子供の騒音で苦情がきた方へ!苦情を言ったことがある私がアドバイス

アパート騒音

子供の騒音で苦情が来てしまった

原因が子供となると、解決が難しいんですよね~。

苦情を受ける辛さ、分かります


…と言いつつこの記事を書いている私は、実は被害者(苦情を言った側)なのです。


じゃあ苦情言われた側の気持ちなんて分からないはず

なんて言われたらそれまでですが…。


確かに、本当の辛さは分からないかもしれません。

しかし子供の騒音被害に遭い、苦情を言われる側の立場も真剣に考えたりします。


そこで今回、被害にあったからこそ伝えられるアドバイスがあると思い記事にしました。

ぜひ、今後の参考にされてください。

スポンサーリンク

はじめに:理解していただきたいこと

子供の出す音は想像以上である

まずはじめに、理解していただきたいこと。

子供が出す音は相当なパワーがある

周囲の子供の騒音を経験したことがない場合、実際被害に遭うとあまりの騒がしさに驚くことでしょう。

そして毎日元気な子供と一緒にいると、周囲の誰かから指摘されるまで気づきにくいものです。

特に木造鉄骨系などの防音性の低い建物では、子供がいるだけでほぼ確実に周囲に響いています


それから、子供の騒音で問題なのは「足音」だけではありません。

  • 泣きわめく声
  • おもちゃで遊ぶ音
  • ジャンプする音
  • 足を床でドタバタさせる音
  • 壁を叩く音 など

このように、様々な行動で周囲に迷惑をかけてしまっている可能性があるのです。

苦情側が正しいとは限らない

そして、もう一つ知っていてほしいこと。

苦情を言う人間が正しいとは限らない

KAO
KAO

どういうことでしょう?

例えば、

  • 元々クレーマー気質
  • 極度の神経質
  • 精神疾患がある 

のように、苦情側に問題がある可能性もあるのです。


よって苦情がきてしまっても、気落ちしなくてもよい場合があるということです。


以下にまとめましたので、参考にしてみて下さい。

クレーマー気質

・(努力しているのに)何度も苦情がくる 
・ああ言えばこう言うタイプ 
・他にも何かしらのクレームが多い 

極度の神経質

・仕方のない生活音まで指摘してくる 
・苦情の内容がやたら細かすぎる 

スポンサーリンク

子供の騒音で苦情がきた人にアドバイス

絶対に反抗しないこと

苦情を言ってきた者は、うるさくて困っているから苦情という形で意思表示をします。


よって逆上したり言い訳するのは、少なくとも初めての苦情では控えていただきたいのです。


苦情側が共通して求めていることは、

改善してほしい

ただ、これだけなのです。


怒鳴って苦情を言ってくる場合でも、「それだけ感情的になるほど騒がしい」ということ。

よって、それに対して本気で反抗してしまうと、火に油を注ぐことになりかねません。

「子供だから仕方ない」は容易に発しない

苦情を言われ、こんな言葉を容易に発する親がたまにいます。

  • 「子供だから仕方ない」
  • 「言っても聞かないからこれ以上は無理」

確かに、その言葉の通りです。
子供は何度言っても分からないし、どうしようもないことがほとんど…。

しかし、被害側も騒音に対する限度というのがあるのです

したがってそう思っていたとしても、相手に対しては決して口に出してはなりません


ただし、自身が行っている防音対策に自信がある場合、管理会社なり被害側に状況を説明し、精一杯やっているという努力を伝えてみると良いでしょう。

そして、「このような防音対策を万全にしています」ということ自信もって言えてはじめて、子供だから仕方ないと言えるのではないでしょうか。

苦情側の生活音もうるさいと思っている方

苦情言われたけど、あなたの方もうるさい!人のこと言えないのでは?」

このようなパターンは、よくあることです。

KAO
KAO

「そちらの生活音も聞こえて我慢しているけど、なぜうちばかり?」

それはただ単に、生活音の場合もあります。

しかし、私が実際に経験から言えるのは以下のどれかの可能性が高いです。

  • 騒音を紛らわすために音を立てている
  • こんだけ響くのだと気づいてほしい
  • 単に仕返しのつもり

もちろん、仕返しはやってはいけないことです。

その場合悪いことと分かっていても、そうしてしまいたくなるほどうるさいのでしょう


したがって「相手もうるさいのに!」と決めつけず、どういうつもりでうるさいのかを慎重に判断する必要があります。

苦情側とうまくやっていくために

苦情を言ってきた相手と今後もうまくやっていくには、

① 申し訳ない気持ちを持ち続ける
② 改善に向けて全力で取り組む
③ 会ったときは謙虚に挨拶や会釈を

この3つに尽きると思います。

騒音の被害を受けると音に関することだけでなく、相手の態度やマナーなどの面でも敏感になってしまうのです。

以下が、実際私が相手に感じていたことです。

  • 改善されているか、壁を通して耳を傾けるようになる
  • 会ったときに謙虚な態度で接してくるのか見てしまう
    その他
  • ゴミ出しのマナーは守れているか
  • 違法駐車をしていないか など

したがって、隣人と大きなトラブルになるのを避けたい方は、騒音以外の一般的なマナー態度などにも、以後十分気をつける必要があります。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

以上になりますが、実際に苦情を言ったことがある私からのアドバイスでした。


集合住宅では、価値観の異なる人々がそれぞれ生活しているので、解決は一筋縄ではいきません。

しかし、状況状況でうまく対応すれば、きっと良い方向にいくはずです。


今回の記事で、今後に繋がるきっかけになることを祈っています。

タイトルとURLをコピーしました