マンションとアパートどっちがいいの?実際に住んでみて言えること

体験談

マンション
VS
アパート

どちらも良し悪しがあります。


私は、どっちも住んだ経験があります。

そして総合的な快適度を考えたときに、自分はマンションの方が向いているかもと感じます。


では、その違いと、実際に住んだからこそ言えるマンションとアパートの特徴について、細かいことまで語っていきます。

スポンサーリンク

マンションとアパートどっちがいいの?

個人的にどちらも住んで思うのは、”マンションの方がおすすめ”ということです。

しかし自身の、「これだけは譲れない」という条件をアパートの方がより満たしているのならば、アパートを選択した方が良いでしょう。

  • 家賃の違い
  • 世帯数(戸数)
  • 防音性の違い

に関しては、マンションとアパートとでは大きく違ってきます。

そして実際にどちらも住まないと、細かい違いって気づきにくいのです。

そのあたりを、詳しく語っていきます。

スポンサーリンク

マンションとアパートの違いについて

家賃が大きく異なる

マンションとアパートとでは、家賃が違ってきます。

一般的には、アパートの方が安いです

極端な例をあげると、築年数が30年近いマンションと新築のアパートを比べたら、アパートの方が家賃が高いこともあります。

しかし、ほぼ同じ条件で比較するとしたら、「アパートの方が安い」というのが一般的です。

世帯数(戸数)について

世帯数でも大きな違いがあります。

  • アパート:2~3階建てまで
  • マンション:10階以上ある物件も

このように、「アパートは低い建物、マンションは高い」というイメージそのものです。

そうなれば、マンションの方が戸数が多くなるのが普通です。

したがってその分、住人の数も多くなります。

住人の年齢層について

マンションの方が、年齢層世帯構成に大きな幅があるように思えます。

KAO
KAO

戸数が多いので、その分いろんな人が住んでいるのは想像できるかと思います。


アパートだと、3LDKなどの広いお部屋の物件はほとんど存在しません。

そのせいか、おのずと年齢層にバラツキが出ているようです。

防音性が大きく違う

次に、「防音性」について。

アパートに比べてマンションの方が、防音性が高めなのは間違いありません

  • 周囲の生活音を極力気にしたくない
  • 元々音に敏感である
  • 子持ちの家庭である

このような方は、アパートは向いていないと言えます。

車の出庫のしやすさ

アパートだと、エレベーターはついていない物件が一般的です。

その代わり、玄関から駐車場までの距離が近いことが多く、出入りがスムーズでらくちんです。

KAO
KAO

マンションでは、エレベーターや階段の移動でも数分時間を取られます。

仕事などで一日の出入りが多かったり、頻繁に外出される方にはマンションは少し億劫に感じます。

セキュリティについて

セキュリティに関してはご想像の通り、マンションの方が安心かなぁ~と思います。

もちろんその地域の治安だったり、周辺環境にもよりますので一概には言えませんが。

最近のマンションですとエントランスのオートロックが当たり前になっているので、ある程度出入りがしやすいアパートよりは安心してよさそうです。

スポンサーリンク

それぞれの短所について

私が実際に住んで思った、マンションとアパートの違いを述べてみましたがっ!

KAO
KAO

やはり…最終的には好みですよね?

私は長年賃貸住まいでして、「防音性」の面で絶対に譲れなかったので、今は圧倒的にマンション派です。

しかし、その他の面で「アパートの方がよかったなぁ~」と思うことは多々あります。


マンションとアパートどちらも住んで思ったこと…。
マンション基準で言えば、

  • 住人に合う頻度が増える
  • 玄関出て車の出庫まで時間を要する

現在マンションに住んでいて、上記2点に関してはアパートよりもややストレスを感じるところです。

しかし自分の中で、

防音性がある程度クリアするのであれば、あとは我慢せねば…

とは思っているので、他のちょっとした短所は妥協するようにしています。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

今回私が紹介した”マンションとアパートの違い”について、

絶対クリアしておきたい
条件

というものを2~3つピックアップし、当てはまるのが多い方を選択すれば、大きな失敗はないのかなぁ~と思います。


人によって価値観が違うと思うので、自分としっかり話し合い、マンションかアパートを選択されて下さい!

タイトルとURLをコピーしました