「マンションの騒音がどこからか分からない」は本当!意外な響き方に驚き

体験談

マンション(賃貸)に住み始めて、周囲の生活音について感じたこと。

それは、

「どこの部屋から響いてきているのか分からない」

ということです。

もしそれが耐え切れないほどの音であり、苦情を伝えようとしている場合は、特定しておきたいですよね?


今回、私の実体験談とともに「騒音源を特定する方法」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

「マンションの音がどこからか分からない」は本当だった

「マンションは騒音源の特定が難しい」と、よく耳にしますよね!?

” それ、本当です!! ”

「絶対上階からの音だ!」と確信までしても、意外にも、隣や下階からの音だったりします。

したがって、周囲の騒音で苦情を伝えようとしている場合は、慎重な判断が必要です


そして「斜めからも聞こえてくる」という場合もたまに聞きますが、私は今のところ感じたことはありません。

よく聞こえるのは、上階➡下階 の順。

どうやら、”あまりにひどい騒音”の場合は、斜めからもやってくるようです。

しかし、斜めがうるさいのであれば、その下や隣の人の方がもっとうるさいと思うので、ある程度は我慢は必要かと思われます。

スポンサーリンク

【体験談】「こんな響き方するの!?」と驚いたこと

私はつい最近、”木造アパート → 鉄筋コンクリートマンション”に引っ越しました。

そして、マンションの方が音の発生源特定が非常に難しいと感じます。

特定が難しいのは、鉄筋コンクリートの特徴なのかもしれませんね…。


今から、私がマンション生活で実際に経験している、数々の例についてご紹介します。

ケース①:外からの声が壁越しに聞こえる

隣か下から話し声が聞こえる…

そうずっと思っていましたが、実は外の話し声だったということがあります。

”マンション駐車場から、エントランスに入るまでの話し声”

私は中層階住まいですが、地上からの声がここまで聞こえるのかと驚き!!

引っ越してきた当初は、”壁か天井を通して聞こえてくる”としか思えなかったので、驚きました。

KAO
KAO

今では、外からなのか壁を通じてなのかは区別がつくようになりました。

中層階でこれですから、1階~3階など地上から近い部屋に住んでいる住人は、もっと間近に感じていることでしょう。

ケース②:下階の玄関のドア音がリビング真上から聞こえる

リビングで寛いでいるときに、確かに真上から「ガチャッドーーン」という大きな音が聞こえ、最初は何の音か分かりませんでした。

それ以降、たびたび昼夜問わず同じような音がすることがあったのです。


しかし後に上階が空き家になったにもかかわらず、たまに聞こえることがあったのです。


ですが、あるときその音が特定できました。

真上からの音と認識

(本当は)下階の玄関のドアが閉まる音


なぜ特定できたのかというと、

  • エレベーターが、自分ちの下の階から1階に降りるのを確認
  • 下階の住人が駐車場に行く姿を目撃

そこで初めて、「下階の玄関のドアの音だ!」と認識しました。

自分の部屋のリビングにて、はっきり”真上からの部屋内の音”と思い込んでいたのが、一気に覆された瞬間でした。

スポンサーリンク

ケース③:上階が空き家のはずなのに足音がする

上階が空き家のはずなのに夜静まり返ると、上から足音が聞こえるのです。


最初は「音が聞こえてくる」というより、「怖い」という感情そのものでした。

夜は業者の出入り等もないはずなのに、おかしいなぁ…と思っていたら、、

” 下階の歩く音 ”

でした。

「真上から」と思い込んでいても、「下からの足音」というのはびっくりです。

ケース④:隣からの音と思ったら我が家が原因だった

夜、リビングで一人でいる時に、隣から「カタッコトッ」という音が…。

結構大きい音だったので、「何かしてるのかなぁ~」と思っていましたが…よく耳を澄ませると、

自分ちの浴室から聞こえる…?

ちょうどそのとき、旦那がお風呂に入っていました。

聞きなれない音だったので、まさかとは思っていましたが…。


浴室に行ってみると、洗濯機のフィルターを掃除していたのだそう!

KAO
KAO

絶対に隣からの音だと思っていたのに…

「本当に、音ってどこからきているのか特定が難しい…」と思った瞬間でした。

スポンサーリンク

騒音源を特定する方法

「絶対この部屋から聞こえる!」という100%に近い自信があっても、意外と違う部屋からの音だったりします。


ここで話が少しそれますが…。

私が以前、木造アパートに住んでいた時は、特定が比較的容易でした。

  • 戸数が少なく住人在宅の有無が分かりやすい
  • ハッキリとした音で伝わるので特定しやすい

しかし、鉄筋コンクリートのマンションは別です。

数10世帯以上の戸数の集まりなので、住人の動きが特定しにくく、予想外な伝わり方で耳に届くのです。


したがって騒音源の特定、もしくは2世帯ほどに絞り出す方法は、

  • 音が聞こえる時間帯と内容をメモしておく
  • 周囲4世帯(上下隣)の自転車や駐車場を知る
    ⇒在宅の有無の確認
  • 音が聞こえたら、一番大きく聞こえる場所を探る

手間はかかりますが、このように長い目で見ていって徐々に特定していくしかありません。

「メモ」に関しては、週単位でメモしておくと住人のライフスタイルが見えてきたりするので、騒音源の特定につながりやすくなります。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

「絶対この部屋からの騒音だ」と思っても、実際は全く違う予想外の場所からだったりします。

よって自分の耳や感覚を過信せず、慎重に判断する必要があります。


「周囲の生活音がどこからきているんだろう」と疑問に感じていた方にも、参考になったのなら嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました