子供の足音で何度も苦情がきた!対策しても繰り返す理由とその解決法

アパート騒音

子供の足音で何度も苦情がくる」…。

防音対策を強化して「これで大丈夫っ!」と思っても、度重なる苦情でうんざり…なんて事態になっていませんか?

しかし、何度も苦情がくるのにも必ずワケがあるのです

理由を知り、それに合った対策を行えば、苦情がこなくなる可能性があります。


この記事では、苦情がやまない理由その解決策をお教えしたいと思います。

防音対策をしっかり行っていることが前提で話を進めていきます。

スポンサーリンク

子供の足音で何度も苦情がくる理由

そもそも苦情側に問題がある可能性

元々クレーマー気質

賃貸物件であれば自分達が後から入居した場合、過去にトラブルがなかったか管理会社に確認してみると良いでしょう。

相手がクレーマー気質の住人」であれば、おそらく何をしても苦情がきてしまいます。

残念ですが…”隣人運が悪かった”としか言いようがありません。

しかし、あまりに理不尽だと感じる場合、逆に管理会社等に相談してみるのもいいかもしれません。

極度の神経質である

」というのは、感じ方は人それぞれです。

  • 耳がいい人もいれば悪い人もいる
  • 耳障りと認識する音は人それぞれ
  • ある程度うるさくても平気な人もいる

その中でも特に小さな生活音までキャッチし、うるさいと判断してしまう神経質な人の可能性があります。

集合住宅に住む以上、ある程度の生活音が聞こえるのは仕方のないことです。

それが子供であればなおさら…。

ちょっとやそっとの音であれこれ苦情を言ってくるのであれば、苦情側の問題と言えるでしょう。

何度も言いたくなるほどうるさい

「精一杯配慮しているつもりなのに…」と、嘆く気持ちはよく分かります。

しかし苦情側にとっては、耐えられないくらいうるさい可能性があるのです。

  • 防音性の悪い物件に住んでいる
  • 子供が2人以上いる など

特に、苦情主が子供のいない家庭だとより起きやすい問題です。

同じように子供を持つ家庭であれば、「子育ての大変さ」「お互いさま」という気持ちを持っている場合がほとんどでしょうから。

苦情を受ける側は「精一杯対策している=そんなに響いてないはず」という無意識な思い込みがある。
しかし、苦情側にとっては「改善された」といえるまで達しているとは限らない。

その互いの”食い違い”があるから、うまく解決に至らないのかもしれません。

今までの蓄積で音に過敏になってしまった

これは、私自身が実際に経験しているので言えることですが。

騒音によるストレスって、”日々の積み重ね”なんですよ!


ここで、分かりやすく例をあげます。

引っ越してきた初日にうるさいとクレームいれてくる人は、超稀のはず…。

普通は何日か様子を見て、我慢できずにクレームを伝えるというパターンを取ります。

このように、”ある程度音の被害を受けてから苦情を伝える”という場合が大半です。


このことから言えるのは、日々の騒音の積み重ねでどんどん音が気になり、自分では意識していなくても自然と敏感になってしまったということです。

・騒音は、今までの積み重ねで苦情が来る
・騒音を受け続けると、無意識に音に敏感になってしまう

悪気はないでしょうから難しい話ですが。

そういった”苦情側の状態”というのも、元はと言えば自分たちのせい…と思えば、完全に相手を責めれませんね…。

スポンサーリンク

完璧に近い改善を求めている

そして、もう一つ理解すべきことがあります。

言われた苦情内容以外にも、もっと細々と迷惑をかけている音がある

ということ。


例えば、「子供の足音がうるさい」とだけ苦情を言われたとします。

しかし、言いたいことはそれだけではない可能性が高いのです。

  • 泣いたり騒いでいる声
  • おもちゃで遊んでいる音
  • 入浴中の音 など
KAO
KAO

子供の騒音で問題になるのは、足音だけではありません。

たまに「何時何分に○○音がうるさい」のように、遠慮なく事細かにビシッと言ってくる人もいます。

しかし、だいたいが子供が出す音の中でも、

  • 特にうるさい
  • 絶対改善して欲しい

と思うことを強めたり、何度も言ってきたりするのです。

KAO
KAO

ちゃんと言葉で言われないと気付かないこともあるため、難しいでしょうが…。

言われた内容だけ改善されても、相手はまだ他の音も気になって「まだ改善されない・うるさい」という捉え方をしてしまっている可能性があります。

その他:嫌われることをした!?

いきなりですが、以下の内容に当てはまっていませんか?

  •  挨拶をしない or 不愛想でいる
  •  ごみ捨てのマナーが悪い
  •  駐車場などの違反使用をしている など

子供の足音以外にも、もしかしたら知らぬ間に目を付けられている可能性も否定できません

KAO
KAO

だからあなたが嫌いで、何度も苦情を言って攻撃していることも…。

最低限のマナーは守っているつもりでも、自分が気づかぬ間に目を付けられれば、騒音と関連して倍に恨まれていることもあります

真剣に自分の行いを思い出し、心当たりがなければ単に「騒音が気にくわない」という解釈になります。

引っ越してほしいと思っている

苦情の内容や頻度があまりにひどい場合、引っ越してほしいと思われている可能性があります。

特に、賃貸の物件であればなおさらです。

要するに、精神的に追い詰めることで退去を狙っている

ちょっと怖い話ですが、相手次第ではその可能性も十分にあります。

スポンサーリンク

苦情はもうこりごり…そんなときの対処法

精一杯の気持ちを改めて表す

苦情が絶えない場合、やはり誠意をもって相手に

・精一杯対策をしていること
・申し訳ないという気持ちが心の底からあること

を最大限にアピールしてください。

管理会社を通じて苦情が何度もくる場合、代わりに管理会社に伝えてもらってもいいと思います。

顔見知りになって軽い付き合いがもてたらそれが一番いいのですが…なかなかこのご時世難しいですからね…。


そして、何度も同じ内容の苦情を言われている場合

・改善点は十分理解していること
・苦情内容は肝に銘じていること

等を意思表示し、「(何度も同じこと言われなくても)十分承知しています」の旨を、うまく相手に伝えられると少しは安心することでしょう。

苦情がきても気にしないようにする

そして、もう一つの解決策。

懸命に防音対策を行っているのであれば、

・「苦情がきても気にしない」あるいは「関わらない」

が得策かもしれません。


苦情に対して過剰に反応してしまうと、相手もしめしめと弱みにつけ込んできます

「こっちはやることはやっている」という自信をもち、「もう相手にしない」という手段に出てみるのも良いでしょう。

ただし、裏目に出ることもあるのであくまで”賭け”に出るつもりで、自己責任と最終手段として用いてみてください。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

いかがでしたか?

お子さんの足音等で苦情が何回もくる理由に、思い当たるものが一つでもあったかと思います。

本当は、苦情がくる前に万全の対策をしておくのが一番ですが…隣人運もあるので、なかなか難しいのが現状です。


理由が分かれば次は、それに合った対処をしていくことが解決への道へとつながることでしょう。

今回紹介した記事を参考に、今後の役に立てていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました