賃貸の初期費用は交渉すれば必ず抑えられる!実際の体験談から語る

住まい探し

賃貸物件を契約する際、初期費用が必ずかかります。

その初期費用について項目を理解し、適切に交渉すれば誰でも確実に初期費用を抑えることができるのです。

何も知らずに言われるがままだと見積書通りの金額で取られてしまうため、絶対にチェックしてほしい内容です!


では、初期費用の”どの項目”に注目すればよいのでしょうか?

そして、私が実際に「どのくらい抑えられたのか」を公開していきます。

スポンサーリンク

【賃貸の初期費用を抑える】見積書のココに注目

その①:礼 金

そもそも礼金とは?

簡単に、礼金の説明をしておきます。

礼金:大家さんにお礼の意味で支払うお金
【×:不動産会社 〇:大家】

「不動産会社経由で物件契約するのに、大家さんにお礼って何?」…って感じですよね~!


調べてみたら、単に「昔からの名残」だそうです。

それもそのはず!!!
最近では「礼金ゼロ物件」の方が多い気がします。

確かに一昔前までは、大家さんとの直接やり取りが主流だったので理解できますが…。

なぜ、なくならないのでしょうかね~!

KAO
KAO

「礼金」って考え、もう抹消すればいいのに…。

交渉する金額とその方法

「礼金」は、おそらく高確率で値切れます

*ただし、値切れる幅は交渉次第でまちまち

私は今まで引っ越しを何度も経験していますが、礼金を値切れなかったことは一度もありません


「入居していただけるのならば…」と、”お礼金なし”でも快くOKしてもらえることが多いのです。


そして以下のような物件では、より値切れる確率が高まります。

  • 築年数が結構経過している
  • 閑散期での契約
  • 長い間空き家だった場合

要するに、大家さんの収入が途絶えている時期に契約をすると、礼金についての交渉成功率がUPします。

礼金は契約時のみにかかる一時金であるため、気軽に交渉できる項目なのです。

KAO
KAO

そもそも、安くしてくれない大家さんって存在するのでしょうか…?(笑)

*できれば礼金全額を0にしてもらえるよう交渉してみる

たまに、「礼金0にはできないけれど半額であれば」なんて言われる場合もあります。

そのように言われても、もう少し粘ってみましょう!

しかし、しつこく交渉するのが苦手な方は、提示された金額で飲み込むことになります。

その②:仲介手数料

仲介手数料とは?

仲介手数料:不動産会社に支払う手数料

「入居するまでにお世話してもらうお礼金」のような感覚です。

物件探しの相談や、お部屋見学など

不動産会社によって手数料の金額に幅があります。

そしてこの仲介手数料も交渉の余地は十分にあります

スポンサーリンク

交渉する金額とその方法

もう一度言うと、”不動産会社に支払う手数料”になります。

そのため軽い気持ちで「タダにして下さい!」なんて言ってしまうと、こんなデメリットが降りかかってくる可能性があります。

  • 物件相談を真剣にしてくれなくなる可能性
  • ほかに検討している人を優先させてしまう

したがってコツとしてはある程度会話して仲良くなり、交渉の際も図々しくない程度に加減すると、多少は値引いてくれる可能性があります

そのため礼金の交渉より控えめに、そして、相手との信頼関係を築き上げながら交渉することをオススメします


以下が、交渉金額のオススメ目安です。

*仲介手数料が家賃の0.5か月以下:思いきって”0円”で交渉

*仲介手数料が家賃の1か月前後:少し安く~半額程度”で交渉

その③:火災保険料

賃貸の物件であれば、ほとんどの場合火災保険は勝手に見積書に入れられています。

しかし!!
それは不動産会社が提携している保険会社です。

したがって、通常よりはるかに高い金額で我々に加入させようとしているのです。

そのため初期費用を安く抑えたい場合、その”火災保険会社”には加入しない選択をする必要があります

*自分で火災保険会社を探して加入しよう!


ただし!!注意点があります。

  • 不動産会社指定の保険会社でなければNG
  • 好きな火災保険でOKだが補償内容に条件あり

不動産会社によってはこのような場合があるため、確認はしっかりと行ってから探してください。

その④:他の項目もcheck

余裕があれば、その他の見積書の項目にも目を通しましょう。

…というのも、不動産会社によって項目内容が異なります

目を通してみて「なにこれ…?」と不審な項目があれば、その都度説明してもらいましょう。

よくある「任意」の項目
  • 室内の「除菌・抗菌」や「消毒」「消臭」といったワードが出てくる内容
  • 「○○サポート」といった、なくても大丈夫な安心系サービス

ポイントとしては、その不審に思った項目が強制なのか任意なのかを確認します。

KAO
KAO

これ、超重要です!!!

そして「任意」の場合、自身が不要と判断すれば見積もりから除外してもらうと、初期費用がさらに抑えられるのです。

①初期費用の請求内容の意味を知る
強制任意かを確認する
任意なら不要であれば除外する

スポンサーリンク

【体験談】私の交渉成立例

私は今までに、何度も賃貸物件の契約を経験しています。

そのため自信もって言えるのは、やはりどの物件も礼金は一番交渉しやすい項目です。

そして最新の賃貸物件契約で、実際に交渉した項目をあげてみました。

  • 礼金:(元々0円の物件)
  • 仲介手数料:70,000 55,000
  • 火災保険:20,0008,000
  • 入居サポート:8,000
    *火災保険は2年間の金額

特別なことはしておらず、今まで説明したように順を追って交渉しただけです。


そして、抑えられた初期費用の総額は・・・

35,000

になりました!


これでももっと交渉できたかもしれませんが、私の限界がここまででした。

KAO
KAO

何も交渉しないと、35,000円多くとられるというのと一緒ですね!

スポンサーリンク

この記事のまとめ

賃貸物件の初期費用は、項目を絞って交渉すれば「誰でも・確実に・少額なりとも」費用を抑えることができるのです。

ただでさえ転居って、「引っ越し代金やインテリア用品購入」などに出費がいくのに、初期費用諸々にお金なんてかけていられませんからね


賃貸物件の契約をする際は、今回の内容を思い出してください!

初期費用をしっかりと抑えるために、ぜひ、実践していただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました