「木造なのに静か」の意見に惑わされないで!それにはワケがある

アパート騒音

木造アパートの防音性について、詳しく知りたいという方!

この記事を読めば、大方わかります。

よく「木造だけど静かだよ」「そんなにうるさいかな…?」など、実際住んでいてもポジティブな意見の方が案外いらっしゃいます。

しかし!!!

その意見に惑わされて木造の物件に住めば、とんだ失敗をしてしまう可能性があるのです

そこで今回、私が木造アパートに長く住んだ経験より「木造の防音性について意見が分かれる理由」を解説していきます。

スポンサーリンク

「木造なのに静か」は本当なのか?

まず、「木造なのに静かだよ」とおっしゃる方について。

*たまたま周囲の生活音が、自分の耳に届きにくい条件が揃っている可能性があります

今から紹介すること1つでも条件が逆転しているのならば、一転して「木造はうるさい」という認識に変わることでしょう。

スポンサーリンク

単身用アパートは基本静か

”1Kや1LDK”といった単身用の物件では、確かに静かであることが多いです。


理由は、単純です。

  • 単身だとほとんど不在の場合が多い
  • 人数が多いほど、生活音が響くから

たまに単身でも生活音がうるさかったり、人を連れ込んで頻繁に飲み会…ってこともあります。

ですが、頻度が低ければそうトラブルにはなりません。

スポンサーリンク

「木造なのに静か」は運がいいだけの可能性

音が届きにくい間取りである

一番わかりやすい例でいえば、周囲の世帯との隣接数が少ない角部屋であれば、被害を受ける確率が下がります。

しかし角部屋でも一概には言えず、その住人のどういった生活音がうるさいのかにもよります

  • お風呂が夜遅くて物音がうるさい
  • リビングでTV見ながら大声で笑う
  • 寝室で音楽をボリューム大で聴く など

このように多少迷惑な生活音を出していたとしても、間取り的に接していなければほぼ被害は受けないのです

角部屋である
騒音源から距離がある or 接していない

KAO
KAO

このように、間取りの運がいいだけの可能性もあるのです。

ライフスタイルが類似している

そして、案外見逃されやすいライフスタイルの違いについてです。


どの物件でも共通して言えることですが。

早朝や深夜(一般的に寝静まる時間帯)に活動している住人がいれば、それは木造であればかなり周囲に響きます。

夜勤など生活が不規則
・ショートスリーパー
・夜更かしが日常
 など

KAO
KAO

上記のような住人がいると、おそらくうるさいです。

自身がお仕事をしているのあれば1日の1/3は睡眠、さらに1/3は勤務中と仮定すると、家でくつろいでいる時間ってほんのわずかなのです。

そのわずかな在宅の間に隣人が留守だったり、自分と似たライフスタイルだと、それだけ周囲の生活音と接することはほとんどなく、たいして音が気にならないのです。

周辺環境が関係している

そして、もう一つ見逃されやすいこと。

それは、周辺環境によって音の感じ方が変わるということです。

・繁華街付近に存在するアパート
・周辺に主要な道路が通っている
・駅または線路が近くにある など

このような周辺環境であれば、建物内で壁を伝ってやってくる音が、まぎれやすくなるのです

KAO
KAO

逆に閑静な住宅街だと、建物内の生活音がよく響きます。

したがって今住んでいる周辺環境というのも、一つの判断要素になります。

スポンサーリンク

結局は住人の質が一番関係する?

今まで「木造なのに静か」の可能性をいくつかあげました。

…がしかし、一番の要因は結局のところ住人の質といえます。

動作が乱暴ではない

はっきりと申しまして、木造物件は基本的に生活音が丸聞こえのはずなのです

それが「静か」という認識であれば、単に隣人がガサツな人ではないということです。

そもそも木造物件は、以下のような行動が際立って周囲に響きます。

  • 普段の声や笑い声が大きい
  • ドアや窓を思いっきり閉める癖がある
  • かかとでドスドスと歩く
  • せっかちな性格の人の動作 など

そのためこういった住人でない限り、うるさいと言われるまでの生活音は響かないということです。

マナーがなっている

「集合住宅で生活するということ」

これを理解している住人が住んでいれば、それなりに生活音には気をつけるはずです。

よって、最低限のマナーを守って生活できる住人ばかりであれば、その物件自体が静かでトラブルは起きません。


そのため最終的には、

「マナーのある住人が住んでいるかどうか」

ということが、「木造なのに静か」の一番の分かれ道になっているのではないでしょうか…???

ただし!!!うるさい住人でも、単に迷惑をかけていることに気づいていない場合も多々あります。

それを「マナーがなっていない人」と決めつけるのには、見極めが必要です。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?

「木造は静か」というプラスの意見がある理由を簡単にまとめると、

  • 単身用のアパートである
  • 間取り的に自分の耳に響きにくい
  • ライフスタイルが関係する
  • 周辺環境の違い
  • 住人の質が良い

こういった要因が、たまたま重なっているだけでは?

…と個人的には思います。

*基本は「木造アパートは響くもの」という認識でいて下さい。

そして慎重になりたい方は、木造の物件は避ける選択をしてください


入居時はよくても、賃貸であれば住人の入れ替わりはいずれ必ずやってきます。

そのときに”新たな入居者がうるさい”という可能性もあるので、十分注意されて下さい。

タイトルとURLをコピーしました