歯ぎしりはマウスピースで防ぐ!効果のほどは?つけると一日が楽になる

ライフ

歯ぎしりは、周りから指摘されない限りなかなか気づきません。

そして歯ぎしりのやっかいな点は無意識である睡眠中に発生するので、「防ぐ方法はマウスピースを装着するしかない」ということです。

はじめは抵抗があるでしょうし、歯医者に行く時間がとられます。

そのうえマウスピースを自分の歯の形に合わせて作製するとなると、値段もそれなりにかかってしまいます。

しかし、毎日の健康被害を考えるとプラスの効果があり、私はマウスピースを始めてよかったと思っています。

同じように「歯ぎしり」の悩みをもつ方の参考になる記事ですので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

【体験談】歯ぎしりにはマウスピース!効果は?

歯ぎしりは仕事ストレスが原因?

私が、いつから歯ぎしりをするようになったのかは分かりません。

今思えば家族に指摘される前から、歯ぎしりしている期間が結構あったのだと思います

ちょうどその時期、新卒で入社した仕事で嫌な上司が複数人いて、毎日がストレスでした。

学生時代は歯ぎしりを指摘されたことがなかったので、やはり「仕事ストレス」が原因だったと言えます。

ある日家族に指摘されて気づく

社会人になって実家に帰省した際、家族から「歯ぎしりすごいよ!」と言われたことがきっかけでした。

そのときは「あ、私歯ぎしりするんだ~」くらいに思っていましたが、ちょうどたまたまその時期に奥歯の知覚過敏の症状があったのです。

  • アイスなど冷たいものを食べると奥歯がしみる

我慢できないわけでもないし、最初虫歯の初期かも(?)の軽い感覚で思っていましたが、どうやら知覚過敏の症状だったようです。

スポンサーリンク

歯ぎしりによる症状があった

そしてその頃、起床時~夕方くらいまでなんとなく体調が優れないことがありました。

「仕事ストレスで疲れているのかな~」くらいにしか思っていませんでしたが…。

  • 起床時:首から頭にかけて痛み+顎のこわばり
  • 半日中:疲れがとれない+時に鈍頭痛

というように、ひどくはないけれど多少支障がある程度の体の異変がありました。


しかし不思議なことに、日によって何も体調変化を感じないときもありました。

そこまで日常生活に支障を来しているわけではなかったので、深く考えずにスルー状態でした。

KAO
KAO

今思えば、これらの症状は歯ぎしりが原因だったのだと。
当時は若さパワーで、気合で乗り切っていました。

歯医者でマウスピース作製を始める

歯ぎしりの回数が多いということと、知覚過敏も気になり、ついに歯医者に行くことにしました。

マウスピースの作製をすすめられるだろうと覚悟していたら…案の定、マウスピースを作る方向で進められました。

当時、社会人2年目くらいだったので、出費が痛かったのを覚えています(泣)

スポンサーリンク

マウスピースを使用した感想

マウスピース使用初日

初めて装着したときは、マウスピースの”ぷにゅっ”とした感触に違和感がありました。

試しに歯を思いっきり食いしばってみると、奥歯への負担が軽減されている感覚があります

KAO
KAO

どんなに強く噛んでも破れない!いいクッションになってる♪

そして起床時の症状はというと…

変わったような変わらないような…

KAO
KAO

正直、初日はよく効果が分からなかったです

忙しい朝にマウスピースを洗い、次に洗浄液につけてからやっと顔を洗う・・・となると、朝の日課が大変になるなぁ~と少し憂鬱な気分でした。

マウスピースを使用するにつれて

だんだんと、装着の違和感や朝からのケアも慣れてきました

慣れてきたというか面倒ではあるけれど、日々の日課になり始めた感じです。

本当に毎日装着となると嫌になってくるので、旅行や飲み会などで帰りが遅くなった時は、たまにさぼっていました。

知覚過敏は相変わらずでしたが装着し始めて数カ月が経ち、頭痛などが起こりにくくなったような気がしてきました

マウスピースのケアが大変

嬉しいことに、歯ぎしりによる体の不調は少しよくなりつつありましたが、とにかくマウスピースのケアが大変でした

だからといって適当にケアすると雑菌が繁殖するし…
マウスピースをやめたらそれはそれで、また歯に負担がかかるし…。

KAO
KAO

何回、マウスピース装着をやめようと思ったことか…。
しかし、なんとか頑張って続けました。

そしてケア用に、ポリデントのような洗浄剤を買う必要がありました。

薬局だと購入するのが恥ずかしかったので(当時20代前半)、ケア用品類はネットで購入していました。

体が徐々に楽になってきた

面倒と思いながらも続けるうちに、気づけば朝の顎や頭の痛み、そしてこわばりが気にならなくなってきました

当時は、まさかこのような症状が歯ぎしりのせいだとは思ってもいなかったので、不調が当たり前になりかけていたのです。

KAO
KAO

もう少し放置していたらと思うと恐ろしいです。
やはり、早めの処置が1番ですね!

そして気づけば仕事が変わり、ストレスが少し減ったせいもあって自然とマウスピースをやめました。

家族によると歯ぎしりは現在、ほとんどしていないそうです。

歯ぎしりは、ストレスの度合いで変わる!?

…となるとやはりストレスが原因と言えるので、日ごろのストレス発散は上手にしておくべきですね!

スポンサーリンク

おわりに

現在では、歯ぎしりとはほぼ無縁の生活を送れています。

やっかいなことに睡眠中に起きるので、歯ぎしり自体を防ぐことはできません


そのため、歯ぎしりのせいで体に不調が出ているなら積極的にマウスピース使用を検討し、継続して装着すると体がとても楽になります。

同じように歯ぎしりに悩んでいる方は、ぜひ、思い切ってマウスピースを使用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました