【体験記】つわりで食べやすかったもの!ぜひ参考にしてほしいこと

妊娠

軽いつわりの始まり~普通の生活に戻るまで、長く見積もって2カ月半ほどかかった私ですが・・・。

つわりのピーク時は、とにかくほとんどの食べ物の、

  • 見ため
  • におい

これらすべてが受け付けませんでしたが、その中でも比較的食べられたものがあります。


個人差はあるかと思いますが…。

体験談として紹介していきますので、ぜひ、つわり中の参考にしていただけたらと思います!

スポンサーリンク

はじめに:私が受けつけた食の好み

一般的につわりって、


「酸っぱいもの・おかゆなど、優しめの味


…など、決まりきってるイメージでいる人も多いかと思いますが。

私はその中でもなぜか食べることができた、不思議に思う食べ物があります。

それは、

  • ケンタッキーのツイスター
  • トマトが入っているピザ
  • (甘い物NGなのに)あんこ

です。

肉類なんてもってのほかだったし、脂っこいものは基本NGだったのですが。

ケンタッキーのツイスタートマト入りのピザは、好んで食べていました。


そしてそして、元々甘いもの好きの私ですがっ!

妊娠前によく食べていた、ほとんどの洋菓子類が受けつけなくなりました。

なのに、なぜか「あんこ入りの菓子」なら喜んで食べていました。

食べられた和菓子
  • 今川焼
  • おはぎ
  • どら焼き など
KAO
KAO

ほんとうに、自分じゃないようでした。

スポンサーリンク

つわり中でも食べやすいもの

全体的に冷たい食べ物が◎

特に白ご飯や麺類で言えることですが、温かいものよりも冷たいものの方が断然食べやすかったです。

KAO
KAO

温かい食べ物だと、吐き気を催してしまいます。。

  • そうめん、ざるそば、冷やし中華
  • コンビニの冷えたおにぎり
  • 常温で食べられるパン

そしてつわりは夏だったので、アイスをほおばりたかったのですが…。

食べられるアイスの味が少なく、

・シャーベット系のアイス

に限り食べられました。

KAO
KAO

おすすめは、「氷系アイス」「メロンボールアイス」です!

子供が好きそうな食べ物を好む

つわりが終わろうとしたときに感じたのは、

つわり中、幼少期に戻ったような食生活だったなぁ~。

ということ。

  • パン
  • ヨーグルト、ゼリー系
  • おかゆ、リゾット 
  • フルーツ盛り合わせ

などなど。

肉や魚などはほとんど手をつけれなかったし、かたい食べ物類(せんべいなど)も受けつけなかったです。


たとえ夕食でも、

・ランチパック・ヨーグルト・フルーツ

のように、朝食メニューかのような献立で1か月以上過ごしていました。

KAO
KAO

特にフルーツは「グレープフルーツ」がお気に入りでした!

そのほか、食べられたもの

ほかの食べられたメニューをあげると、

  • もずく酢・ところてん
  • 茶碗蒸し
  • フライドポテト
  • 麻婆豆腐
  • 牛丼
  • ピラフ
  • 巻き寿司・いなり寿司
  • スナック菓子

らへんが気持ち悪くならず、すんなり受け入れられました。

肉がNGだったのに、麻婆豆腐が大丈夫だった理由は不明です。

牛丼」は、そのままでは気持ち悪かったのですが、不思議と”紅ショウガ”を多めに入れて食べると、美味しくいただけました♪

KAO
KAO

やはり「酸味」が加わると、食べやすくなるようです。

いなり寿司」にはかなりはまった時期があり、高頻度で食べていました♪

スポンサーリンク

逆に拒絶するくらい受けつけなかったもの

私の場合、今まで紹介してきたメニュー以外は基本受けつけませんでした。

しかしそれ以上に、「これは食べるどころか見たくもない!」とまで思った拒絶メニューは、

  • 生野菜全般
  • 肉・魚類
  • キノコ類
  • カップ麺系

で、料理のメインになるようなものばかりです。

体にいいものは、ほとんど食べられない生活が続きました。

*安定期に入るまでは、栄養バランスは気にしなくてOK!
食べられるものを食べていいそうです♪

スポンサーリンク

「つわりって不思議!」と思ったこと

つわりって、本当に不思議っ!!!


同じ食べ物でも、形や温度、そして混ぜる具材によって好みが分かれるんです

たとえば例をあげると、

  • ×:ご飯 〇:冷たいおにぎり
  • ×:焼き魚全般 〇:鯖缶
  • ×:バニラアイス 〇:牛乳
  • ×:生卵 〇:焼いた卵
  • ×:キノコ類 〇:まいたけ

のように。

特にご飯は、あたたかい白ご飯は無理なのに、

・梅干しと食べるならOK
・つめたいとOK
・炊き込みご飯ならまぁOK

など、つわり中ならではのこだわりがありました。


私は元々何でも食べられて好き嫌いがないのですが、つわりのときだけ偏食者になった気分でした。

スポンサーリンク

つわりでも食べられるものの共通点

私のつわりは、食べ物に関して大まかに共通点がありました。

それは、

  • できるだけ冷たいもの
  • 酸っぱいさっぱりしているもの
  • 食べる瞬間を想像して「これいけそう!」と感じたもの

です。

この記事の途中で紹介したように例外はもちろんありますが、基本はそんな感じです。


最後の、”食べる瞬間を想像して「これいけそう!」と感じたもの”に関しては、案外役に立っていました。

具体的に、

気持ち悪くてもいろんな食べ物を頭に思い浮かべ、なんとなく拒絶反応が薄いものって、実際に食べられる可能性が高め

なのです。

私が「つわり中にこれがおすすめ!」と熱く語っても、当てはまらない妊婦さんもいらっしゃると思います。

そういったときは、

「食べられそうなものを想像」
する作戦

を実行してみるとよいですよ!

きっと、

これならイケるっ(かも)!」

って思えたものは、食べられる可能性が高いです。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

いかがでしたか?

個人差はあるかと思いますが、つわり中でも食べやすかったものを詳しく述べてみました。


「食べたくても、食べれるものがなくて困っている…」

という、妊婦さんの参考になったのなら嬉しいです(^^)

かわいい赤ちゃんのため、頑張ってつわりを乗り切りましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました