騒音問題で管理会社に何度も苦情を言う際クレーマー扱いされない方法

アパート騒音

再び管理会社に相談したい…
何回も言うのは気が引ける…
クレーマーと思われないかな…

このように、管理会社に何度も相談するのは勇気が出ない…という方。

大丈夫です!

何度も相談=クレーマー
ではありません

あまり苦情に慣れていない方、苦しい思いで何度か伝えている方は、クレーマーって思われないかと不安になりますよね~。

そうなると結局、再度の相談を躊躇してしまったり、遠慮して泣き寝入りした…ってことにもなりかねません。

そこで私自身の経験から「クレーマーと思われない相談の仕方」について、記載していきたいと思います。

スポンサーリンク

騒音で管理会社に何度も苦情を言っていいのか?

はじめに

最初にお伝えしておきますが「管理会社の担当者」によっても、対応や感じ方って違ってきます。

まぁ、当然っちゃ当然ですよね~。担当者だって人間ですから


よって、騒音問題解決の基本重要ポイントは、

管理会社を味方につける

仕事とはいえ苦情の相談を何度かしていくうちに、心の中では自然とどちらかの味方につきたくなるものなのです。

よって担当者をうまく利用して、最終的には味方になってもらえるよう上手に相談する必要があります

KAO
KAO

たかが苦情とはいえ、心理戦でもあります。
頭を使って相談しましょう。

何度も苦情を伝えるのはあり?

「管理会社に何度も苦情を伝えるのはありなのか?」

この答えは決まっています。

り」です。

だって、騒音の被害者ですよ。

状況や騒音の対象にもよりますが、基本的には常識と言える範囲に直るまで言い続けてOKなのです。


ただし、自分が神経質の場合もあります。

それなりの生活音はどこの集合住宅に住んでも、たいてい付きまといます。

よって、冷静に考えて「これはやっぱり非常識でしょ!」と言えるある程度の自信があれば、躊躇なく相談して大丈夫なのです。

スポンサーリンク

管理会社からクレーマー扱いされない方法

感情的にならず落ち着いて話す

これは、騒音苦情相談の基本になります。

騒音の被害に遭い、感情的になってしまう気持ちはとてもわかります。

KAO
KAO

騒音の悩みを聞いてくれる人に思わずあたってしまいがちです。

しかし、感情を抑え冷静に話すと騒音の状況が正しく伝わるし、管理会社からみた第一印象も良くなります

KAO
KAO

管理会社の立場で考えると、怒られながら話されたら気分よくないですよね?

どういう苦情内容なのかを整理し、場合によってはメモにまとめてから落ち着いて相談するようにしましょう。

感情的にならず冷静に話すこと

話の筋を通して話す

話があちこち飛んだり自分の主張を連発するだけでは、残念ながら早くもクレーマーと認識されてしまう可能性があります。

しっかり順序立てて「○○だから困っている○○はさすがに非常識だと思う」など、筋を通して相談するようにしましょう

・常識的な考えや発言を心がる
強調したい主張は特に注意を払う

自分の落ち度や努力も伝える

警察沙汰レベルの騒音(深夜に毎日のように大騒ぎ、音楽をガンガン流す など)でしたら自分に落ち度はないので、管理会社に自信持って相談しましょう。

しかしそうでない場合は、自分が現在している努力を伝えると◎です


ここで努力の「例」をあげてみます。

  • 耳栓して気にならない努力をした
  • うるさい時は極力外出している
  • 音楽を聞いて気を紛らわしている

などなど。

(ムカついても)相手ばかり責めず、自分の落ち度や努力を伝えてみると、管理会社からの印象も変わってきます。

管理会社は、”必ずしも被害者がまともな人とは限らない”と考えています

そのため、苦情を言ってくる私たちの判断も同時に慎重に行っているのです

*たとえ迷惑な騒音主でも、管理会社からしたら同じお客さまだから。

したがって”クレーマー”ではなく、本当に騒音に悩んでいる人と思われることが大切なのです。

スポンサーリンク

相手(騒音主)の立場も考えた発言もする

騒音の度合いにもよりますが、例えば騒音の原因が子供の場合、

・子供が出す音なので、ある程度は仕方ないのは理解している
・こんなに響くなんて、気づいていないだけだと思いますが

など、相手の立場も考えた言葉を一言でも加えると、

  • 常識はありそうな人だ
  • 本当に騒音で困っているのか…
  • それだけうるさいのか…

のように、プラスの方に認識されます。

自分の生活音も多少は迷惑かけていることは承知です

という言葉でもいいですね!

「自分勝手ではない人だ」と思われることでしょう。

全面的に被害者だという気持ちを少し抑え、相手への思いやりも出しつつ、上手く相談すると効果的です

何度も相談するのはOK!ただし頻繁はNG

「改善が見られない or さらに悪化した」のであれば、管理会社に何回でも相談していいと思います

ただし、興奮した言い方だったりあまりに頻繁過ぎると、単なるクレーマーと認識されてしまいます。

難しいところではありますが、我慢するところは我慢しましょう。

適度に間隔をあけて相談し「これだけ我慢したけど、やはり限界です」と、落ち着いた口調で伝えましょう。

*ちなみに私は上階の子供の騒音で、短くて「2週間に1度」、長くて「1か月半に1度」管理会社に10回以上相談しています。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

自分が被害者のはずなのに、逆にクレーマーと思われたら元も子もありません

管理会社に何度も相談する際は、今回の対応方法を思い出してもらえれば、大きな失敗をすることはないかと思います。

管理会社は、トラブルを起こすような人には極力住んで欲しくないはず。だって、よけいな仕事が増えてしまいますからね。

それに、そういった厄介な人はまた新たな住人と問題を起こす可能性もあるからです。

自分はマナーを守って過ごせます!」というのをアピールし、クレーマーと思われない言動を心がけましょう!

タイトルとURLをコピーしました