【親知らず抜歯体験より】歯医者の選び方!間違えると抜歯後の経過が変わる?

体験談

親知らずの抜歯は、初めてだと緊張しますよね…!

私は、初めての親知らずの抜歯で、一度苦い体験をしています。

そのせいで抜歯がトラウマになってしまい、その後はすべて違う歯医者で抜歯をすることになりました。

そして抜歯の説明からやり方まで、歯科医師でかなり差があるということも分かったのです。


歯医者を3か所転々と巡って思うことや、

歯医者の選び方次第で、抜歯後の命運を左右する

ということを伝えるため、記事にしました。

「親知らず抜歯の歯医者選び」の参考にされて下さい。

スポンサーリンク

歯医者の選び方次第で抜歯後の命運を左右する

まず、はじめに!

KAO
KAO

歯医者選びは、とっても大切です。

実際に、親知らずの抜歯を4回経験したからこそ、はっきり言えることです。

ですが、そんなふうに言われると、

「やっぱり抜歯は怖いの?」

と思いますよね…。


大丈夫です!!!

歯医者選びを間違えなければ、怖くありません。

親知らずの抜歯に限って言うと、歯医者選びに時間をかけた方が、抜歯後の経過が少しでも楽になるのです

まずはホームページをチェック

歯医者は、ホームページを出しているところが多いです。

そして、歯医者を決定するにあたり、まず候補になるのが、

  • 自宅から近いなど、通いやすい場所にある
  • 建物が新しくて綺麗なところ

などが多いのではないでしょうか?

KAO
KAO

自分もそうでした

しかし!

親知らずの抜歯であれば、もう少し慎重になりましょう!


気になる歯医者をいくつかピックアップし、ホームページを隅々まで閲覧することをおすすめします。

そして歯医者の雰囲気を確認し、安心して治療を受けられる場所なのかを慎重に振り分けます。

スポンサーリンク

親知らず抜歯の経験が豊富な歯科へ

最近の歯医者って、コンビニなみにどこそこで見かけますよね!

KAO
KAO

どこの歯医者が信頼できるのか、分からない…。

その中でも、どういった治療に力を入れているのかを、知っていた方が良いのです


歯医者で行う治療って、虫歯治療だけではありません。

入れ歯やインプラント、そして今回の主軸である、親知らずの抜歯を得意としている歯医者など、実に様々です。


抜歯の経験が豊富であるのかどうか

ということが、ホームページなどに記載されていることがあります。

他に、”今までの治療実績”などで、親知らず抜歯の件数をこなしているかの確認をしてみるのもいいですね。

POINT
  • 親知らずの抜歯を盛んに実施しているか
  • 抜歯の実績が多いほど信頼できる

歯科医師が得意とする分野は、アピールするかのように積極的に記載されています。

その一部に、「親知らずの抜歯」に関する記載があれば、それなりに信用していいのではないかと思います。

歯医者の生の口コミは超重要

ネットで”歯医者名”を入れて検索をかけると、いろんな情報サイトがヒットすると思います。

その際、時間の許す限り、口コミを片っ端から読んでみましょう

良い評価だけでなく、マイナスの評価もしっかり参考にすべきです。


ですが、ここで注意点があります。

1人や2人悪い評価をつけていたとしても、その歯医者に対するイメージを、そこまで悪くもたなくていいのです。

それ以上に、複数人から同じような内容の口コミを書かれている場合は、注意した方が良いです。

その時は、候補だったとしても、できれば違う歯医者を探しなおした方が安心です。

歯医者が口腔外科であるといいの?

実際、私が親知らずを抜歯して思ったことです。


親知らずの抜歯は、生え方によっては難しい治療になることもあります。

ですが、できるだけ口腔内を傷つけることなく、1分でも早く無事に終えたいですよね!?

歯の治療とはいえ、状況次第では、外科治療の一部で手術をするようなものです。


そういった場合。

歯医者は歯医者でも口腔外科であれば、少し複雑な抜歯を得意とする分野になるため、より安心できる治療が受けられます。

【体験談】
私は抜歯をして何日経っても口が開かず、顎関節のトレーニングが必要でした。
関節関域は口腔外科が得意分野なので、最初から口腔外科専門を選べば、もっと治りが良かったのかなぁ~と感じました。

スポンサーリンク

歯科医師選びも慎重に

抜歯を託したい歯科医師を決める

小さいクリニックであれば、歯科医師1人と、その他のスタッフで成り立っていることが多いです。

ですが、なかには少し規模が大きめの歯医者であれば、歯科医師数名で成り立っていたりします。

その場合、受診した日の担当医師で、そのまま主治医になってしまうパターンが多いのです。

よって、腕のいい歯科医師に当たるかは、運になってしまいます。


そのため、

この歯科医師に抜歯してもらいたい!

という希望があれば、小規模の歯医者や口腔外科などで、腕のある歯科医師に託した方が、より確実な治療を受けることができるのです。

最後に:抜歯の命運は歯科医師次第

親知らずの抜歯の場合。

麻酔から抜歯完了までのすべての段階で、ほとんど歯科医師が行い、付きっきりになります。


そして、私が3回抜歯を経験して思ったのが、”2パターンの歯科医師がいる”ということです。

  • 丁寧に時間かけて治療してくれる歯科医師
  • テキパキ坦々とこなす歯科医師

自分の担当歯科医師がどちらかは、実際に接してみないと分かりません。

親知らず抜歯の経験が豊富な歯科医師だと、手こずることなく、あっという間に抜歯が終わってしまいます。

誰だって、あまり口の中を触られることなく、早く終わってほしいと思いますよね?


よって、抜歯中も抜歯後も安心できる経過をたどるには、事前に歯科医師の

・年齢
・経歴
・治療実績

などを把握し、自分が納得できる歯科医師に託しましょう。

そして、あくまで主観になりますが。

男性の歯科医師の方が腕が良く、どの歯医者も当てはまる気がします。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

抜歯は、歯科医師によって、内容や抜歯後の経過が大きく左右されます

身近な人の口コミがあれば、歯医者選びには困りません。

しかし、実際は詳細な口コミって、なかなか得られないですよね?


だからこそ自分で一生懸命調べ、「ここだ!」と思える歯医者を見つける必要があります。


親知らずの抜歯は、終えた後も、”出血・痛み・腫れ”などの様々な症状が出てきます。

しかし、腕のいい歯科医師にあたると、どの症状も最小限に抑えることができるのです


親知らずの抜歯が後々苦い思い出にならないためにも、慎重な歯医者選びが必要ですね!

タイトルとURLをコピーしました