【体験談】親知らずの抜歯後に口が開かない!戻るまでの2週間の記録

体験談

一般的に、上よりも下の親知らずの抜歯の方が大掛かりです。

そして下の親知らずだと、抜歯後の治りも遅いのはよく知られていますよね~!

私は4本すべての親知らずを抜歯していますが、左下の親知らずの抜歯では、とにかくいろいろとやられました。

その中の一つの、「口が開かない」との闘いについて一記事にまとめましたので、ご覧下さい。

スポンサーリンク

親知らずの抜歯後に口が開かない!治るまでの2週間

抜糸までの口の開閉状況

左下の親知らずを抜歯した際は歯茎を切開したので、1週間後に糸をほどきに(抜糸)いく必要がありました。

それまでの間は口がほとんど開かず…

●縦指:約1.5本分ほど

奥歯までしっかり歯磨きができないのはもちろんのこと、ご飯も食べられるものが限られていました。

しかし、ここまでは抜歯後であれば誰にでもあり得えるので、特に心配しなくてOKです。

抜糸しても口が開かない

そして1週間後の抜糸ー。

「糸を取れば口が開くだろう」と思っていましたが、

さらに数日たっても開かない

という予想外の事態に、私自身焦りが出始めました。


抜歯した歯医者にこのことを相談すると、

一度来院されて下さい

と言われたので、急遽受診することに・・・。


到着すると抜歯をしてくれた歯科医ではなく、副院長に対応が変わりました。

私の不安を煽らないように接してるのが、伝わってきました。

抜歯して結構時間が経っているのに、口を大きく開けてもほとんど開かないことに関し、あまりこういった例がないような反応だったのです。

KAO
KAO

一生、口がこのまま開かなかったらどうしようという不安…。

● 抜歯10日後:縦指2本分ほどしか開かず

抜歯した歯科で治療をうける

口が開かないという状況で「来院してください」と言われ、どんな処置をするのかとドキドキでしたが…。

その方法は、なんともアナログ!!

力ずくで、手で口をこじ開ける

KAO
KAO

まぁ~痛かったです。顎関節がミシミシいってました。
歯科医の手が大きかったので、よけいに。

でもビックリ!!!

処置後に鏡を見ると、+指1本分くらい口が開くようになっていました

しかし問題は一時的な回復ではなく、この状態が保てるのかですが・・・。


おおかた保てました

● 処置後:縦指3本分ほど開くように

自宅でセルフトレーニング

それからは、数日かけて家でも口が元通りに開くように、セルフトレーニングを実施していました。

もちろん、無理はしない程度に。

  • 顎関節をほぐすようにマッサージ
  • 無理やり大きく口を開けてみる

これらを、自宅にいる間はこまめに実施していました。


そんなこんなで抜歯して約2週間が経つと、ようやく回復の兆しが見え始めました。

抜歯2週間後にようやく回復する

今思えば”たった2週間”ですが、口が元通りに開かないのは想像以上にツラく、不安との闘いでした。

KAO
KAO

当時は、時間の経過が1か月くらい気分でした。

元々私の口は、”縦指4.5本分ほど”開いていましたが、抜歯後2週間でほぼ普段と変わらないくらいに回復しました!

● 抜歯後2週間:縦指4本分ほど開くように

それからはゆっくり時間をかけ、気づいた頃(抜歯して数か月)には、元よりも口が開くようになったかの如く良くなりました♪

セルフトレーニングがよかったのか、自然経過だったのかは不明ですが、とにかく元通りになってよかったです(^^)

スポンサーリンク

同じように抜歯後の口の開閉に悩んでいる方へ

なぜ、口が完全に開くまでに、こんなに時間がかかったのかは分かりません。

ですが、いろいろと考えて思い当たることとして、

  • 普段から歯ぎしりがひどかった
  • 抜歯中、緊張で口を開けている間力を入れていた?
  • 元々顎関節症っぽい症状あり

などが考えられます。

個人の見解ですが、おそらくこのような要素が複雑に絡み合って、今回のような状況になったのだと思います。


実際に、私と同じように抜糸してもなかなか口が開かなくて不安に思っている方は、私の経験談を参考にし、回復に努めてもらえたらと思います。

大丈夫です!!!

いつかは必ず開くときがきますので、信じて時が過ぎるのを長い目で待っていてください。

スポンサーリンク

まとめ

以上が、私の「抜歯後に口が開かなくなった2週間の記録」になります。

下の歯の抜歯って、思っていた以上に大掛かりで治りも遅いので不安になるかと思いますが…。

個人差があります

数日で日常の生活に戻れる人もいれば、私のように丸々2週間かかる場合があります。

私は、歯医者選びにも失敗したかな~と思っているので、これからの方はぜひ、歯医者選びにも力を入れてみてください。

タイトルとURLをコピーしました