騒音で苦情がきた人!適切な対応はまず相手を観察することから始める

アパート騒音

「騒音で苦情がきてしまった…!

という人へ。


今後どうしたらいいのか、どう対応していくのが正解なのか考え、悩みますよね。

指摘された生活音に心当たりがある場合、事が大きくならぬよう常識のある対応が求められます。


そして、私が実際に騒音問題(被害側)に直面し、気づいたことがあります。

苦情の相手によって対応を変えると、大きなトラブルになる可能性を少しでも回避できる

ということです。

できるだけ、相手と揉めずにうまくやっていきたい人は、ぜひ、最後まで目を通されてください。

スポンサーリンク

なぜ騒音トラブルが起きるのか?

住人同士の騒音トラブルは、”苦情”を伝えてはじめて起きます。

”騒音”と言えるほどの音を出していたとしても、誰かが指摘しなければ、人と人との衝突は起こりません。

KAO
KAO

苦情を言いたくても、言えずに我慢している人はたくさんいます。
そういった場合、”騒音トラブル”には発展しません。

そしてなぜ、騒音が問題は起きるのでしょうか?

それは、

価値観が様々だからです

KAO
KAO

一人一人が全く同じ価値観であれば、騒音トラブルは起きないと思われます。

たとえば、

  • 掃除機は10:00以降が常識
  • 早朝だけど出勤前に掃除しよう
  • 子供の騒音は仕方がない
  • 子供でも騒音には変わりないから苦情を伝える
  • 深夜や早朝の入浴は避けるべき
  • 帰宅が遅いから深夜の入浴は仕方がない

といったように、人が持っている価値観はそれぞれなのです。

そして、自分の考えに反した行動を相手がとると「騒音」と認識し、人によっては苦情を伝え、騒音トラブルに発展してしまうのです。

スポンサーリンク

騒音で苦情がきた人に知って欲しいこと

価値観が違うと衝突が起きる

さきほども述べましたが…、

価値観は、人それぞれです


普段から意識はしていないけれど、自分がもっている『常識の範囲』というのが、人によって違うのは当然なのです。

そのため、一見互いに正しい主張があったとしても、なかなか解決に至りにくくなります。


明らかに、非常識と思われる言動は別としまして…。

「そういう考えもあるんだ!」

と、冷静に判断できればいいのですが…。


自分の考えを簡単に曲げられる人はいません。

それが、自分に不利益をもたらす「騒音」となれば、なおさらです。

育った環境の違いで騒音主になる?

騒音の苦情を言われても、自分自身が必ずしも”常識がない”というわけではないので、安心してください

それは、自分が育った環境によって、知らぬ間に迷惑をかけていることもあるからです。

  • 集合住宅に住んだことがなく、配慮の程度を知らない
  • 周囲のうるさい環境に慣れて育った
  • 元々住んでた一軒家と同じ感覚でいる など

このような場合、自分は全く悪気がなくても、苦情の相手次第で”騒音主になってしまったというだけの話です

騒音トラブルは、想像以上に奥が深い問題です。

スポンサーリンク

苦情の対応ポイントはまず相手を知ること

相手の人物像を推測する

苦情がきてしまった場合…。

まず、相手を知るよう努めましょう


・・・とはいっても、相手がどのような人なのか、全く分からないケースも多いと思います。

しかし、できる限りの特定はしておいてください。


そして、「この人かな?」というめどがついたら、次に行うこと。

相手の雰囲気で人柄などを推測し、それにあった対応をする

これが、苦情を言われた後の、対応を間違えないポイントになります


もちろん、苦情を言われた状況によります。

直接言われた場合は、

  • 見た目の装い
  • 相手の話し方
  • 言葉遣い

などを見て、適切な対応を考えていただきたいのです。

相手がどんな人物であるかの見極めは、非常に重要なのです。

見極めポイント
  • 常識的な発言か
  • 話の筋が通っているか
  • 感情的になりすぎていないか
スポンサーリンク

相手に応じた適切な対応をする

世の中には、本当にいろんな人がいます。

  • おだやかで冷静な人
  • すぐかっとなる人
  • 自己主張が激しい人
  • 執着心が強い人

などなど。

騒音トラブルの場面では、よくこういったタイプに分類されます。


中でも、感情的に苦情を言う人がいますが、必ずしも”悪い人”というわけではありません

KAO
KAO

強い口調で言われたりすると、つい「悪い人」と捉えてしまいますが、そうでもありません。

なぜ、そういうことが言えるかというと、

  • 一時的に我を忘れている
  • 感情的になるほど音がうるさい
  • 精神疾患を抱えている

といったことが考えられるからです。

住人の真の姿なんて、日頃から深い付き合いがない限り、分かり得ません。

そのため、自身の感覚だけが頼りなのです。

普通の人だと判断した場合

たとえ感情的に苦情を言われたとしても、話の筋が通っているのであれば、

「ごく普通の人だ」

と判断し、自分が迷惑をかけてしまったことの反省と、改善に取り組むべきです。

KAO
KAO

必要に応じて「謝罪」に伺うと良いでしょう。

苦情を言われても、相手との関係が修復不可能ではありません

  • 誠意を感じる謝罪
  • 改善に一生懸命な気持ち

などが相手に伝われば、挽回できるチャンスはあります。

ただし、それも相手の”人柄や性格”によります。よって、見極めが重要なのです。

慎重に対応するべき相手

次に、苦情の相手が以下のよう場合、少し慎重になってください。

  • 暴言交じりで話す
  • 怒鳴りはじめる
  • 話が支離滅裂すぎる
  • 不可解な発言・行動が多い

これはいわゆる、まともじゃない人の可能性が非常に高いのです。


そういう人とは真面目に向き合っても、時間を無駄に奪われるだけです。

そして、危険な行動に出ることも考えられます。


アドバイスとしては、最低限の対応(謝罪等)を行えたら行い、

  • あまり関わらない
  • 賃貸であれば引っ越しを視野に入れる

といった、安全な選択をとりましょう。

KAO
KAO

人間関係による職場の転職と考えは一緒です。
”住人の運が悪かった”と思い、次の住居を検討し始めた方がよいです。

苦情の内容に心当たりがあるなら改善し、あとはその住人とあまり関わらない程度に過ごした方が良いでしょう


このような人間の場合、関われば関わるほど、さらに苦情がエスカレートしたりします。

だからといって完全無視でも、思わぬ行動をとられることも予想されます。

最悪の場合、大きな事件に発展することも否定できません。

そのため、

ほどよく関わらないこと

を意識し、以後は慎重に行動してください。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

相手を観察し見極め、それに合った対応をすれば、大きなトラブルになることを防ぐことができる

これが、苦情を言われた時のポイントです。


そして自分自身も、逆に違う形で被害を受ける可能性も回避できます。

第三者などから苦情を伝えられた場合でも、できるだけ、相手を知るよう努めてください

そうすれば、自分がどういった対応すべきなのか、おのずと見えてきます。


できる限り安心した生活を送るためにも、ぜひ、慎重な行動を心がけてください。

タイトルとURLをコピーしました