騒音の被害に遭っても、反撃は絶対にやめた方がいい理由を経験から語る

アパート騒音

近隣の騒音でイライラ

このような認識を一度でももってしまうと、さらに意識してしまいますよね?

  • 迷惑なことに気づいてほしい
  • うるさくてついに怒り爆発

こういった理由から天井や壁を叩いたり、あるいは直接苦情を言ったりといった、いわゆる「反撃」に出てしまう人もいることでしょう。

しかし!!!

反撃はやめた方がいい

ということを、今回伝えたいのです。

その理由を、いくつか紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

騒音の被害に遭っても反撃はやめた方がいい理由

逆に加害者になってしまう可能性がある

騒音をくらってイライラしたり、衝動で仕返したくなる気持ちはよく分かります。

KAO
KAO

私も経験してますから…。

しかし、反撃することで逆に自分が悪くなってしまうこともあるのです

・相手が管理会社や警察などに相談をもちかけ、言い方次第でこちらが悪くなり、「仕返ししなければよかった…」という事態になることも。

1回や2回の反撃でしたら、大ごとにはならないかと思います。

しかし積み重なる反撃をすれば、最悪の場合逆に訴えられたりもするのです。

KAO
KAO

元はと言えば被害者なのに、こちらが不利になる可能性も…。

世の中いろんな人がいますからね…。

逆に相手が被害者ぶりはじめたり、知らぬ間に反撃を録音されていたりと用意周到な人も中にはいます。

相手は迷惑をかけている自覚がないことが多いから

騒音を受け、冷静でない時にはなかなか意識できないのですが、

相手は、周囲に迷惑をかけている実感がないことが大半なのです。


つまり、「悪気がない」ということ。

「いやいや、その行動周りに響いてるって普通分かるでしょっ!?」…というような、一見常識的なことでもです。

  • ずっと戸建て住まいで、夜間だろうと早朝だろうと自由にお部屋を使えていた
  • 周囲が静かだと、「自分たちの音も聞こえていないだろう」と思っている


・・・そう。つまり、

自分自身が騒音被害にあったことがない

このような住人だと、案外迷惑をかけている自覚がないのです。

KAO
KAO

集合住宅が初めてだったり、のんびり自由に生きてきた人に多いです。

このような状況で、全く悪気がなかったのにいきなり反撃してしまったらどうでしょう??


逆にこちらが「うるさい」と思われたり、恨まれたりします。

したがって、反撃はやめておいた方が良いのです

相手が悪ければ付きまとわれることも

そして怖いのは、「逆恨み」の可能性もあるということ。

  • 気性が荒い・執念深い性格
  • 「やから」の可能性
  • 精神疾患を抱えている

こういうふうに相手が悪ければ、「反撃」しただけで自分の人生が変わってしまうことだってあります。

一見そう見えなくても、他人であり深い付き合いがない以上「いきなり牙をむく」と思っていた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

反撃したことで成功する可能性があるのも事実

しかし、反撃したり直接言ったことで即解決する可能性があるのも事実です。

KAO
KAO

あくまで可能性の問題ですが。

ですが基本的には、直接手を加えない方が賢い選択になります。


以下のような場合、特に反撃や直接の苦情はやめておいた方がよいでしょう。

  • 自分が女性である
  • 法人契約でお部屋を借りている(仕事に影響する可能性)
  • 反撃したことでややこしくなった場合、闘う自信がない人
スポンサーリンク

【やっぱり気が済まない】どうしても反撃したい場合

「ちょっとくらい揉めてもいいから、分からない程度に反撃して懲らしめたい」

と腹の虫がおさまらない場合、以下の3つの方法を試す、あるいは守ってほしいと思います。

ホワイトノイズマシンで対抗してみる

「ホワイトノイズ」とは?
様々な周波数の雑音を発生させる機械。
主に安眠騒音対策で使用される。

まずは、「しれっと反撃」を試してみませんか?

音楽などで反撃すると悪意があるように思われる可能性が高いので、この「ホワイトノイズ」はいかがでしょう!?

KAO
KAO

「dreameggのホワイトノイズ」であれば、85dBの雑音まで出力可能です。

もし、本人や管理会社から逆に苦情を言われたら、

  • 「お宅がうるさいから使用していた」
  • 「自分の生活を守るために設置した」

と、正当な理由を言えば問題なしです!

音量MAXはなかなかうるさいので、そのうるさい部屋のすぐ手前に置いておけば、仕返しになる可能性があります。

KAO
KAO

*本気で対抗される場合、自己責任でお願いいたします。

相手を観察してからの反撃が鉄則

そして壁ドンなどの反撃をしようとしている場合、できるだけ相手を観察してから実行しましょう。

  • まともに働きに出ている人か
  • 一癖ありそうな人でないか
  • 自分より年齢が年上か年下か など

あまり細かく列記すると偏見になってしまうので、この辺にとどめておきますが…。


とにかく!!!
相手がどのような人なのか、おおかた事前の観察が必要です。


人って、見た目や言動で「自分より強い(かも)」と認識した相手には、あまり逆うことはしません(怖くてできない)。

KAO
KAO

たまに、相手が誰だろうと歯向かう変わった人もいますが…。

表現があまりよろしくないですが、「自分よりも強そうな相手」と判断すれば、反撃はやめておいた方がいいでしょう。

最悪の展開になってもよいなら実行しよう

先ほどの続きになりますが…!


もし反撃してしまい、実際に揉めてしまうようなことがあれば、とても厄介です。

怒りに任せて行動すると、こんなことを見逃してしまいがちです。

  • 以降、その場所に住み続けることに居心地悪く感じる
  • 自分が逆に加害者になる可能性がある
  • 予想以上に相手との関係が悪くなる

たまたま相手が物分かりがいい人であれば、反撃したことで運よく騒音問題は解決する可能性もあります。

しかし、そのような例はあまりないと思っていた方が良いでしょう


壁や天井などをつつくなどの反撃をくらって、気分がいい人なんていません。

よって、反撃したことによる思いがけない災難にも打ち勝てる自信があるのであれば、試してみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

騒音の被害を受けても仕返ししたい気持ちをおさえ、第三者を間にいれた解決がのぞまれます。

でなければ、自分が被害者なのに立場が逆転することだってあるのです

したがって、反撃してしまったことによる代償も頭に入れたうえでの慎重な行動をとりましょう。

タイトルとURLをコピーしました