子供の騒音で苦情がきたけどどうすればいいの?苦情経験ありの私がアドバイス

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
アパート騒音

子供の騒音で
苦情がきたんだけど

音の原因が子供だと、完璧な改善が難しいのが現実です。


そして、苦情を受けた気持ち、とても分かります


…とか言いつつ。

KAO
KAO

この記事を書いている私は、実は被害者(苦情を言った側)なのです。


じゃあ苦情を言われた側の気持ちなんて、分からないでしょ?」と言われたらそれまでですが…。


確かに、本当の辛さは分からないかもしれません。

しかし子供の騒音被害に遭い、苦情を言われる側の立場も真剣に考えたこともありました


そこで今回、被害にあったからこそ伝えられるアドバイスがあると思い、記事にしました。

ぜひ、今後の参考にされてください。

スポンサーリンク

はじめに:理解していただきたいこと

子供の出す音は想像以上

まずはじめに、理解していただきたいことがあります。


それは、子供が出す音は凄まじいということです。

KAO
KAO

実際に経験すると、あまりの騒がしさに驚くと思います

毎日元気な子供と一緒にいると、逆に周囲の静かさに気づけなかったり…。

騒音を指摘されなけば、「そんなに響いていないだろう」なんて思い込んでいたり…。


と、やはり子供の威力を軽くみがちです。



特に、防音性の低い建物(木造)に住んでいる場合。

防音対策をしていたとしても、ほぼ確実に周囲に響いています


それから、子供の騒音で問題なのは、よく言われる「足音」だけではありません。

  • 泣きわめく声
  • おもちゃで遊ぶ音
  • ジャンプする音
  • 壁を叩く音 など

このように子供が起こす様々な行動で、周囲に迷惑をかけてしまっている可能性があります。

苦情側が正しいとは限らない

そして、もう一つ知っておいてほしいことがあります。


それは、

苦情側の発言が正しいとは限らない

ということです。


例えば、

  • クレーマー気質である
  • 音に敏感に反応しやすい
  • 精神疾患を抱えている

のように、騒音云々以前に苦情側に問題がある可能性もあります。


つまり、大してうるさくないのに苦情を言ってくるパターンもなくはないのです

KAO
KAO

この場合、ひどく落ち込む必要はありません。

とは言っても…。

実際はどのタイプの人間なのか、分かりませんよね?


以下にまとめましたので、参考にされて下さい。

クレーマー気質
  • (防音対策を徹底してるのに)何度も苦情がくる 
  • 他の場面でもクレームが多い 
神経質
  • 仕方のない生活音まで指摘してくる 
  • 苦情の内容が細かすぎる 


もし気になる場合は相手を観察してみたり、第三者(管理会社等)に尋ねてみてもいいかもしれません!

第三者(管理会社等)尋ねる内容
  • その相手が過去にトラブルを起こしていないか
  • 他の住人に対しても何か苦情を言っていないか など
スポンサーリンク

子供の騒音で苦情がきた人にアドバイス

では実際に、苦情を言われたらどうすればいいのでしょうか?


私が子供の騒音被害を受け怒りMAXだったときに、

  • 感じていたこと
  • 要望

などがありました。

それを踏まえ、できるだけ丸くおさめるためのアドバイスです。

絶対に反抗してはいけない

KAO
KAO

苦情側は、うるさくて困っているから「苦情」という形で意思表示をします。

そのため、逆上したり言い訳するのは、少なくとも初めての苦情段階では控えておいたほうが良いのです。


どんな相手であろうと、苦情側が共通して求めていることは、

改善してほしい

ただ、これだけなのです。


もし怒鳴られた場合、その人の性分かもしれませんが…。


たいていの場合、感情的になるほど騒がしい可能性が高いのです。


こういった状況なのにも関わらず相手に本気で反抗してしまうと、火に油を注ぐことになりかねないのです。

「子供だから仕方ない」は容易に発しない

苦情を言われ、こんな言葉を発する親がたまにいます。

  • 「子供だから仕方ない」
  • 「子供に注意しても無駄だから」
  • 「育児に追われて対策どころではない」


確かに、その言葉の通りです。

子供は何度言っても言うことを聞かなかったりするし、どうしようもないことがほとんど…。


ですが、被害側にも受忍できる音に限度があるということも、理解してあげるべきなのです

KAO
KAO

「だって仕方でしょ!」と、心の中で思うのは自由!
しかし、相手にはこのことを口に出してはいけません。


ただし!!!
現在施している防音対策に自信がある場合。

状況を説明し、誠意をもって精一杯やっている旨を伝えてみましょう



このような状況になってはじめて、

子供だから仕方ない

と言えるのではないかと思います。

ほぼ響かない?!
\ 最強マットはコチラ /

苦情側の生活音もうるさい場合

苦情言われたけど。
そちらもうるさいよね?
人のこと言えないのでは??

KAO
KAO

このようなパターンって、よくあるみたいです。


それは単に、生活音の場合もあります。

しかし、私が実際に経験から言えるのは、以下のどれかに当てはまる可能性があります。

  • 騒音を紛らわすために音を立てている
  • これだけ響くのだと気づいてほしい
  • 単に仕返しのつもり


もちろん、仕返しはやってはいけないことです。

その場合、悪いと分かっていても、そうしてしまいたくなるほどうるさいのでしょう


したがって「相手もうるさいのに!」とは決めつけず、慎重に判断する必要があります。

苦情側とうまくやっていくために

たとえば、

  • 「簡単には引っ越せない状況にある」
  • 「すれ違ったら気まずくなるのが嫌」
  • 「相手が怖い」

などと言った理由から、できる限り揉めたくないという人が多いでしょう。


そこで、私からアドバイスがあります。

苦情の相手とうまくやっていく可能性を高めるには、

  • 申し訳ない気持ちを持ち続ける
  • 改善に向けて全力で取り組む
  • 会ったときは謙虚に挨拶や会釈を

この3つに尽きると思います。

騒音の被害を受けると音だけでなく、相手の態度やマナーなどの面でも敏感になってしまうのです。


その証拠に、以下が実際に私が相手に感じていたことです。

  • 苦情後に改善されるのか、より音に注意を向けるようになる
  • すれ違ったとき、どのような態度で接してくるのか見てしまう
  • ゴミ出しのマナーは守れる人か
  • 違法駐車をしていないか など

そのため、さらなるトラブルを避けたい場合。

騒音以外の面でも今一度自身の行動を見直し、十分に配慮した生活を送る必要があります。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

KAO
KAO

以上が、実際に苦情を伝えたことがある私からのアドバイスです。


集合住宅では、価値観の異なる人がそれぞれ生活しているので、騒音問題の解決は一筋縄ではいきません。

しかし、状況状況でうまく対応すればきっと良い方向に向かっていくはずなのです。


この記事で、なにか知恵を与えられたり、騒音問題の解決に繋がるきっかけになることを祈っています。

タイトルとURLをコピーしました