子供の騒音対策はこれでバッチリ!苦情が来る確率を極限に減らす全対策

アパート騒音

子育て世帯にとって、集合住宅に住んでいると気になるのが「子供の騒音」ですよね。


たまたま周囲も子育て世帯が多いと苦情はきにくいものの、隣人は選べません。

したがって、周囲の住民に迷惑をかけぬよう「最低限の騒音対策は必須になります


私は過去に「子供の騒音被害」に遭っている側なので、こういう対策をしてもらえたら大丈夫というのが明確に分かっています。

ありふれた防音対策だけでなく、少し手の込んだ工夫もまじえて述べていきますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

【子供の騒音対策】苦情が来ないようにするために

絶対やるべき!?メジャーな騒音対策

防音マットを敷き詰める

下階に住人がいない1階でも、床に必ずやるべき対策です

子供がまだ活発に動かないうちは居場所を決めておき、そこだけ防音マットを引くというやり方をすると、コストが抑えられます。


そして「防音マット」といっても、どういったタイプのものがいいか迷ってしまいますよね?

その中でも、やはり一番大切なのは『 厚み 』になります。

①まだ歩かないうちは、数㎜の一般的なマットでOK
②歩き始めたら、厚み(理想は1㎝以上)があるマットを敷く

子供が成長してきて走ったりジャンプしたりすると、防音マットを二重にするなどより厚みをつくる必要があります

ちなみに「防音シート」は薄すぎて、ほとんど効果がないと考えて下さい。

  • 防音マットは厚みが重要
  • 防音シートはほとんど効果がない

防音カーテンを使用する

子供の泣き声・騒ぎ声が気になるのであれば、防音カーテンで対策を試みると良いでしょう。

窓に近い場所に子供がいる場合は、防音カーテンがあると安心です。

正直な話、防音カーテンで劇的な効果が得られるわけではありません。

「普通のカーテンに比べれば、多少の効果は期待できる」という程度でしょうか!?


しかし、外部からの騒音も軽減できるうえ、遮光性や防火性もあわせもつカーテンもあるので、気分転換がてら検討してみてもいいかもしれません。

【壁・天井用】吸音パネル

「吸音パネル=吸音材」とも言われます。

裏面がテープになっているため、壁だけでなく、天井にも貼り付けられるタイプも存在します


全面に使用すると金額も相当な額になるため、隣人を見ながら必要な箇所だけ使用すると良いですね!

間取りを生かした騒音対策

家具などの配置を工夫

子供が家の中で走る場合、走りやすい空間(例:細長い廊下)を作っているということも原因なのです。

そのためテーブルや家具などのレイアウトを考え、『走り回るスペースを極力なくす』ということがポイントになります。

よく走る場所に障害物となるようなもの(家具・物)を置いたりして、できるだけ走らせない工夫が必要です。

スポンサーリンク

隣人と接している部屋は特に注意

①隣へ迷惑していないか気になる場合

その壁に子供が頻繁に近づかないよう、子供の目線以上の家具を敷き詰めたり、物を置いたりします

そうすることで、子供がよくやりがちな「壁を叩く」「ガチャガチャと物をぶつける」…といった行動はなくなるので、お隣に音が響くのを極力防ぐことができます。

②下階へ響いていないか気になる場合

床に全面防音マットで対処する以外に、下階が寝室にあたる部分では子供を遊ばせないなど、周囲の間取りを考えた対策も重要です

  • への配慮 ⇒ 壁に近づかせないよう工夫
  • 下階への配慮 ⇒ 寝室にあたる部分は特に注意

【必見】ちょっとした工夫

靴下を履かせる

暑い時期は難しいかと思いますが、裸足で歩くより多少の軽減になります

実際に私が上階子供の足音被害にあったときは、裸足と靴下では違いが分かりました。
裸足の方が、ベチベチと少し不快な音を発します

気休め程度かもしれませんが…。

裸足よりは多少響きにくいので、可能であれば靴下を履かせてあげると良いですね。

ベビーゲートを設置

歩き始めてしばらくの間まで『ベビーゲートを利用して行動範囲を狭める』というのも効果的です。

しかし動きが活発になった子供には、仕切りすぎるとストレスを与えるので、2歳くらいまでの防音対策としては非常に効果的です

というのも、範囲を狭めることで、周囲への響きを最小限にとどめることができるからです。

子供の安全対策にもなるので、試してみる価値は十分にあります。

うるさくなったら一度外へ

子供が騒音の原因だと、どんなに親が注意して気を配っても限度があります。

  • いきなりぐずつき始める
  • 兄弟で暴れ始める
  • 怒っても言うことを聞かない など

特に夜間は周囲が静まるので、長時間にわたると大変迷惑です。

そんな時に出来るならいったん外出し、子供を落ち着かせてから帰宅すると良いでしょう。

近くの公園なり、車を走らせて少しドライブさせるのもいいですね!

スポンサーリンク

この記事のまとめ

今回紹介した様々な騒音対策を、一度に実行するのは非常に難しいと思います。

しかし、できる限りの努力するだけでも、周囲から苦情が来る可能性が極端に減るのです


残念ながら一度苦情がきてしまうと、たいていは2回、3回…と、繰り返し来てしまうパターンをとります。

そうなってしまう前に適切な対策を施し、苦情がきにくくなる努力をしましょう!

タイトルとURLをコピーしました