木造アパートはやめたほうがいい!このような人は絶対に住めません

アパート騒音

木造アパートの物件を検討している方!

「防音性の面でのデメリット」をしっかり理解していますか?

そうでなければ、木造アパートはやめたほうがいいと言えます。

生活音想像以上に響いてくる

そして、普通に生活しているだけでも音漏れするので、特に木造アパートを絶対におすすめしない人がいます。

その具体的な内容を、自身の経験から紹介していきますので、最後までご覧ください。


*木造アパートが、具体的にどのような音が響くのか知りたい方↓

スポンサーリンク

木造アパートはやめたほうが身のため【絶対向かない人】

静かな環境で暮らしたい人

周りに邪魔されず、静かな環境で暮らしたい」という方は、絶対的に不向きです。

最近では、様々な生活スタイルの人が住んでいます。

そのため「部屋でゆっくりしているときに騒がれた、うるさい!」…ってことも、木造アパートだと普通にありえるのです。

KAO
KAO

ひどい場合、生活行動一つ一つが丸聞こえです

昼夜問わず、周囲の騒音で極力邪魔されたくない方は、木造アパートは絶対に避けるべきなのです

音に敏感など神経質な人

音に敏感な方は、木造アパートは地獄以外のなにものでもありません

上下そして隣から、様々な生活音が聞こえてきます。

KAO
KAO

まれに「斜め上」から聞こえてくることだってあります。

とかいいつつ角部屋だと、他の世帯と接する部屋が少なくなるので、少しはマシかと思います。


悪気はない生活音ですら筒抜けなので、敏感な方にとっては自分の家が「ストレスの溜まる空間」となります。

普通の人が許容範囲と感じる音でも、神経質な人の場合、些細な音でもオーバーに反応してしまいます

したがって、度重なる騒音により体調を崩してしまうことも考えられるので、神経質な方には絶対おすすめしません。

仕事のシフトが不規則な人

当然のことですが…。

建物内の住民全員が「平日昼間仕事で、土日休み」という、典型的な生活スタイルではありません。

したがって、自分の仕事が不規則(夜勤など)だったりすると、睡眠妨害に遭う可能性が高まります

” 周りが活動している時間帯に自分は睡眠をとり、自分が起きているときに周りは寝静まっている ”という状況が起きるからです。

よって周りの音がなんとなく気になったり、逆に自分自身の行動で迷惑をかけてしまう可能性もあります。

睡眠あるいは仮眠などを邪魔されたくなければ、仕事が不規則な方は避けた方が良いのです

在宅の頻度が高い人

以下のような、在宅時間が長い人も木造アパートは不向きです。

  • 専業主婦
  • 在宅勤務
  • インドア派

理由は単純で、家に長くいる分、周囲の生活音が気になってくるからです


ここで、極端な話を例にとります。

周りがうるさくても、ほとんど自分が家を留守にしていれば、周囲の生活音と接する機会は減りますよね?

どんなに非常識な騒音主でも、24時間365日音を出し続ける人なんていないはずです。

そのため、家で過ごす機会が多い人は、騒音に遭う確率がどうしても高くなるのです

*逆に働き詰めの方は、周囲の生活音に気づく機会が少ないでしょう。
したがって、そこまで敏感になる必要はありません。

KAO
KAO

最近はコロナの影響で、家に引きこもる人が増えました。
そのため、近隣の騒音問題が増えているようです。

スポンサーリンク

(逆に)周りに迷惑をかけたくない場合

小さい子供がいる家庭

子供はとにかくパワフルに動き回るので、木造アパートではかなり神経使います。

そして、子育て世帯は断然木造アパートは不向きです。

KAO
KAO

鉄筋コンクリート造などでできてる「賃貸マンション」がおすすめ。

子供が少し歩いただけでも、振動を伴った凄まじい音となり周囲に響きます。

木造アパートである以上、親がどんなに頑張って対策をしてもほぼ無駄に近いです

隣人から苦情が来る可能性も高くなるので、木造アパートの物件は除外して検討しましょう!

スポンサーリンク

この記事のまとめ

今まで紹介した項目どれか一つでも当てはまれば、木造アパートはやめたほうがいいと言えます

不動産会社で物件契約時に、”過去のトラブルの有無”などを聞き、極力回避できる場合もあります。

しかし、正直なところ隣人の運なのです。


たまたま生活音をあまり立てない住人が揃えば快適に過ごせますし、悪ければ体調を崩すほど精神的にやられてしまうことだってあります。

そのため木造アパートではなく、最初から防音性が高い物件を選んでおくと安心ですね!

タイトルとURLをコピーしました