【体験談】視力回復トレーニングを自宅で!回復は徐々に可能である

ライフ

「視力が悪いので、自宅で手軽に回復できる方法を試してみたい!」

このように思っている人にぜひ、知ってほしい内容です。


視力を回復させるのに、

  • サプリメント
  • レーシック
  • マッサージ

など、不経済でかつ、継続が難しいことを試す必要はありません。


これから紹介する方法で、徐々にではありますが、回復傾向に向かうことは十分に可能です


そして、手軽に自宅でトレーニングできるので、まずは軽い気持ちで試してほしいと思います。

スポンサーリンク

【自宅でOK】難しいトレーニングは不要?

視力は一度悪くなったら、そう簡単には回復できないと思われがちですが…。

案外少しの努力で、自力で回復は可能だということを、まずは知っていただきたいのです。


…と言いつつ、

「いきなり視力が良くなった!」

なんてことはありません。

時間をかけて、徐々に良くなっていきます。


しかし、中等度~強度近視の人が完全に裸眼で生活できるほどの回復までは、約束できません。

ですが、地道な努力をすれば、必ず少しずつ視力が回復します。

スポンサーリンク

【体験談】視力回復のために過去に試してきたこと

私の視力歴

まず、私の今までの視力の状況を、簡単にご紹介します。

学生の頃から今までの約15年間、メガネとコンタクトで過ごしてきました。

私の視力
  • 視力は現在、0.1もない
  • 人との距離が1m未満でも顔がぼやける
  • メガネやコンタクトなしでは生活が困難

ふとしたときに、

「裸眼で過ごせたら、人生変わるだろうなぁ~!」

と思い、そう感じるたびに多少の努力はしてきました。

KAO
KAO

しかし、どれも惨敗でした。

大好きだった読書をやめた

視力が落ち始めたのが、小学校6年生のときでした。

おそらく、視力低下の原因は読書だと思います。

当時、夜中まで2~3時間、暗い中で毎日のように読書していました。
布団の中で読んでいたため、目との距離もたった10cm程度だったと思います。

このような生活を始めて以降の眼科検診で、「視力約1.3→0.7」になったのを覚えています。

メガネになるのが嫌だったので、悪化させまいと、読書を次第に控えるようになりました。

KAO
KAO

しかし、なぜか視力は徐々に悪くなる一方でして…。

中学生になってからは、ついに、メガネかコンタクトを考えなければならなくなりました。

スポンサーリンク

視力回復トレーニングを試す

ある日のこと。

とある雑誌に、”視力回復トレーニング講座”というものを目にし、「これにかけたい!」と思い立った時期がありました。

その当時は学生だったので、親にお願いし、定期的に送られてくる”視力回復講座セット”を申し込み、早速開始しました。

カリキュラムとしては、

  • 温めたタオルを使用したマッサージ
  • 簡単な目の体操
  • 大きい文字と小さい文字を交互に見る

みたいな感じだったと思います。

KAO
KAO

しかし!毎日継続が難しく、数カ月で断念しました…。

せっかく、お金を年間5万円ほどかけたのに…。

KAO
KAO

無駄になってしまいました…。

と同時に、本格的な視力回復トレーニングを継続することは、容易ではないと痛感しました

もしかすると、もう少しだけ頑張って継続してみたら、結果が少しでも出ていたのかもしれません。

しかし、それ以上続ける自信はなかったのです。


…とはいえ、1カ月間はトレーニングをしていました。

ですが結局視力は不変であり、当時は落ち込んでいました。

レーシック手術の検討をする

社会人になった頃、身近にレーシック手術に成功した人に出会いました。

その話を聞いて、

「自分もお金を貯めたらしてみたい!」

と願っていました。


しかし、結局実施することはなかったです。

理由は、3つありました。

  • 単に怖かった
  • 経済的な負担
  • 効果に確証が持てないから

その人は成功したとはいえ、うまくいかなかった人も中にはいるはずです。

実績のある病院でも100%安全とは限らないし、目って体の中でもとても大事なパーツなので、正直かなり迷いがありました。

スポンサーリンク

【ポイントは2つ】自宅で視力回復は可能

そんな中、ここ数年、自分でなんとなくはじめたことが、視力回復に良い影響を与えたようでした


内容は、たったの2つです。

では、その「ポイント」を紹介します。

ポイント①:星空を眺める

私は、沖縄に短期間在住していたことがありました。

そのため、満天の星空を見る機会が多かったのです


それをきっかけに、”夜になると星を眺める”という日常が自然と定着しました。

しかし、当時は視力回復のためではなく、なにげに趣味として始めたものです。


そんな日常が続いたせいか、1年後の眼科検診で、驚きの検査結果が出ました。

今まで10年以上変わらなかった視力、むしろ落ち続けていた時期もあったほどなのですが…。


なんと!!!

初めて、回復の兆しを見せ始めたのです

ポイント②:ドライアイを防ぐ努力をする

星空の観賞とほぼ同時期に、もう一つたまたま始めたことがあります。

それは、

ドライアイ対策

です。

デスクワークをする機会が増え、目の不快感や乾きを頻繁に感じ始めていました。


そこで、ある特定の目薬を使い始めてから、非常に目の調子が良くなってきたのです。

それは、”ソフトサンティア”という人工涙液です。

ほかの目薬に比べ、防腐剤などの余計な成分が含まれておらず、涙に近い成分でできています。

そのため、純粋に目を潤わせてくれるのです

そもそも、ドライアイは様々な目の不調だけでなく、視力の低下をもたらすということを、あとから知りました。

KAO
KAO

自身の経験から、本当にその通りだと実感しました。

実際には、「ドライアイが治ると視力が回復できる」と言われるくらい、視力とは密接に関係しているようです。

スポンサーリンク

視力回復トレーニングの成果

自宅での具体的な実施内容

まず、私が実際に、星を眺めていた頻度や時間です。

  • 天気がいいときは極力眺める
  • 少なくとも週に1~2回は観賞する
  • 1回の観賞時間は5~10分程度
  • 1つの星だけでなく広範囲に見る
KAO
KAO

これを、約1年くらい続けていました。

星同士を、点と点をつなぐように眺めると、より効果UP

それと同時に、先ほど紹介した目薬をたまたま使用していたのです。



その結果・・・。

使用していたコンタクトの度数に、変化が現れました

実際のコンタクトの度数の変化

では、実際のコンタクトレンズの度数の変化を紹介します。

Before

右:-4.00 左:-4.75

After

右:-4.00 左:-4.25

以下の写真が、現在使用中のコンタクトレンズです。

左の度数が、0.5(2ランク)回復しました。


右目の方はというと…。

コンタクトレンズの度数で見れば変わっていないのですが、実は、右もよくなっているのです。

視力検査で、コンタクトありの視力が1.0だったのが、1.2まで見えるようになっていました。

KAO
KAO

行きつけの眼科のスタッフも、「何か変わったことされたんですか?」と驚きでした。

これは、正真正銘の結果です。

KAO
KAO

10年以上ぶりの、視力回復です。

この記事を書いてから、2年後の現在。
両方とも、コンタクトレンズの度数が「-4.00」になりました。
これも、念のために矯正視力が1.2になるように調整しているだけで、次回はさらにワンランク(-0.25)さがりそうです。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

「遠くを見ると目にいい」というのは、誰もが知っていることだと思います。

星空でなく、山などの遠い景色で実践していても、同じような結果だったかは比較ができないので分かりません。


そして、当時の生活で新たに取り入れたことと言えば、

星空観賞目薬

しかなかったので、これらの効果で間違いないと確信しています


信じるか信じないは、あなた次第です。

ですが、難しいトレーニングは一切いらないので、ぜひ、気長に効果が出るのを待つイメージで、軽い気持ちで試してみてください!

タイトルとURLをコピーしました