【体験談】親知らず抜歯完了!上下の抜歯の違いを詳しく知りたい方に

体験談

3年半かかって、ようやく”親知らず上下4本すべて”の抜歯を終えました。

普通は、短期間に4本とも終わらせる人がほとんどでしょうが…。

私は親知らずの1本目を抜いた時のトラウマがあり、残りの3本を抜くまで相当時間がかかってしまいました。

今回、抜歯中の様子や所要時間などを含め「親知らず上下の抜歯の違い」を記載していきます。

ぜひ、参考にされてください。

スポンサーリンク

【親知らずの抜歯】上下の抜歯の違いとは?

はじめに:私の抜歯体験談

親知らずを抜歯した時期

親知らずの抜歯は、”左下→左上→右下→右上”の順番で行いました。

以下が、私が実際に抜歯をした時期です。

  1. 左下の歯:2016年 秋
  2. 左上の歯:2018年 夏
  3. 右下の歯:2019年 秋
  4. 右上の歯:2020年 夏

約3年半かかって、ようやく上下4本すべての親知らずを抜歯することができたのです。

なぜ、こんなに時間を要したのか??

初めて左下の抜歯をした際、抜歯直後に高熱が出てしまい、さらに様々な症状が出てトラウマになってしまったからです。

これから抜歯する人にとっては、恐怖感を持たせてしまったかもしれませんが‥

大丈夫です!

親知らず抜歯の経験を積んでいる歯医者を選べば、心配する必要はありません

上下の抜歯の所要時間

以下は麻酔の時間を入れず、単に抜歯をしている間の時間です。

  1. 左下の歯:20分程度
  2. 左上の歯: 4分程度
  3. 右下の歯:10分程度
  4. 右上の歯: 2分程度

このように、かなりバラツキがありました。

左下の歯(20分程度)

歯の一部が埋もれていたため、歯茎を切開しました。

KAO
KAO

そのため、他の抜歯よりも時間を要しました

数分に1回、休憩がてら口を閉じさせてもらいましたが、それでも終わった後の顎のこわばがありました。

右下の歯(10分程度)

親知らず下の歯の特徴として、ほとんどの人は上の歯よりも抜歯時間が長引くことが多いです

私の場合、右下の歯の時は歯茎の切開がなかったので、10分程度で済みました。

左右の上の歯(数分程度)

上の歯の場合、変な生え方をしていなければ、1~3分で抜歯を終えることができます。

KAO
KAO

むしろ、抜歯前の麻酔の処理の方が長いし苦痛です。


4本の抜歯を終えて言えることは、抜歯の所要時間は歯科医師の腕に左右されるということです。

ひとりごと

歯医者選びの重要性を身にしみて感じます

抜歯中の状況

(親知らず)上の歯

生え方も問題なかったせいか、口を開けてぼーっとしているうちに終わりました。

「まだかなぁ…」と思う前に終えてしまうので、下の歯の抜歯に比べて非常に楽です

歯科医師
歯科医師

じゃあ止血しますね~!

KAO
KAO

え、もう終わったんだ…!

歯が抜ける時も、不思議と抜けた感覚が全くありません。

そして麻酔がしっかり効いているので、痛みは全く感じません

KAO
KAO

口腔内を軽くいじられたくらいの感覚です。

(親知らず)下の歯

上の歯よりも抜歯時間が長いうえに口を大きく開けなければならないため、抜歯中の負担が上の歯の倍以上です

それに、下から生えている歯を抜くって力がいるのか、抜歯の器具が隣接の歯や唇にあたりまくるので、思わず顎に力が入ってしまいます(泣)

初の抜歯の時は、器具(ペンチ?)で歯を抜く音でビックリしましたが、上の歯と同様、痛みは全くありません

抜歯後の状況

(親知らず)上の歯

私は上の歯2本とも、夕方に抜歯しました。

抜歯後数時間の状況

出血は2時間ほどで完全にとまり、3時間後には普通に夕食を摂れていました。

当然硬い食べ物は避けましたが、傷口に極力触れぬようゆっくりと食べる必要があります。

痛み止め(処方される鎮痛剤)は麻酔がきれるであろう少し前に、一度飲んだだけで済みました。

翌日には抜歯部の違和感はあったものの、ほぼ通常通りの生活が送れました

(親知らず)下の歯

下の歯の抜歯は少し体力が消耗し、ご飯は「抜歯して5~6時間後」にしか食べれませんでした。

お粥パンといった、柔らかい食べ物しか受け付けず

口が開けにくいし出血も多めで、翌朝まで唾液にダラダラと少量の血が混じっていました。

痛み止め(ロキソニン)の服用は抜歯当日だけでは足りず、数日間かけて数回は飲んでいます

そして翌日から頬の腫れも始まり、しばらくの間は抜歯側の頬がぷくーっと腫れていました。

KAO
KAO

しばらくはマスク必須の生活でした。

スポンサーリンク

【おまけ】アフターケアの大切さ

親知らずの抜歯を終えると「奥歯の不快感」が消え、口の中全体がとてもスッキリします。

KAO
KAO

「もっと早く4本の抜歯を終わらせとけばよかった」と、終えてから思います。

しかし、抜歯したら終わりではなく、その後のケアもとても大切です。

将来的に親知らず以外の歯も失ってしまわぬよう、抜歯後も口腔内のケアはしっかりと行うべきなのです

奥の歯ほど、普通のハブラシだけでは行き届きません。

ピンポイントハブラシフロス等で毎日ケアを行うと、人生で二度と抜歯をしなくてよくなります。

私は親知らずの抜歯をして「できることなら二度と歯を抜きたくない」と感じたので、ケアグッズで歯を大切にしていこうと決めました。

スポンサーリンク

おわりに

親知らずの抜歯中や抜歯後の状況を、上下別に想像できたでしょうか?

同じ親知らずでも、

上の歯下の歯とでは、所要時間や抜歯後の反応が全く違うのだ」

ということを、頭に入れていただきたいと思っています。

今回の記事で、これから抜歯を控えている方の参考になったのなら嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました