【失敗談】賃貸物件の部屋選びで後悔!見学したのに失敗したことの数々

アパート騒音

ワクワクのお部屋選び

事前に「お部屋の見学」をする人が多いと思いますが、どういった場所を見ていますか?


ただ部屋の中をぼーっと眺めるだけでは、とんだ失敗をすることがあります。

私は過去に、物件を3回見学していますが、それでも後悔したことがたくさんあります。

そこで今回、「見学したのに住んで後悔したこと」をお伝えしようと思いますので、ぜひ物件探しの役に立てていただけたらと思います。

スポンサーリンク

【失敗談】賃貸物件の部屋選びで後悔したこと

周辺環境に関すること

隣に空き地があった

部屋を見学をしたときは、特に何も感じなかった建物隣の空き地ですが。


入居してから数カ月が経ち、驚く事態になりました…。

雑草がぼうぼうに生え、虫がたくさん湧いている!

その空き地で、夜に野良猫の鳴き声も響いてきたり。

そしてさらに道路の方に草木がのびてきて、車の走行にも支障がありました。

ポイント

周辺に管理されていない空き地がある場合は厄介(かも)。
物件の近くにないか、あっても管理されていそうな土地か確認しておく。

虫が出やすい環境

畑が近くにある

畑が近くにあると「」が建物周辺に頻繁に出やすくなります。

KAO
KAO

梅雨時期から10月くらいまでは、いろんな虫が出没します。

特に夜間に出やすいので、家の出入りが多い場合は知らぬ間に虫を部屋に入れてしまったりします。

私は虫がとても苦手なので、畑が周辺にある物件の場合は以後慎重になろうと思った出来事でした。

水路が近くにある

水路が周辺に通っていると、「蚊」や「コバエ」などの小さな虫が目立ちます。

ひどい場合(特に夏場)は、ベランダが虫の死骸だらけになったりします

いくら部屋の外とはいえ、ベランダもキレイであることに越したことはありません。

KAO
KAO

洗濯物をベランダで干したい場合は、要チェック!

ポイント

お部屋だけでなく、ベランダの状態もチェックする

スポンサーリンク

物件や設備に関すること

駐車場や駐輪場

駐輪場

現在の駐輪場の屋根が狭いので、小雨でも自転車が全体的に濡れてしまいます。

KAO
KAO

雨が上がるたびに拭くのは大変。
しかし、放置するとサビてしまいます。

自転車やバイクを利用し、できるだけ濡れたくない人は確認が必要です。

  • 駐輪場の広さ
  • 屋根の幅
駐車場

もし自分が入居するとしたら、駐車スペースはどこになるのかは必ず確認し、実際に駐車場も見ておきましょう

特に自家用車が大きい場合は、実際に車の出し入れがしやすいかどうかも重要です


しかし、逆も考えられます。

自分の車が小型で両隣が大きい車の場合は圧迫感があり、出し入れしずらくなります。

KAO
KAO

駐車場区画が狭い場合は大変です。

駐車場の出し入れでストレスがかからぬよう、念のため事前の確認は必要です。

隣接する部屋の間取りを知る

隣接する隣の部屋の間取りは、事前に確認しておく必要がありました。


私が実際に失敗したことですが、リビングの横が「お隣の寝室」の場合相当気を使いました。

夜に人を呼ぶことを控えたり、TVの音量に気をつけたりなど、少し制限があるなぁ~と感じました。

マナーの問題ではありますが、自分の生活スタイルを考えた上で、周囲の間取りを考えた物件選びも必要です

ベランダの日当たり問題

たとえ南向きのベランダだったとしても、注意ポイントがあります。

周辺の建物の高さや屋根の角度などによっては、南向きでも意味をなしていないこともあります。

  • 思ったより日が当たらない
  • 日が当たっている時間が短い 

したがって見学時に、どのくらい日が差し込んでくるのかの確認もポイントになります。

シャワーの勢いがなさすぎる

賃貸の物件ならあまり文句は言えませんが。

シャワーヘッドがやたら小さく、チョロチョロとしか水が出ずに不満に思っていました。


*ですがこのシャワー問題は、大きめのシャワーヘッドを購入したことで解決しました。

KAO
KAO

節水にもなるので、快適です

スポンサーリンク

【防音性】周囲の生活音に関すること

隣人の世帯構成を聞きはぐった

周囲の世帯構成は、不動産会社に聞くと教えてもらえる場合が多いです。

私は何も聞かずに入居したら上階に子供がいることが分かり、騒音に悩まされることになりました。

KAO
KAO

賃貸選びで、1番失敗した点です

「騒音」に関しての詳しい記事はコチラ↓

今後は一度不動産に確認し、入居を決める際の参考にすべきだと学んだ出来事でした。

中部屋は騒音に悩まされる?

中部屋だと、最大で上下左右の4世帯と接することになります。

そのため角部屋とは違い、周囲の生活音に悩まされる可能性が高くなります。


したがって、特に防音性が低い物件であれば角部屋の選択が必須だと感じました。

建物の構造(防音性)をチェック
・ 極力騒音に遭いたくなければ角部屋

スポンサーリンク

この記事のまとめ

以上が、「見学したのに部屋選びに失敗したと感じたこと」の数々でした。

何もかも完璧な物件ってありません。

しかし、その中でも”絶対譲れない条件”というのを自身でピックアップし、満たした物件選びをすると良いでしょう。

出来るだけ快適な部屋に住めるよう今回の記事を参考に、今後の物件選びのポイントにしていただければと思います

タイトルとURLをコピーしました