騒音問題で管理会社に何度も苦情を言う際クレーマー扱いされない方法

アパート騒音
  • 再び管理会社に相談したい…
  • 何回も言うのは気が引ける…
  • クレーマーと思われないかな…

騒音問題で、

「管理会社に何度も相談はちょっと…。」

という人!!!


大丈夫です。

何度も相談=クレーマー
ではありません。

  • 他の場面でもクレームをあまり言わない
  • 心苦しい思いで何度も伝えている

という場合は、管理会社からクレーマーと思われないか不安になりますよね~。


そうなると結局、再度の相談を躊躇し、

「遠慮して泣き寝入りした…。」

ということにもなりかねません。


そこで、私自身の経験から、

クレーマーと思われない相談の仕方

について、記載していきたいと思います。

スポンサーリンク

騒音で管理会社に何度も苦情を言っていいのか?

はじめに:管理会社を味方につける

最初にお伝えしておきますが。

「管理会社の担当者」によっても、対応や捉え方にバラツキがあります。

まぁ、当然っちゃ当然ですよね~。


担当者だって人間ですから!


よって、騒音問題解決のための重要ポイントは、

管理会社を味方につける

に限ります。


仕事とはいえ、苦情の相談を何度かしているうちに、心の中ではどちらかにつきたくなるものです。

KAO
KAO

アンフェアではありますが、これが現実です。

だって、実際に騒音の現場を見ているわけではないので、苦情内容が正当なのか、管理会社には判断できません。

よって、担当者をうまく利用することで、最終的には味方になってもらう気分で、言葉巧みに相談する必要があります

KAO
KAO

単なる苦情とはいえ、心理戦でもあります。
頭を使って相談しましょう。

何度も苦情を伝えるのはあり?

「管理会社に、何度も苦情を伝えるのはありなのか?」

この答えはもちろん、「あり」です。


だって、騒音の被害者ですから!!!

状況にもよりますが、常識の範囲内であれば、騒音が改善するまで苦情を言い続けてOKなのです


ただ、自分が音に対して神経質な場合もあります。

多少の生活音は、どこの集合住宅に住んでも同じです。


したがって冷静に考えたときに、

この騒音は、非常識でしょ!

と言えるほどであれば、躊躇なく何度でも相談して大丈夫なのです。

スポンサーリンク

管理会社からクレーマー扱いされない方法

感情的にならず落ち着いて話す

これは、騒音苦情相談の基本になります。

騒音の被害に遭い、つい感情的になってしまう人がほとんどかと思います。

KAO
KAO

騒音の内容を聞いてくれる人がいると、その人に怒りをぶつけてしまいがちです。

しかし、感情を抑え、冷静に話すと騒音の状況が正しく伝わるうえ、管理会社からの印象も良くなります

KAO
KAO

管理会社の立場で考えると、怒られながら話されたら気分はよくないはずです。

どういう苦情内容なのかを整理し、場合によってはメモにまとめてから、落ち着いて相談するようにしましょう。

感情的にならず冷静に話すこと

スポンサーリンク

話の筋を通して話す

よくありがちなことで、

  • 話の内容があちこち飛ぶ
  • 自分の主張を連発するだけ

といった状況では、残念ながら早い段階で、”クレーマー”と認識されてしまう可能性があります。


しっかり順序立てて、筋を通して相談する必要があります

・常識的な考えや発言を心がる
強調したい主張は特に注意を払う

自分が行っている努力も伝える

たとえば、警察沙汰レベルの騒音でしたら自分に落ち度はないので、管理会社に自信持って相談しましょう。

しかし、そこまではないけれど、それなりの騒音だと判断した場合。

自分が現在行っている、騒音対策の努力を伝えると良いのです


ここで、その”努力”の例をあげます。

  • 耳栓して気にならない努力をした
  • うるさい時は極力外出している
  • 音楽を聞いて気を紛らわしている

などなど。

可能であれば相手ばかり責めず、自分の落ち度や努力等を伝えてみると、管理会社からの印象も大きく変わってきます。


管理会社は、必ずしも被害者の意見が正当だとは捉えていません

そのため、苦情側の意見の信ぴょう性を、慎重に判断しているのです

KAO
KAO

なんか面接みたい~。

*たとえ迷惑な騒音主でも、管理会社からしたら同等に扱うべき”お客さま”です。

したがって、”クレーマー”ではなく、”単に騒音に悩んでいる人”と思われることが大切なのです。

スポンサーリンク

相手の立場も考えた発言もする

騒音の度合いにもよりますが…。

相手の立場を考えた発言も、結構有効です。


例えば、騒音の原因が子供の場合、

  • 子供が出す音なので、ある程度は仕方がないのは理解している
  • 相手は、こんなにも響いているだなんて思ってもないだけだと思いますが…

など、ちょっとした言葉を加えるだけで、

  • 常識はありそうな人だ
  • 本当に騒音で困っているのか…
  • それだけうるさいのか…

といったように、プラスに認識されます。

他にも、

自分の生活音も、多少迷惑をかけていることは承知です

という、どのパターンの騒音でも使えそうな言葉でもいいですね!


そうすると、「自分勝手な人ではない」と思われ、こちらの発言や意見に信頼をよせてくれます。

全面的に被害者だという気持ちを抑え、相手のフォローもしつつ、うまく相談すると効果的です

何度も相談するのはOK!ただし頻繁はNG

「改善が見られない or 逆に悪化した」

という場合あれば、管理会社に何度も相談していいと思います。


ただし、興奮した言い方やあまりに頻繁すぎますと、クレーマーと認識されてしまいます。


難しいところではありますが…。

我慢するところは我慢しましょう。


適度に間隔をあけて相談し、

これだけ我慢したけど、やはり限界です

と、落ち着いた口調で伝えましょう。

*ちなみに、私は上階の子供の騒音で、短くて「2週間に1度」、長くて「1か月に1度」管理会社にトータル10回以上相談しています。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

自分が本来被害者のはずなのに、発言を間違ったがゆえにクレーマーと思われ、適当な対応をとられたら元も子もありません。

管理会社に何度も相談する際は、今回の対応方法を思い出してもらえたら、うまくいく可能性が高くなるのではないかと思います。

管理会社からしたら、トラブルを起こすような人には極力住んでほしくないはずです。

KAO
KAO

よけいな仕事が増えてしまいますからね。

それに、そういった厄介な人は、また別の住人と問題を起こす可能性もあるからです。


自分はマナーを守って住めますよ!

というのをアピールし、できる限りクレーマーと思われない言動を心がけましょう!

タイトルとURLをコピーしました