入れ替わりの多いアパートは慎重になった方がいい?実体験から言えること

体験談

入れ替わりの多いアパート」って、結構あるんですよね!!

部屋が頻繁に空き、やっと入居したと思ったら、再び空室になるという物件が。


建物の、

・外観
・設備
・立地

などが周辺の物件と比べてもいいはずなのに、入れ替わりが多いと、思わぬ落とし穴があるかもしれません。


それは、

・不動産会社が把握してる場合

・そうでない場合

があります。

したがって、できるだけ後悔しないよう、契約時に自分で見極める必要があるのです。


そして今回、私が住んでいたアパートの個々の部屋が入れ替わりが多かったので、実体験を含めながら考えられる理由を紹介していきます。

スポンサーリンク

【マイナス面】入れ替わりの多いアパートで考えられること

非常識な住人が住んでいる

退去する理由が、自身の都合(転職や結婚・出産、マイホーム購入など)でない限り、

近隣住人が原因で退去

これが、一番多いと思います。


自分の努力でどうにでもなることで、普通であればわざわざ大金をかけて簡単に引っ越しはしません。

”自分の努力でどうにでもなること”とは、

  • 思ったより収納が少なかった
  • 部屋の傷や汚れが目立ってきた 

といったことです。

金銭的に余裕があったり住居マニアで、転々と物件を変える人もなかにはいますが、そんな多くはいません。


そして、”立地や周辺の雰囲気”などの環境面は、一度見学に行けばだいたい分かることです。

KAO
KAO

最近では、Webでも詳しく写真や説明を見れます。

・・・となれば、「自分ではどうしようもできないこと(簡単には変えれないこと)」。

つまり、その物件の住人が原因の可能性が高いのです

  • 非常識レベルの騒音を出す
  • 好き勝手に共用部分を利用している
  • その他(駐車、喫煙など)でマナーに欠ける

上記は一例ですが、1人でも迷惑な住人がいれば、住み続けることに不安を感じますよね!

KAO
KAO

賃貸であればいつでも引っ越せるので、なおさらです。

よって、あまりにアパートの入れ替わりが多い場合、こういった「人が原因」と考えられるのです。

周辺の環境や治安が悪い可能性

一度アパートの契約前に見学に行っても、実際住んでみなきゃわからない、周辺の環境治安が原因の場合があります。

  • 近くで強盗や事件などが起きた
  • 周辺の騒音が想像以上にうるさい など

こういう環境の問題は、自分が引っ越さなければ変わりようがありません。

そして住み続ければ不安な毎日を送ることになるため、「退去」という選択を取る人が多くなります。

その他の考えらえる原因

信じない人は信じないかもしれませんが。

「霊的なこと」も含め、”不思議な現象が起きる”などの不安事象が多く、その土地から離れるべく退去する人がいるのも事実です。

私は実際に経験はありませんが、まれにこのような「訳あり物件」が存在します。

スポンサーリンク

【プラス面】入れ替わりが多いのはたまたまである可能性

「入れ替わりが多いアパートの物件」といっても、たまたまな可能性もあるのです。

  1. 築年数が2年経過した頃の時期
  2. 法人契約が多い場合
  3. 公務員が多く住んでいる物件
  4. 周辺に新しい物件が建ち始めた

私が把握する限り、大きく分けてこれらの4つに分けられます。

これから順に、説明していきます。

築年数が2年経過した頃の時期

築年数が浅い物件に限り言えることですが。

ちょうどその物件が建設されて2年が経過した時期であれば、「更新のタイミングで退去する世帯が出てくる」ということです。

賃貸契約において、ほとんどの不動産会社が更新を2年と定め、かつ更新料を設定しているところが多いです。

よって、”更新料を払ってでも住み続けるかどうか…”で、特に大きな理由がなくても他に物件を探す節目になります。

そういった場合、更新をせず新たに住居を探す人が出てくるので、一時的に「アパートの空室が多い時期」ができてしまいます。

法人契約が多い場合

法人契約で入居している部屋数が多いと、自然と「入れ替わりの多い物件」になる可能性が高いです。

私が今まで見てきた中では、

・短くて3か月、長くても2~3年

という、普通では考えられない「極端に短い居住期間」でも、法人契約に限っていえば珍しいことではありません。

公務員が多く住んでいる物件である

物件周辺に、公務員が勤める役所や警察署などが集まっていませんか?

公務員の異動時期
  • 自衛官:4月と8月
  • 警察官:4月と10月
  • 税務署:7月

ほとんどの場合「4月」が多いですが、職種によって異動時期はまちまちです。

したがって、公務員が多く集まる地域に住んでいると、「転勤」が退去理由になることがあります。

その場合、住居を退去せざるを得ないので、空き物件が多くなりがちです。

周辺に新しい物件が建ち始めた

ずっと同じアパートに住んでいると、建物の経年劣化や汚れや傷、古くなる設備などが気になり始めます。

そうやって年数が経っていくと、気づけば近辺に新たな賃貸物件が建設されたり、分譲住宅・マンションができはじめたりします。

そうなると、タイミング次第では新しい家に住み替えようと、今の物件を退去する選択に至ります。

したがって、周辺に住居用の土地が開拓されはじめたら移る人が出てくるので、それも退去が増え始める理由の一つになります。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

「入れ替わりの多いアパート」と聞くと、ついマイナスのイメージを持ってしまいますが、決してそうとは限りません。

どうしても気になるときは、不動産会社が把握している分だけでも、契約前に理由を聞いておくといいかと思います。

ほとんどの場合、「法人契約で」というパターンかと思います。

しかし、そうでないこともあるので、そこは慎重に判断しながら物件の契約に至りましょう!


タイトルとURLをコピーしました