木造アパートで子育ては可能?子供の騒音被害を受けて思うリアルな実態

アパート騒音

木造アパートは、防音性が低い物件です


そこで、子供をもつ親は気になりますよね!

木造アパートで子育ては可能なのか?

という疑問。


実際に木造アパートに住んで、感じたことがあります。

そこで今回、子供の騒音被害に遭った私の立場から、その内容について詳しくお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

木造アパートで子育ては可能なのか?

まず、はじめに言っておきますと。

木造アパートは
子育てに向きません

アパート内外の環境にも左右されるので、一概に言えない場合もあります。

ですが、防音性が低いがゆえ、隣人トラブルに巻き込まれる可能性が高いのです


もし、今から子育てが始まり、新居を探している段階であれば、木造アパートは99%おすすめしません

スポンサーリンク

木造アパートの子育てに関して言えること

1階に住めば大丈夫なのか?

1階であれば、確かに、2階に住むよりは安心度はやや高めです

ですが、1階から2階に響かないわけではありません。

  • 走りまわる
  • 物を投げつける

といった激しい動きがあれば、上階や隣に迷惑がかかっている可能性が高いのです。

それに、「声」に関しては、下から上に響きやすいです

KAO
KAO

”大きな泣き声や騒ぎ声”は、ハッキリ聞こえます。

…とはいっても、実際は様々な理由から、木造アパートの物件しか候補にあがらないこともあるかと思います。

その場合、できるなら1階の角部屋を選択し、少しでも周囲の世帯と接する数が少ない方が良いです

しかし、1階だったとしても、できる限り周囲への配慮はすべきです。

  • 木造アパートに住むなら「1階の角部屋」がベスト
  • 同じ物件に他に子育て世帯がいるとより安心

木造の魅力は子育てには必要ない

木造アパートはデメリットだけでなく、もちろんメリットもあります。

  • 物件数が多く検討しやすい
  • 比較的安価な家賃で住める
  • 外観がオシャレな造りが多い
  • 家の出入りがラク

しかし、このような理由で木造アパートを考えているのならば、考え直した方が良いのです。


子供って、活発に動くまでは、泣き声しか迷惑がかかる要素がありません

しかし、ハイハイや歩き始めるようになると、足音物音・声すべてがトラブルの要因になるのです

そのため、木造アパートの魅力にとらわれすぎず、「防音性」を一番に考慮した物件探しがベストと言えます。

スポンサーリンク

子供が1人いるだけでも響く

実際に、私が経験済みなので言えることですが…。

上階の子供が歩き始めたくらいから、

「勘弁してよ!」

…と思っていました。

KAO
KAO

とっとっとっ、ドドドド、 ズシンズシン」みたいな、響く音ばかり…。

床になにも敷いていない状態ですと、相当な威力でした。

木造アパートで子供2人以上なんて、言うまでもありません。


ですが、子供の騒音を受けて感じたことは、

子供が1人で、かつ、活発に動き始めるまでなら、木造アパート住まいでもアリかもしれない

ということです。


赤ちゃんの泣き声は、響くけれども、どうしようもないので仕方のないことです。

しかし、足音に関しては話は別です。

KAO
KAO

泣き声は対策しようがないけれど、足音は親の防音対策で軽減できるからです。


≫【木造アパート】こんな音が響く!子供が出している実際の音

結局はマンションと家賃が変わらない?

ここで少し、経済面のお話になります。


”家賃が安いから”

という理由で木造アパートに住むのなら、実は、半分は正解で半分は間違いです。

なぜ、半分は間違いなのか?

それは、踏み込んだ防音対策が必要だからです


マンションのように、アパートより防音性が高い物件だと、木造に比べると確かに家賃が高くなります。

しかし、マンションの場合は最低限の防音対策で、周囲に迷惑をかけまくるほどは響かないのです


一方で木造アパートは、徹底した対策が必要になってきます。

2LDK以上など、部屋の数が多いと防音対策が大変ですし、防音マットの質もあげなければ、木造ではほとんど意味がないのです。

KAO
KAO

プレイマットレベルでないと、足音の軽減はできません。



…となると、結局は防音対策にお金がかかります。

KAO
KAO

防音マット類は、本気で揃えたら高額です。

そのため、

「木造アパートだと、結局防音対策にお金がかかってしまう」

と思えば、最初から防音性の高い物件に住んだほうが、賢い選択なのです。

KAO
KAO

小さい子供がいる引っ越しは、想像以上に大変

周りの環境にも左右される

実際に、子供の騒音がトラブルになりやすいかどうかは、「アパートの周辺環境」によっても変わってきます。

  • 閑静な住宅街にあるアパート
  • 車や人通りの多い場所に面したアパート

このどちらが、よりトラブルになりやすいでしょう…?


そうです!

”閑静な住宅街にあるアパート”

の方が、建物内での音の響きが大きく感じるのです。


…いや、

”響き方が大きい”

というより、

”建物内の音をキャッチしやすい”

と言った方が、正しい表現かもしれません。

KAO
KAO

建物の周辺が賑やかな物件の方が、周囲の騒音がまぎれますからね!

結局は長く住めない運命?

”近隣住人の世帯構成や理解度”などといった、運にもよりますが…。

木造アパートで子育てをする場合、「いずれは苦情がくるかもしれない」と思っていたほうがよいのです。


なぜなら、騒音源が子供なので解決が難しく…。

1度苦情がきてしまうと、1回ではおさまらないことが多いのです

苦情に耐えることができ、適宜対策を行える自信があればいいのですが…。

親の思いとは裏腹に子供は成長する一方なので、そう簡単にはいきません


…となると、子供が大きくなる前に、「引っ越し」が頭によぎることと思います。

KAO
KAO

結局は一軒家でない限り、「さらに防音性の高い物件に引っ越し」という事態になります。

それなら最初から、

木造アパートでの子育ては、避けた方が無難である

ということが、理解できるかと思います。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

いろんな観点から述べさせていただきました。

紹介した内容から分かるように、木造アパートは子育てには向いていないと言えます


せっかく木造アパートに入居しても、”苦情がきて短期間で引っ越し”という、悲しい結末もありえます。

子供がいる時点で、防音性の高い物件を選んだ方が、親も子供ものびのび過ごせるのです


子育て中の住居選びは、かなり慎重になる必要がありますね!

タイトルとURLをコピーしました