輪
  • デッキチェア
  • ゴムボート

などが、メジャーなレンタル品です。

事前に、電話やホームページなどで確認しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

海水浴に使える便利グッズ

防水スマホケース

なくても楽しめるけど、あるととても便利なグッズです


海に潜り、そこからの眺めや水中の撮影ができたりするので、特別な写真が撮れちゃいます♪

機能はそれだけではなく、小銭などのちょっとした貴重品も入れて持ち歩くこともできます。

沖縄の海水浴場では持っている人が多いので、事前に検討しておくと良いです。

防水ポーチ

様々な貴重品類を入れ、水中でも持ち歩けるから大変便利です。

どの海水浴場でもロッカーって意外と遠かったりするので、防水ポーチに入れて行動すると時間を無駄にせず、効率よく海水浴が楽しめます。

アウトドアチェア

休憩中に使うレジャーシートだと汚れてしまい、帰るときに畳むのが大変だったりします。

そこで、簡易イスがあると何かと便利です。

お尻も熱くなりにくいので、荷物が増えることに抵抗がなければ検討してみると良いでしょう。

アクションカメラ

沖縄の海の透明・キレイ度は感動レベルです。

よって、水中の様子や海水浴中の様子を動画におさめるのであればアクションカメラがおすすめ!


他の用途として、一時的なドライブレコーダー代わりに使用できたりするので、海水浴だけでなく持っておくと様々な場面で活躍できます♪

もし、使用場面がなくなったら、メルカリなどで売るのもいいですね!

スポンサーリンク

この記事のまとめ

以上が、沖縄の海水浴で困らないための持ち物リスト便利グッズの紹介でした。

現地で「持ってくればよかった~」とならぬよう、万全の準備で沖縄の海を楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました