木造アパートは最悪だから避けて!騒音ひどすぎてストレス溜まります

アパート騒音

『木造アパートの生活音』って、想像できますか?

ずっと一軒家育ちだったり、騒音トラブルとは無縁の生活を送ってきたのなら「騒音被害なんて、一部の人だけでは?」と思うことでしょう。

しかし「木造アパート」という防音性が低い建物だと、騒音トラブルが案外多いのです。

だからといって、木造アパートでも必ず騒音被害にあうわけではありません

KAO
KAO

そこは正直なところ「」です

しかし、できるだけ快適な生活を送るためにも「木造アパートは避けて!」と私が訴える理由を、詳しく語っていきたいと思います。

スポンサーリンク

木造アパートは最悪!避けて欲しい理由

はじめに:木造の魅力にごまかされるな

綺麗な外観につられてはダメ

木造アパートって、結構オシャレな外観多いですよね!?

有名な王手の会社を1つあげると…「○東建託」みたいな。

あの建物はほとんどが木造ですし、綺麗な外観についつられてしまうんですよね~。


しかし、騙されてはいけません!!

 騒音がひどい

この一言につきます。

KAO
KAO

神経質な人は、運が悪ければ住み始めた日からストレスを感じるレベルです

そして、個人的に思うこと。

木造アパートは、子供がいる家庭は周囲とトラブルになる確率が高い

家賃は確かに安い!しかし‥

木造アパートの魅力はいくつかありますが、その中でもやはり「手ごろな家賃」だと思います。

しかし、実際に私が騒音を経験して思ったことがあります。

家賃が多少高くても「鉄筋コンクリートなどの賃貸マンションに住めばよかった」と…。


・・・しかし、残念ながら時すでに遅し。

木造アパートは人間が住む空間ではない」とまで感じております。

KAO
KAO

まるで「動物小屋」のよう

スポンサーリンク

周囲の生活音がとにかく筒抜け

集合住宅で生活するということ

これを理解している人が住んでいればさほど問題ないのですが、現実はそうではありません。

KAO
KAO

世の中には、本当にいろんな人がいます

配慮があっても出る音(仕方のない生活音)は、少々あきらめがつきます。

しかし、中には「何事も動作がオーバー」な人がいるのです。

  • ドスドス歩く癖がある
  • ドアの開け閉めが乱暴
  • 早朝深夜もおかまいなし

このような場合、木造アパートでは「生活音が完全筒抜け状態」となります。

こういったケースは「生活音」ではなく、『生活騒音』という表現になるでしょう。

わざと出してる?と疑いたくなる生活音

騒音を出している本人は、普通に生活しているだけなのでしょうけれど…。

動作によっては、ものすごい音が鳴り響いたりします。

  • 「DIYしているの?」
  • 「お宅は工事現場なの?」

壁や天井などを通して毎日のようにこちらに響き渡るのって、相当なストレスを感じます

ドカンッという大きな音が頻発すると、「わざとやってるんですか???」と相手に怒り大爆発しそうになります。

KAO
KAO

知らぬ間に自分が恨まれていて、「わざと」ってこともゼロではありません。
しかし「これが木造の現実だ」ということを知っていただきたい
です。

実際に住んでみないと分からないことばかりですが、賃貸の物件である以上はいずれは住人の入れ替わりがあります。

したがって「長く同じ賃貸物件に住みたい」という方は、木造アパートは絶対にオススメしません

自分も大きい生活音を出せない

自分が騒音被害にあったからこそ言えることですが。

木造アパートはうるさいということが分かったので、「自分たちも同じように周囲に迷惑をかけてはいけない」という気持ちになります。

自分が気を付けていること
  • 夜遅いお風呂は物音に気をつけて入る
  • 人を呼んで複数人で騒いだりしない
  • 時間帯によっては笑い声などにも気をつける

自分は悪気がなくても他の人は全く異なる価値観を持っていたり、様々な生活スタイルの人が住んでいるかと思うと、やはり周囲には気を遣います。

よって、結局自分たちも必要以上に気にしてしまうので、知らぬ間にストレスが溜まってしまうということに気づきました。

KAO
KAO

結局、木造アパートは「ストレスの塊」ということです

スポンサーリンク

補足:木造アパートでもよい場合もある

今まで散々「木造アパートは避けて!」とお伝えしてきましたが、以下の場合は選択肢に入れてもいいのではと思います。

  • 単身用の物件
  • 音に関して許容範囲が広い人

「単身向けのアパート」ですと基本住人は1人しかいないため、我慢できないくらいの騒音被害を受ける可能性は低いと思います。

しかし!!!
単身でも、以下のような場合があるので侮れません。

  • ドスドスとかかとで歩く
  • ドアの開閉がうるさい
  • 人をよく招いて複数人で騒ぐ
  • 音楽を音量大で聞くなど

特に音に関して元々神経質ではなくても、度重なる騒音を浴びせられると敏感になる可能性はあるので、注意が必要です。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

結局、騒音でストレスが溜まって「短期間で引っ越し」になるくらいなら、物件選びの段階で木造アパートは除外しておきたいもの…!

木造アパートでも、最終的には隣人のによりますので一概には言えません。

しかし、ゆっくりくつろぎたいはずの自宅が「ストレスが溜まる空間」となっては、快適とは言えません。

そのため、この記事を読んだ皆さんには、木造アパートを避けて欲しいと思っています


ぜひ、今後の物件選びの参考にしてください!


他にも、騒音系の記事多数執筆中。

騒音で悩んでいる方!!ぜひ共感し合いましょう!

具体的に、『木造ではどういう音が響くのか知りたい』という方↓

タイトルとURLをコピーしました