【アパートの騒音】許容範囲とは?生活音でも限度を超えればアウト?

アパート騒音

騒音の許容範囲」って、非常に難しいですよね~。

だって建物の構造や周辺環境、そしてなんといっても音の捉え方というのが人それぞれですから。

「これ以上の音が出たら騒音」など、明確な基準がないのがこの問題の難しいところです。

最近では在宅勤務や夜勤など、様々な生活スタイルをもつ人が住んでいるため、騒音トラブルになる要因でもあります。


ですが、”騒音かどうかの線引きの目安”というのは存在します。

苦情を言う際の判断材料、苦情を受けた側であれば事が大きくならぬよう「一般的な許容範囲」について記述していきます。

スポンサーリンク

一般的な騒音の許容範囲とは?

騒音基準(dB)から判断する

まず、騒音を判断するひとつの指標として、デシベル(dB)があります。

以下は、アパート(住宅地)での基準になります。

昼間夜間
基準(dB)55以下45以下
デシベル(dB)

数字が小さいほど静かで、数字が大きくなるほど騒音になります。

1日を通して何度か基準値を超えていても、頻発していなければ騒音と言い切るには弱いでしょう。

しかし、

・毎日のように
・長時間にわたって

基準を超えていたりすると、許容範囲とはいえない可能性が出てきます。

「試しに計測してみたい」という方は、スマホアプリで「騒音計」と検索してみてください。
簡易的ではありますが、周囲の音(dB)の目安が把握できます。

「もっと数値を正確に計ってみたい」という方は、騒音計本体の方が良いでしょう。

約1,000~2,000円台と、比較的手に入れやすい金額で販売されています。

騒音の時間区分

場所や地域などによって時間区分の捉え方は異なりますが…。

一般的な昼間と夜間は、以下のようになっています。

昼間夜間
AM6:00~PM10:00PM10:00~AM6:00

細かく分ければ「早朝」や「深夜」の区分もありますが、”何時から何時”といったはっきりとした定義はないようです

豆知識

選挙カーによる演説は「午前8時から午後8時まで」と決められています。

KAO
KAO

よって20:00~8:00は、できるだけ大きい音を出さないというのがマナーと言えますね。

したがって集合住宅においても、20:00~8:00は念のため周囲に気を遣う必要がある時間帯でしょう。

スポンサーリンク

環境からみた許容範囲

建物の構造による聞こえ方の違い

なぜ建物の構造なのかと言いますと、防音性が異なるからです。

木造
鉄骨造
鉄筋コンクリート造
鉄骨鉄筋コンクリート造

この順番に、防音性が高くなっています(もう少し細かい分類もできますが、代表的な構造だけ載せています)。

つまり、何が言いたいのかというと!

例えば同じ音を出したとして、木造鉄骨鉄筋コンクリート造とでは聞こえ方が全く違うということです。

そのため防音性が低い”木造アパート”ほど、当然ながら許容範囲が狭くなります。

KAO
KAO

だからといって、
「木造だからここまで」
「鉄筋であれば許される」
というわけではありません。

これらから言えることは、建物の構造によっても許容範囲が変わってくるということです。

周辺環境による違い

騒音は、周辺環境にも左右されます

例えば、建物の周辺が車や人の通りが多かったり、店があって人の声などで賑わっている場合を考えます。

このように建物の外がざわざわしていると、建物の騒音って結構まぎれますよね?

それに対し、閑静な住宅街にある建物(アパートやマンション)となると、音の響き方は当然違ってくると思います。

よって、先ほどの項目でお話した建物の構造だけでなく、周辺環境も許容範囲を考えるにあたり、大切な事項なのです。

子供がいる場合の騒音基準

お子さんがいる場合は、ある程度は仕方ないと認められます。

…とかいいつつ、「子供だから仕方ない」というのは、実は簡単には通用しないようです。

今まで述べてきたような判断材料があるため、子供の騒音でもすべての条件に不利に一致すれば騒音と判断され、「受忍限度を超えている」となる場合もあります。

受忍限度を超えている?

いわゆる裁判になった場合、不利になる可能性があるということ

ですが相手は子供ですし、「親が相応の防音対策をしている」などの努力があるのなら、話は別です。

「親の常識的、かつ誠意のある対応があるかどうか」というも、1つの判断ポイントになるようです。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

今回の内容を頭に入れておくと「苦情を言う際の判断材料」になるのではないかと思います。

また、苦情を言われた側は素直に応じ、できるだけ許容範囲内におさまるよう改善をはかりましょう。

たとえ生活音でも、あまりに配慮がなければ立派な騒音です。

だからといってひそひそと暮らす必要はありませんが、集合住宅に住む以上最低限のマナーは守る必要があります

大人として、常識ある行動を心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました