木造アパートで子育て可能?子供の騒音被害を受けて思うリアルな実態

アパート騒音

木造アパートは、防音性はほとんどありません。

そこで、子供をもつ親にとって気になること…。

木造アパートで子育ては可能?

という疑問。

そこで今回、木造アパートに焦点をあて、”実際子供の騒音被害に遭った側の意見”をお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

木造アパートで子育ては可能なのか?

先に結論から述べますと、

木造アパートは
子育てに向きません

アパート内外の環境により一概に言えない場合もありますが、隣人トラブルに巻き込まれる可能性が高いと言えます。

もし今から子育てが始まり、賃貸の新居を探しているところであれば、99%勧めません

スポンサーリンク

木造アパートの子育てに関して言えること

アパートの1階であれば大丈夫なのか?

確かに、1階なら2階より問題になる可能性は低いでしょう

ですが、1階から2階に響かないわけではありません。

”走り回る・物を投げる”など激しい動きをすれば、上階や隣に迷惑をかける可能性は十分にあります。

それに「」に関しては、1階から2階の方が響きやすいのです。

KAO
KAO

”泣き声や騒ぎ声”は、木造アパートではほぼ筒抜けです。

…とはいっても実際は様々な理由から、木造アパートの物件しか候補にあがらないこともあるでしょう。

その際は、出来るだけ1階の角部屋を選択し、少しでも周囲の世帯と接する数を少なくしましょう。

ただし、1階に住んだとしても、最低限の周囲への配慮は十分行う必要があります。

*木造アパートなら「1階の角部屋」が良い
*同じ物件に子育て世帯が他にいるとより安心

木造の魅力は子育てにはNG

木造アパートは、様々な面で魅力があったりします。

  • 比較的安価な家賃で住める
  • 外観がオシャレな造りが多い
  • 家の出入りが楽

しかし、こういった理由で木造アパートを考えているのならば、一度考え直した方が良いでしょう。

子供って、活発に動き始めるまでは泣き声しか問題になりません。

ですがハイハイや歩行を始めるようになると、足音物音・声すべてがトラブルの要因になります

よって木造アパートの魅力にあまりとらわれず、『防音性』を一番に考慮した物件探しがベストと言えます。

子供が1人いるだけでもかなり響く

実際に私が経験しているので言えることですが…。

上階の子供が歩き始めたくらいから、「本当にうるさい・勘弁して」と思っていました。

KAO
KAO

とっとっとっ ドドドド ズシンズシン」みたいな凄い音ばかり。

うちの上階の場合、防音マットなどを敷いていないようだったので、すさまじかったです。

木造で子供2人以上なんて言うまでもなし!

ですが、騒音を受けて感じたことは、

子供がまだ1人で、かつ活発に動き始めるまでなら、木造アパート住まいでもアリかもしれない…

ということ!

≫【木造アパート】こんな音が響く!子供が出している実際の音

結局は鉄筋コンクリート物件と家賃が変わらない?

ここでいったん、経済面のお話になります。

「家賃が安いから」という理由で木造アパートに住むのなら、半分は正解ですが半分は間違いです


…なぜ半分は間違いなのでしょう?

それは、

防音対策を頑丈に施す必要があるから

鉄筋コンクリート造などの比較的防音性に強いと言われる物件だと、木造に比べて確かに家賃が高くなります。

しかし防音対策をそれなりに施し、配慮の気持ちもあるのならば、周囲に迷惑をかけるほどは響かないのです。


一方で、木造アパートはというと…

対策は過剰なくらい必要です

お部屋の数が多いほど大変ですし、防音マットのもあげなければ、周囲に響きまくります。

…となると、結局は相当なお金がかかってきますよね??

KAO
KAO

防音マット類”は、本気で揃えたら数万円はかかります。

したがって「木造アパートだと、結局防音対策にお金がかかる」と思えば、最初から防音性の高い物件に住んだほうが、割に合うのです。

周りの環境にも左右される!?

子供の騒音がトラブルになりやすいかどうかは、「アパートの周辺環境」によっても変わってきます。

さて、いきなりですが…!

  • 閑静な住宅街にあるアパート
  • 車や人通りの多い場所に面したアパート

建物内の騒音トラブルに関して言えば、どちらがトラブルになりやすいでしょう?


そうです!!!

閑静な住宅街にあるアパート

の方が、建物内での音の響きが大きく感じるのです


…いや、響き方が大きいというより、建物内の音をキャッチしやすいという方が正しいかもしれません。

KAO
KAO

建物の周辺がガヤガヤしている物件の方が、
建物内で起こる騒音がまぎれますからね!

結局木造アパートには長くは住めない

周囲の住人の理解度や、世帯構成にもよりますが。

木造アパートである以上、「いずれは何かしらの苦情がくる可能性が高い」と構えていたほうがよいでしょう。

出している騒音が子供なので、1度苦情が来れば1回ではおさまらないことが多いのです

度重なる苦情に耐えることができ、適宜対策を行える自信があれば別ですが。

子供は成長する一方なので、そう簡単にはいきません。


…となると、子供が大きくなる前に「引っ越し」が頭によぎることと思います。

KAO
KAO

結局は戸建てを購入しない限り、「少しでも防音性の高い物件に引っ越し」という事態に。

それなら最初から、「木造アパートは避けた方が無難である」ということが理解できるかと思います。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

いろんな観点から述べましたが、木造アパートは子育て世帯には向いていないと言えます。

せっかく木造アパートに入居しても「短期間で引っ越し…」という、悲しい結果になることも十分にありえます。

よって、子供がいる時点で防音性の高い物件を選んだ方が、親も子供ものびのびできるのです。


子育て中の住居選びは、かなり慎重になる必要がありますね!

タイトルとURLをコピーしました